タクログ

シンプル都心ライフ

シンプルライフに憧れるけれど、都心の生活も満喫したい。そんな欲張りな20代男のシンプル都心ライフ中心のブログです。

シンプルライフ、ミニマリスト、断捨離

ライフスタイルに関する記事です

シンプルライフは「持ち家」と「賃貸」どっち?100%賃貸派な理由

タクミです 都心でコンパクトなマンション暮らしを推奨しています ※実際には、ちょっと広めのマンションもいいけど、金銭的に難しい笑 さて、シンプルライフに必要なのは、もちろん住むための家です 持ち家派と賃貸派に分かれていて、いつもどちらが良いかと…

ハイテクな家電も素晴らしいけど、普通の機能の家電で十分という話

電化製品をながめるのが好きなタクミです 電化製品、とくに日本製のものはハイテクでカッコいいですよね たとえば炊飯器ひとつとっても5000円くらいで買えるものから「おどり炊き」やら「本炭釜」など、本物志向のコメを炊ける5万円以上のものもあります 昔…

一人暮らしをするなら「マイナー」な最寄り駅にすむべき3つの理由

タクミです。 さいきん、仕事が楽しいなあと思うことが多く、本当にめぐまれてるなあと感じます。 その理由をかんがえてみると、職場の人間関係がうまくいってるのが大きいです。 ただ、職場の上司や後輩は選べないので、なかなか運要素が強いです。 そこで…

月の手取り100万円になったら、どんな生活がしたいか想像すると本当に望んでいるライフスタイルが見えてくる

月の手取りが100万円になったら、どんなに優雅な生活ができるんだろう。 思考は現実化するといいますので、将来望んでいる生活をイメージすることは大切です。 そこで月の手取りが100万円になったら、どんな生活ができるのか想像してみました。 すると…

20代で都心で一人暮らしなら「新宿区」が間違いなくオススメな5つの理由

都心で一人暮らし。せっかくなら好きな場所を探すのもいいですが、壁にぶちあたるのが家賃の問題。 都心の家賃は、本当に日本一高いです。 今年は、東京でもトップ5には入る物価の高い「港区 赤坂」の内見に行きました。一番安くて狭い物件が13万円でした…

ビジネスバッグはリュックでいいの?便利すぎるビジネスリュックの購買意欲が高くなった話!

ビジネスバッグといえば、本革で光沢のある本物のバッグこそカッコいい。 社会人なりたての頃は、ビジネスバッグはいいものを買って長く使いたいと思ってました。 しかし社会人になると、ほとんど客先に行くことがありません。 そして、通勤電車の中でも「ビ…

一人暮らしで3年以上続けて効果のあった、簡単にできるオススメ「朝」の習慣5つをご紹介!

朝の時間は優雅に過ごしたいですよね。 平日は会社に行かないと、と思うとテンションが下がります。しかし朝の時間を優雅に使えば、会社に行くやる気もでてきます。 今回は時間のない「朝」でもできる、筆者が一人暮らししてから3年間ずっと継続している朝…

月収に対する家賃の目安を知るためには、2年分の合計金額を計算をしてから24ヶ月分で割る!本当の家賃をしっかり計算するのがオススメ

家賃は月収の3分の1まで。 物件を借りるときに、こちらの目安を参考にされている人も多いと思います。 インターネットで検索すると、月収が「税引き前の金額」なのか「税引き後の手取り」なのかすら、あいまいだったりします。 また、別のサイトには、月収…

都心のコンパクトな家にありがちな「コンパクト風呂問題」を解決する方法を3つ考えてみた

シンプル都心ライフの真骨頂は、コンパクトな物件でも生活を楽しむこと。 都心の物件は、最低限の最新設備が充実しており、モノが少なければ収納も問題ありません。 しかし、弱点は風呂がちいさいこと。 筆者タクミはどんなに風呂がちいさくても、ほぼ毎日湯…

都心近郊の広い家より、家賃10万でコンパクトな部屋で都心に住むほうが合理的な5つの理由

都心の家賃10万円のコンパクトなマンション(20〜25平米)に住んで3年経ちました。 一人暮らしを始めるときに、「10万も出すならもっと都心近郊の広いマンションにしたほうがいい」と言われてはや3年。 いまだに広いマンションにした方がいいと言われる…

ファッションミニマリストを目指したら、ほぼ3年間同じ格好!服が少ないことのメリットをご紹介!

