Curism〜キュリズム〜好奇心のまま生きる男のブログ

好奇心旺盛な筆者が、日々疑問に思ったことをやってみるブログ。お金/健康/IT/英語/東大/心理学

本多静六の勤勉な投資生活

みなさんこんばんは!

 

今日は仕事を10時過ぎに出社して19:30には退社したタクです( ´∀`)

 

普段は9:30〜21時くらいが平均的なので

今日は割と早めの退社となりました。

 

時間ができたので、職場近くにあるらー○ぽー○の餃子店でご飯を食べて

定期契約しているスポーツジムで汗を流す予定でしたが..

 

 

休館日かよ!

 

 

まさかの月一の休館日で渋々家に帰っております涙。

 

最近、タクはサウナ中毒なので汗を身体中からかかないと

なんだか物足りなく感じてしまいます。

 

なので今日は家の近くにあるサウナ付き銭湯にいってきます!(1000円もしますが..笑)

 

さてさてそんな無駄話はおいておいて今日も株いってみましょう!

 

目次

 

株の結果報告

 

--------------------

3/6 MON

日経平均19409→19340

 

5703 日軽金 276→274(-2)

平均取得角株価286

 

--------------------

 

なんだよなんだよ〜

 

しょっぱい下げが続いてる。

 

明日には損切りラインに到達しそう...

 

まあポジティブに切り替えます。゚(゚´Д`゚)゚。

 

 

【コラム:本多静六の1/4貯金】

 

本多静六とは誰か

 

本多静六さんはご存知でしょうか。

 

このように貯蓄、資産運用に関する著書のあるかたです。 

 

 

何冊か本をだされていて、既に他界しておりますが

 

とりわけ節約節制と勤勉さで巨万の富を築いた方です。

 

職業が当時の東京大学の教授ですから

圧倒的に凡人とはかけ離れた知能を持っている人ですが

 

本を読めばそんな知恵よりも、決めたことを地道にやり遂げる芯の強さが富を作ったことがわかります。

 

著書に何が書かれているか

 

投資のテクニックが書いてあるわけではありません。

 

どちらかというと、貯金や投資をする場合の思考や思想を学べる本です。

 

僕はこの本の中で、1/4貯金に目を惹かれました。

 

「毎月、与えられる給与から生活費を出し、残りを貯金する。

 

そんな考えだからいつまでたっても貯金ができない。

 

給与が入ったら先に1/4は貯金して、残りの3/4で慎ましく生活すべきだ。」

 

タクはこの言葉が非常に印象に残っています。

 

当たり前のことのようで実践するのは難しい。

 

 

学生時代と社会人でのお金の捉えかたは違う

 

 

タクは昨年、学生から社会人になりました。

 

大学院時代はそれはそれは貧乏でして

 

元々カノに奨学金で得たお金を使ってプレゼントを買ったり

 

大学の側に住んでいた元カノの家にかくまってもらい、ご飯食べさせてもらったりと

 

それはそれは貧乏でした。

 

卒業旅行も安いとの理由で台湾でした。

(そこそこ楽しかったですが)

 

 

なので社会人になってから、ドンっと入ったまとまったお金が入った時は「いかに贅沢するか」と考えたものです。

 

そんな時に本多静六の言葉がよぎりました。

 

しかしタクは悩みました。

 

「人生の1番楽しい時期は20代の独身時代ではないか。その時代に貯金なんかしていいのか。」

 

結局、2016年の4月に入社してから、毎月毎月試行錯誤して、お金の使い方を考えました。

 

そして今の所、落ち着いた結論が

 

 

貯金も遊びもしちゃえばいいじゃん

 

 

という楽観的なものです。

 

そもそもタクは何にお金を使うのか、よくよく考えてみました。

 

すると、少しだけタクのお金の使い道が見えてきました。

 

・家賃(山手線内かつ治安、アクセス抜群の場所)

・健康食品やスポーツジム、銭湯代

・投資や経済に関する本代

・食べ歩きの為のランチ、ディナー代

・お洒落な家具などインテリア代

 

逆に全く使わないものとして

 

・私服代(既にいいものが少数だが揃ってる)

・他人へのプレゼント(性格悪)

・仕事用のもの(ビジネスバッグは就活中のもの5000円、革靴はアウトレットのリーガル1足のみ、靴下は7割は穴が空いている。ワイシャツは黄ばみが多少あり。←少しは買えよ)

 

こんな感じで、絶対に使うべきものと、全く興味のないものに分けることができました。

 

なのでタクはお金をつかう5つの項目に対して、収入の75%(収入の3/4)で収まるように考え

 

毎月の家計簿をつけるようにしました。

 

 

だいたい月の手取りが約25万なので

 

18万〜20万の間で生活費を捻出し

 

残りの5〜7万は貯金に回そうと考えていました。

 

 

その結果、2017/3月現在、財形を合わせると

 

80万円ほどの貯金があります。

 

1年間で100万は貯めたかったのですが、なかなか難しかったです。

 

しかしながら、1/4貯金のおかげで資産が少しづつ膨らんできました。

 

 

今後も1/4貯金を続けていきたく思います。

 

 

みなさんも本多静六のように

 

お金に対して真摯に向き合い

 

少しづつでも貯金を投資を始めませんか。

 

 

貯金は間違いなく自分の自信に繋がります。

 

多くの誘惑にめげずに、収入の一部を積み立てることができた。

 

これは強い志がなければできないことです。

 

 

ちなみに僕個人としては1/4貯金を1年目から、しかも一人暮らしで始めるのは結構しんどいんじゃないかと思ってます。

 

なので1/4にとくにこだわらず、1/5でも1/10でも、月2万とかでも

 

少しづつ少しづつ、マイペースに貯金していけば良いと思います。

 

 

そして同じように貯金の中から少しづつ

 

投資資金を投入するのが良いです。

 

 

負けても損しても、少額のうちはさして大きなトラブルにはなりません、

 

 

貯金だけでは限度があります。

少しづつ株など、金融商品に投資を始めてみましょう。

 

以上、タクでした(*´-`)〜