タクログ

都内でサラリーマンしてる筆者が、好きなことをつらつらと語ります。お金/健康/食レポ/神楽坂/一人暮らし/IT/TOEIC900/東大院卒/心理学

激務でも余裕の体力!健康オタクのタクがおすすめする健康法とは

突然ですが、タクは健康オタクです。

 

きっかけは中学生の時に書店で以下の書籍にであい、「無限健康」という概念を学んだことです。

 

 

タクはこの本でかかれている健康法を試すことで「睡眠時間を3時間にし、浮いた時間で勉強や仕事をすれば成功できる!!」とバカ真面目に思っていました笑

 

とはいえ実家にいる頃は、食事は全て母が作ってくれていましたので、なかなか自分で健康法を試すことができませんでした。

 

それでも親の反対を押し切ってタクはいくつかの健康法を試して来ました。

 

さらに昨年から一人暮らしを始めたので、ここぞとばかりに様々な健康法を試して見ました。

 

そこでタクがやって来た様々な健康法の中で、これは効果があった!そして現在もつづけているものをご紹介します。

 

なおタクの健康状態は以下の通りです。

女性や体質、年齢によって異なると思いますので、あくまで一例としてお楽しみ下さい。

 

年齢:20代中盤

性別:男

身長:182cm

体重:66kg

過去の病気:得意になし。胃腸はちょい弱めかも

 

目次

 

タクの実践して来た健康法

 

一日二食健康法

 

実行期間:一年間

実践難易度:簡単

効果:かなりあり

 

まずは一日二食健康法です。 

 

要は朝食を抜きなさい、と言うことです。

 

他には昼食にそばなどを食べる。夕食は何を食べてもOKという結構実践しやすいものでした。

 

朝食を抜く理由として、午前中は排泄の時間で、その時間には消化に時間のかかものを食べない、という原理があるためです。

 

実はこの理論は先ほどの成功の9ステップでも同じことを言っていました。

 

そこで昨年一人暮らしを始めてから、一年間実践して来ました。

 

朝食は会社に行く前にジューサーを使って、人参2本とりんご1個、レモン半個を用いた「特性フレッシュジュース」と

 

ココアが好きなので、純ココアにきな粉、ココナッツオイルを混ぜた「特製ココア」を愛飲していました。

 

結果は以下の通りです。

 

基礎体温が上がって、体脂肪が落ちた

肌のキメが細かくなった

便通が朝必ずあるようになった

 

マジで効果ありです。

 

ちなみに参考図書は以下です。

 

こちらで人参りんごジュースの効能を学び 

 

 

こちらでココナッツオイルの効能を学び、「特製ココア」を作りました。

ちなみにこの本では特製バターコーヒーを進めていますが、タクはコーヒー嫌いなのでココアにしてます。

 

一日一食健康法 

 

 

実行期間:2ヶ月

実践難易度:難しい

効果:無理

 

ご存知南雲先生の健康法です。

 

一日一食という、まさしく修行僧のような生活です。

 

タクは腹が空きすぎて無理でした。

 

また、夕方くらいになるとめまいがして、買い物中に百貨店で初めて倒れそうになりました。

 

結果、タクには無理でした。

 

運動量の極端に少ないかた、小柄なかた、年齢が高めのかたなら体質にあうかもしれませんが、20代のタクにはエネルギー不足で無理でした。

 

ただ、南雲さんの提唱するゴボウ茶や冷水シャワーなどは試して見ました。

 

結果、ゴボウ茶は作るのがめんどいし、売っているものは高価なので続きませんでしたが、冷水シャワーは毎日継続しています。

 

冷水シャワーは体温を上げ、血流を良くします。結果体内の老廃物を取り除きやすくなりますのでおすすめです。

※男性は薄毛にも効果ありです。髪が太くなります。

 

ベジタリアン

 

実行期間:4ヶ月

実践難易度:超難易度

効果:マイケルジャクソンになれる! 

 

 

最初にご紹介した9ステップで紹介されていた「無限健康」はこちらの本が元になっております。

 

タクはこちらの洋書を取り寄せて読みましたが

 

・朝食を抜く

・肉と炭水化物を一緒に食べない

・魚と炭水化物を一緒に食べない

・フルーツ中心に食べる。他の肉、魚と一緒に食べない

 

結論:肉、魚を食べない→ベジタリアンになれ

 

という内容です。

 

そこで実家にいた20歳の頃に挑戦して見ました。

 

そしてこのころの行動は、本当に母に謝りたいです。笑

 

・スープに入ったベーコンを残す

・肉は避けて食べない

・勝手に玄米を自分用にだけ炊いて食べる

・料理にケチをつける。(肉、魚入れないで)

・乳製品すら避ける。(卵、牛乳の拒否)

 

結果的に玄米ばっか食べてました。

 

玄米にふりかけやノリ、味噌をかけて食べる感じです。

 

完全に修行僧の食事です。

f:id:steveperry1373:20170502144106j:plain

 

その結果がこちらです。

 

・母が悲しむ

・体重の激減と幻覚が見えるようになる

体重65kg→55kg

・顔がこけてマイケルジャクソンに似てると言われるようになる

 

結果、ベジタリアン生活は4ヶ月で終了しました。

 

というより限界でした。182cmで55kgまでやせ細ったので身の危険を感じたためです。

 

また母に申し訳なくなったからです。

 

今考えるとアホだなと思いますが、当時は少食かつベジタリアン生活で「健康で睡眠時間が少なくても大丈夫になる」と信じていました。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

結果的にタクは「1日2食健康法」を現在も継続しています。

 

これはマジで効果ありです。

 

とはいえ健康法は人によって効果が異なるのが事実だと思います。

 

北極のエスキモーは、「アシカの肉」しか食べなくてもちゃんと生活してますし

 

アメリカやカナダでは「信じられない量の人工甘味料の入ったケーキを信じられないほど食べ、一リットル1ドルのコーラで流し込む」生活を送っていても70〜75歳までは生きられてますからね。

 

結局は長寿遺伝子を持っているかが、大切かもしれません。

 

ということでタクの体験談をご紹介しました!

 

最後までお読みくださりありがとうございました!