年がら年中こんな格好してます。タクミです。 スポーツジムに行ってるといいながら、ひょろひょろですみません笑 ファッションミニマリストというのは、筆者の意味では、ファッション(服、靴)を最小限にするライフスタイルです。 ※別の意味もあるようです…

都心でのコンパクトライフの本がなぜ人気になるのか?書店で小さな家に住む暮らしのメリットを学んでみた

コンパクトライフが2015年くらいからメジャーになってきました。ようは広い郊外の家ではなく、都心のコンパクトな家に住むライフスタイルのことです。 ただ単に平米が小さい築年数の古い家に住むわけではなく、できるだけ都心部のオフィス外や商業施設の…

【実践編】シンプルライフのために考える、必要なモノと不要なモノ【後編】

シンプルライフのためには必要なモノと不要なモノを分ける必要があります。 前回は文房具、衣類を中心に、必要なもの、不要なものを書き出してみました。 www.takumoney.com さて、今回は後編です!

【実践編】シンプルライフのために考える、必要なモノと不要なモノ【前編】

シンプルライフができるようになったのは、技術革新の効果が大きいですよね。特にスマホがほとんど、すべての機能の代用になっています。 電卓、定規、地図、お金、カメラ、ウォークマン、歩数計... これらのものはすべてスマホ一つに濃縮されています。だか…

2018年に買いたいものを書きだそうとしたら、シンプルライフで何もかけなかった件

買いたいもの、やりたいことは紙でもなんでも書きだしてアウトプットすると、いつか手にはいる。そんな軽いきもちで2018年にほしいものを書きだそうと思いました。 しかし、欲しいものを書きだそうとしたのですが、欲しいものがほとんどないことに気づきまし…

シンプルライフは節約になる?生活の満足度を高めるのがシンプルライフ!

シンプルライフは、ムダなものをもたずに数少ないお気に入りのものに囲まれる生活のことです。 お気に入りの部屋。ベッド。机。人によってはテレビは必要なかったり、本棚はいらなかったり、ソファではなく床にカーペットを履いて生活したり。 ものは少ない…

【ライフスタイル】都心で一人暮らしのシンプルライフ。理想的な生活を送るためにお金や時間はどのくらい必要?

今回はライフスタイルの記事。この記事をアクセスしてくださったみなさまはどのようなライフスタイルが理想的と考えますか? 自分の望んでいるライフスタイルを送れることは大切です。今回は、理想的なライフスタイルを送るためには、どんなライフスタイルを…

ミニマリストもどきブログ。男の一人暮らしで服や持ち物は?

ミニマリストだと思いつつ、そこそこものがおおいタクミです。 こちらの記事で、家のもちものを書きだしたところ、77個のものがあることがわかりました。 一人暮らしはシンプルに!断捨離好きな20代筆者の家のもの77商品の価格と満足度を解析してみた【ま…

一人暮らしでズボラな人は掃除がめんどう。ズボラな筆者が考えるちょっとした掃除のコツをご紹介

最近、部屋がきれいな事はとても重要だと思うようになりました 筆者は2年間、神楽坂の1Kの部屋に住んでいますが、狭いなりにメリットがたくさんあり、その1つが掃除が簡単ということです 一人暮らしで、1LDK等の広い家に住む事は、はじめは憧れもありました…

【断捨離日記】2年目のカクテルシェイカー、6年目のジューサー、ありがとう

今回は断捨離日記。不要なものを捨てながら振り返ってみます。

一人暮らしはシンプルに!断捨離好きな20代筆者の家のもの77商品の価格と満足度を解析してみた【まとめ】

断捨離(だんしゃり)。18歳のころからインターネットで流行りだして、いままでずっと続けてます。不要なものは徹底して捨てて、本当に好きなものに囲まれて暮らす生き方は、筆者はとても好きです もともとは実家だったので、卒業アルバムやら、旅行先からもっ…

