Curism〜キュリズム〜好奇心のまま生きる男のブログ

好奇心旺盛な筆者が、日々疑問に思ったことをやってみるブログ。お金/健康/IT/英語/東大/心理学

物を買う時は本気で悩んでから

みなさんこんばんは。

 

3連休の1日目は彼女と軽井沢に遊びに来ています。

今は彼女が寝ているので、久々にブログを更新したいと思います。

 

目次

 

【物を購入するときは、慎重に考えるべし】

 

軽井沢1日目は、アウトレットに行きました。

ちなみに昨年社会人になってから、自腹で一度も私服を買っていないタクは

彼女の付き添いでアウトレットに行って来ました。

 

とはいえお金にうるさいタクにとってアウトレットは売れ残りの溜まり場と思っています。

 

なので今回の目標は70%~90%の売れ残りorアウトレット専用商品には目もくれず

残り10%~30%の、人気だが生産量過多で割引している商品を買うことを目標にしていました。

 

その結果、購入した商品は以下

New Yorker ビジネスバッグ 20540円

 

 

この商品の購入を即決したのは、実はこの商品とは2回目の出会いだからです。

 

実は昨年のクリスマス、彼女からタクへのクリスマスプレゼントはビジネスバッグにしよう、と言われ

新宿伊勢丹やタカシマヤなどのビジネスバッグを探し回ってたんですね。

 

その時、ふいに入ったNew Yorkerのお店にあったネイビーのビジネスバッグに惹かれました。

 

しかし見た目が商社マンや会社系企業の社員が使っているようなデザインだったので

The、日系企業に勤めているタクには購入を躊躇する充分な理由があって買わなかったんですね。

 

また定価が30000円+税な事で、20000円という彼女の予算をオーバーしていたのも問題でした。

 

その商品がたまたま軽井沢アウトレットのNew Yorkerに10000円引き(33%割引)で売っていたんですね。

 

また、最近は会社でも出勤時間を好きな時間にズラしたり

 

当日に年休をとっちゃうように

 

好き勝手に生きる事に決めたので

 

ファッションに関しても無駄な制約をつけるのを辞めようと思い、こちらのバッグを即決した次第です。

 

結果的に当初の予定通り、良いものを購入できたので大満足です。

 

ちなみにタクは巷で流行っているミニマリストではないですが

 

昨年から一人暮らしを始めて、所有物を徹底して絞って来ました。

 

その結果、タクは軽井沢に旅行中の今でも

今現在、何を所有しているのか、またその物を購入するのにどの程度のコストがかかり、そのリターンが充分にあったのか全て把握しています。

 

 

例えば以下はタクの所有物の一部です。

 

【タクの所有物】

ビジネス関係

 

スーツ3着→オーダーメイド品(各40000円)。

2016/4~

3年はもつと考えているので1年で13000円程度の出費。ジャストサイズで仕事のモチベーションが上がるので、リターン充分。

 

ワイシャツ5着(2500円程度)

2016/4~

黄ばんで来たので購入を検討。消耗品なので1年間でのサイクルを考えると12500円のコスト。形状記憶により、1年も持ったのでリターン充分。

 

革靴(LEGAL)18000円。

2015/2~

就活中の2015/2月に購入して現在2年がたった。歩きやすくかっこいいが手入れをしていないので最近汚れてきた。

毎日この一足をルーティンして履いているが、夏場以外は特に問題ない為、一年を通して履きつぶしている。

手入れをすればまだまだ履けるので、コスパは最高。(その為アウトレットでも新規で革靴は買わなかった。)

 

チェスターコート20000円

2015/12~

大学院中に付き合っていた元彼女との最後のデートで購入してもらった一品。

グレーのチェスターは形が良く、どこに出かけても「お洒落になった」と言われるようになった。

この1着のお陰でファッションへの興味がなくなり、スティーブ・ジョブスばりに仕事でもプライベートでもこのコートを利用している。

コスパでいえばタク歴史上最高のコスパ。

 

ネクタイ(アルマーニコレッツォーニ)12000円

2015/11~

こちらも前述の元彼女に誕生日プレゼントとして購入してもらったもの。

ネクタイは他にもスーツカンパニーで購入したものを2つ持っているが圧倒的に質が良い。

会社の先輩が重要な社内表彰があるときにネクタイを忘れたので貸し出した。

そして

「このネクタイ!俺のより良かったわ」

と言ってもらえたのは心地よかった。

コスパ最高。というかアルマーニは好きなブランドなので、身につけるだけでテンション上がるのが良い。

 

マフラー(エンポリオアルマーニ)12000円

こちらは現在の彼女に誕生日プレゼントとして貰ったもの。

前述の通り、アルマーニは質が良く、シックでお洒落なので大変気に入っている。

今回の冬は、仕事もプライベートも前述のグレーチェスターコートにこのマフラーが定番だった。

大変気に入っており、評価も上々。コスパ最高。

 

...

 

と、少し変わってると思われると思いますが

タクはプレゼントだろうが自分で買ったものだろうが

 

買った時、貰った時の値段、時期をバッチリ記憶しています。

 

それは何故かといえば

 

「無駄遣いしなければ、生活で苦労することはない。」

 

という信念があるからです。

 

(半分くらいはプレゼントですが笑)

 

なのでタクは仮に100円ショップの物でも

価値があると思わなければ絶対に購入しません。

 

逆に10000円、20000円を超える物でも

価値がある、経験を積んで人生の肥やしになる

と思ったものには惜しみなく使います。

 

そして、家計簿を毎月つけており

収入よりも支出が上回らない、かつ毎月最低3~5万は貯蓄して運用する、ということを心がけています。

 

ちなみに今年の最高額は、会社の部長にオススメされて行ってみた

 

表参道の「うかい亭」ディナー35000円です。

 

ただ食べログなどで評価が星4つを超えているから行きたい、と行ったのでは

 

これは「浪費」になります。

 

しかしこのうかい亭に、新卒一年目から身銭を切って行ったことで

 

「年収2000万円の部長がいく店に、新卒から行った行動力ある男と部長に見られた」

 

「35000円も使った事で入社同期から興味を持ってもらえた」

 

「コースの途中でサーブされたお水が1300円した。某Kシェフもビックリ。という笑い話を家族や仕事場、友人、彼女に共有できた。」

 

「30000円を超えるコース料理にいくことに対する心理的バリアがなくなった。(コンフォートゾーンからの脱出)」

 

「同じレベルの料理を食べたいという欲が湧いてきたので、仕事の残業を頑張るようになった。」

 

などなど、ただ2hほど35000円の身銭を切ったことで

 

タクの中での心理状況が大幅に変わったのです。

 

なのでこういった経験を積む行為は、「浪費」ではなく「投資」だと思っています。

 

 

※金持ちの生まれや、高給な企業に勤めてるからできるんだろ、と思われた方がいると思いますが、月手取り23万程度の一サラリーマンのブログです。

 

普段はランチは自炊弁当、スーパーでは100g120円の豚肉を有りがたく食べています。笑

 

 

というわけで長くなりましたが

物を買う時には

 

それはコストに見合うだけの価値があるか

 

しっかりと考える癖をつけてほしいと思います。

 

それだけで無駄金が大幅に減少し、生活が少し豊かになると思います。

 

というわけでタクでした!