読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タクマネー日記

東大院を卒業し、激務サラリーマン2年目をむかえるタクが、マネーや日々の暮らしについて語ります。英語、大学院受験、健康オタク、旅、都内一人暮らし、カクテル、巨人ファン、麻雀、温泉好き。

TOEICは超簡単?そんなわけないけど、ちょっと頑張れば600点は取れますよっていう事実

みなさんこんばんは

 

今日は久々に実家にいるタクの親父が飲もうといってきたので、仕事を定時で切り上げて銀座で2件はしごしてきました。

 

ちなみになぜか母も同行してきました笑

またタクが実家に顔を出さないので、久々の機会にと銀座まで来てくれたのでしょう。

 

ちなみに行ったお店は以下の通り。

 

一軒目。雑居ビルの最上階にあり広々として落ち着くお店でした。

酒を飲みながら魚や馬肉、そしてシメの秋田うどんが最高でした。お酒はビールに日本酒、今回は獺祭を頂戴しました。

 

 

銀座 佐藤養助 養心蔵03-3538-6099東京都中央区銀座2-6-9 Ginza269ビル 9Fhttps://tabelog.com/tokyo/A1301/A130101/13181757/

 

 

2件目は有楽町と新橋のガード下にあるドイツ系のお店で、ドイツビールはオクトーバーフェスト以来久々なので、クロムバッハをいただきました。非常に賑わっていて、かつ陽気な音楽も流れており最高な気分を味わえました。

 

バーデンバーデン03-3508-2807東京都千代田区有楽町2-1-8 JR高架下https://tabelog.com/tokyo/A1301/A130102/13002212/

 

 

そして2件はしごした後に解散したのですが、地下鉄に向かう途中で久々に女性に声をかけられました。

 

タクは今まで知らない人から話しかけられてよかった経験は皆無なので、適当にあしらってその場を立ち去りました。

 

やはり、話しかけやすい(だましやすい)顔でもしてるんでしょうか。笑

 

 

 

というわけで前置き長くなりましたが、株が下落していて記事にする気にならないので、過去の栄光の一つであるTOEICについて書いていきます。笑

 

目次

 

【 TOEIC神話の根強い日本では、600点とれば英語が得意?】

 

タクは現在、都内の日系企業に勤めております。

一応社員数10000人以上、グループを含めると10万人程度の企業です。

 

そんな現在の企業はグローバル化を推し進めているので、それに伴って英語が堪能な人材(かつ学歴高め、ストレス耐性高めの人材)を積極的に確保しています。

 

タクの所属している部署は海外案件が多く、タクも今年はイタリアや東南アジア系の仕事を担当することになりそうです。

 

そんな海外志向、かつそこそこ大きめの企業に所属していますが、その中で先輩が口々にいっている言葉があります。それは..

 

 

「TOEIC〇〇点持ってるの?!超英語できるね!」

 

 

ちなみに〇〇の中に何が入るかは、周りのレベルによって違いますが、タクの独断と実体験、周りの意見を参考にすると、以下のようなものではないでしょうか。

 

 

【TOEIC点数別、周りになんて言われるかリスト】

 

0〜300 : えっそんな点数ってどうやったらでるの?逆にとるの難しくない?

 

300〜400:ふーんそうなんだ。俺(私)と一緒だね。

 

400〜600 : 勉強してるんだね。中学や高校の時の得意科目は英語だったの?

 

600〜700 : へぇーTOEIC高いね!留学とかしてたの?英語科?

 

700〜800:(ここレベルから賞賛の嵐)えっ!超すごい!英語めっちゃできる人なんだ!勉強方法教えて!

 

800〜860 : えっ?すごくね?帰国子女?英語超できるじゃん!ぺらぺらでしょ?

 

860〜895 : ほぼ900点と同じ扱い。英語のエキスパートじゃん!

 

900〜 : 神。唯一神。恐れ入りました。TOEICで900超えました系の情報商材や本が書ける。(840点くらいで書いている人もいますが..)。タクは一歩及ばず。

 

 

 

 とまあ、周りの環境によるのですが大方このようなものではないでしょうか。

 

ちなみにタクの点数は890点なのですが、2014/12に受けた結果なので、有効期限切れました。笑

(ちなみにTOEICの点数聞かれたら900点弱って言います。許してください。)

 

正直タクの周囲から一番驚かれたのは

 

大学3年生(2回目)の夏に

500点から750点に点数が伸びた時でした

 

 

なのでタクの実体験から、TOEICは700点を超えれば日本においてはドヤ顔できるということです。

(よりドヤ顔したい場合は800点以上でしょうか。身長でいえばTOEIC700点は175cmですが、800点は180cmのイメージです。)

 

ではタクはどのようにしてTOEICを学習したか、まとめていきます。

 

ちなみに巷で言われている、数ヶ月でTOEIC500点アップとか、3週間で100点アップとか、うさんくさい方法にまどわされないでください。

 

TOEICに限らず英語なんてある程度のレベルになると、英語を聞き取れない、文章を読めない方がおかしいレベルになってきます。ただそこまでいくにはそれ相応の勉強量、勉強時間が必要です。

 

タクはあえて勉強時間は勉強期間は公開しません。マイペースに勉強するのが最短距離だと思います。

 