2018年引っ越しシーズン到来!20代が港区赤坂で物件の内見をして気がついた5つのこと

住む場所は重要です、とこちらのブログではいつも書いている筆者タクです。昨日は新たな賃貸物件を探そうと、港区の赤坂にいってきました。 港区赤坂というのは、都心の一等地で、赤坂サカスやTBS、日枝神社が有名です。住宅街ではなく、オフィス街なのです…

都心で一人暮らしの家電や家具は?実際に購入した筆者がオススメの商品をご紹介

一人暮らしははじめは色々とお金がかかります。とくにベッドや布団、テレビなどの家具や、洗濯機、冷蔵庫などの大型家電は値段帯も幅広いですよね。 家賃も食費も光熱費も自分一人で払わないといけない一人暮らしでは、いかに値段帯をおさえておしゃれな家具…

都心の積雪でも安心!職住近接にはコンパクトで利便性の高い家賃抑えめの部屋を探すべし!

東京は雪が降っていますね!滅多に雪の降らない都心部では、雪がふるだけで交通機関が簡単にマヒします。 すると会社に遅刻したり「年休とろっかなあ」なんて甘いことを考えたりしますよね。筆者はそうです笑 しかし家が職場に近い職住近接であれば、たとえ…

都心に住むなら家賃が心配。家賃10万円の部屋にすむには年収いくら必要?

一人暮らしの方であれば就職で上京する人も多いですよね。都心ライフに憧れている方も多いと思いますが、実際には家賃が高くてあきらめてしまう方も多いですよね。 もちろん住みたい場所として有名な都心であっても、家賃が5万円くらいのリーズナブルな物件…

20代が都心に住むならオススメな場所とは?日本の中心新宿区編

20代という人生で一番活力がある年齢。まだまだ年収も高くないけど、刺激のある都心で過ごすにはどこに住むのがオススメでしょうか。 今回は日本の中心地新宿区で、20代が1人暮らしをするならオススメの場所をご紹介します。 なお、筆者は新宿区に2年間在住…

20代が都心に住むならオススメな場所とは?華の港区ブランド編

都心ライフを満喫するには、当然ですが都心に一人暮らしをしないといけません。20代で給与も低いサラリーマンやOLの方は、東京都心の家賃の高さに驚かれると思います。 なお都心とは山手線の内側と定義します。23区で言うと港区、渋谷区、新宿区、文京区など…

【家賃補助】新宿区は「一人暮らし」と「家族」に家賃補助あり!補助をもらう方法をご紹介

タクです。(立花 拓巳 (@steveperry1373) | Twitter) 最近、かなり嬉しいことがありました それは私の住む新宿区が実施している家賃補助の抽選に選ばれたことです 新宿区に一人暮らしする人は、以下の条件に当てはまると家賃補助申請ができます。 ①18歳〜2…

【一人暮らし】一人暮らしを始めて1年半!築年数、駅徒歩、家賃、南向きなど一人暮らしで最も重要な項目は?

タクです。(立花 拓巳 (@steveperry1373) | Twitter) 突然ですが筆者の趣味は「物件探し」です笑 暇な時に大手物件紹介サイトをのぞいては「ここってこんな家賃高いんだ!」とか「うわあ港区に住みて〜」と一人で興奮しています笑 そんな筆者は一人暮らし…

【激務な方必見!】残業、終電でも大丈夫!職住近接の効果が半端ない件。

タクです。(立花 拓巳 (@steveperry1373) | Twitter) 職住近接(しょくじゅうきんせつ)という言葉はご存知でしょうか。 簡単に言いますと、家と職場までの通勤時間が短いことをさします。最近のトレンドらしく、郊外の広い家に住む、よりも部屋は狭いけれ…