TOEICで600点取るためには

 

【STEP1: センター試験の点数はいくつだった?】

※センター試験を受けた経験がない方は飛ばしてください。

 

 

まずはここから始まります。タクは大学受験をしていたとき、模試なども含めて最高得点が164/200点でした。

 

そして大学入学して一年が経過した大学2年の時の、無対策で受けたTOEICの模擬試験の点数が410点/990点でした。

 

何も対策しないとこれくらいの点数です。

 

なのでタクはこう考えます。

 

センター試験120点以下。

英語の基本ができていない状態です。単語力も文法の理解も曖昧です。TOEICの単語帳を辞書がわりにして少しずつ覚えていきましょう。文法は参考書はなんでもいいですし、ぶっちゃけ70パーセントほどの理解力で良いので、時間をかけて理解を深めましょう。

 

センター試験120以上〜160点以下。

多少単語も文法も理解できてますが、まだまだ基本ができていません。ただ文章の理解はある程度できるので、このレベルを取れていた人はTOEICの対策に入っていいと思います。

 

センター試験160以上

英語の基本はできています。TOEICの対策を始めてOKです。ただし単語レベルは圧倒的にTOEICの方が難しいです。その反面、文法はセンター試験より簡単です。自信をもってTOEICを対策しましょう。

 

【STEP2 : ぶっちゃけTOEIC何点とりたい?】

 

ぶっちゃけちゃいますとTOEIC600が一つ目の基準になっている企業は多いのではないでしょうか。それならさくっととってしまえばOKです。

 

センター試験で180点以上だったとしてもTOEICは無対策だと600点はキツイです。逆に対策さえしてしまえば、センター試験で120点前後だった人でも600点はそこまで大きな壁ではないです。

 

TOEIC600点をさくっととるなら以下の書籍がオススメです。

 

 

 

【先ずは戦略を学ぶ】

 

新TOEICテスト 直前の技術?スコアが上がりやすい順に学ぶ

新TOEICテスト 直前の技術?スコアが上がりやすい順に学ぶ

  • 作者: ロバートヒルキ,ポールワーデン,ヒロ前田
  • 出版社/メーカー: アルク
  • 発売日: 2006/12/21
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 24人 クリック: 271回
  • この商品を含むブログ (49件) を見る
 

 

 

タクはこの本をただひたすら繰り返しました。

 

この本にはTOEICで点数がとりやすい大項目から戦略をたてることを学べます。TOEICは戦略なんです。英語力をつけるとは異なりますが、ぶっちゃけめちゃくち問題が簡単にとけるようになります。

 

特に大問2の短文リスニングは、実は出題パターンが決まっているので、ひっかけ問題がどのようにつくられているのか手に取るようにわかります。

 

こいつでTOEICの解き方とどのような問題がでるのか、まずは確認してください。

 

 

【本番レベルの問題を解く】
TOEICテスト新公式問題集< Vol.6>

TOEICテスト新公式問題集< Vol.6>

 

 

 

次に定番のこの公式問題集を解いてください。

本番と全く同じような形式の問題が載っております。

 

ぶっちゃけ先ほどのロバートヒルキの本で戦略を覚え、上記の公式問題集を何度もこなすことで、最低でも500点は確実に取れます。というより普通はこの段階で600点は取れるようになるので安心してください。

 

 

 

【600点から700点を目指す】
TOEICテスト本番攻略リスニング10回模試

TOEICテスト本番攻略リスニング10回模試

 
 

 

 

TOEICテスト本番攻略リーディング10回模試

TOEICテスト本番攻略リーディング10回模試

  • 作者: カン・ジンオー,カン・ウォンジー
  • 出版社/メーカー: 学研教育出版
  • 発売日: 2010/09/08
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 2人 クリック: 18回
  • この商品を含むブログ (10件) を見る
正直TOEICの形式は何年経ってもほとんどかわっていません。
 
近年、単語レベルが難しくなったり、リスニングが早くなったりと難化しているそうですが、結局は慣れです。
 
 
てわけで時間の許す限り、過去問に似た問題を解きまくってください。
 
リスニングも文法もリーディングも、TOEICでよく出題される問題は似通っています。
 
形式慣れするだけで、わからない問題でも多分これだろうなと選択したら当たっているものです。
 
 
そのために大量の問題に触れてください。
10回分解くのはしんどいんで、2回でも3回でもできる範囲で解いてみてください。
 
 
これらの参考書をやるだけで、本番で
 
「なんだ。TOEICって単純で簡単じゃん」
 
って思えるようになります。
 
 
 
以上の方法で600点は確実。人によっては700点越えも狙えます。
 
ただぶっちゃけ参考書選びなどよりも
 
「どうしても取る必要がある動機」
 
これが一番大切です。
 
 
タクの場合、東大生の平均TOEIC点数が730点という情報を知り、東大大学院合格のためになんとしても730点を上回る、という強い動機があったからこそ、その点数を上回ることができました。
 
 
なのでみなさんも、勉強を始める前に本当にTOEICの点数が必要なのか、何点とりたいのか、取った後に何をしたいのか、何を得たいのか、よく考えてみると良いと思います。
 
 
というわけでタクでした!