タクログ

タクログ

20代のITエンジニアが、知って得する「お金の知識」「心理学に基づいた考え方」を日々更新。趣味の「食レポ」や「英語の学習方法」もご紹介します。

【日記】書くスピードがどんどん早くなっている。ブログの文字数が2000字を平気で超えていた件。

f:id:steveperry1373:20170529231651j:plain

 

今日は1年半ぶりにプールに行ってきました。いやープールはやっぱり最高です。

 

タクは大学院の時に東大のジムに週6で通い、ひたすらプールとサウナに没頭していました。ちなみに水着は洗わずに研究室非常階段に洗濯ばさみではさんで乾かしていたのは秘密です。笑

 

これで「神・時間術」の「夕方以降に運動する」も達成しました。

確かに頭が冴えわたったので帰りの20分の電車で50〜60ページほど読書をすることができました。やっぱり本は読んだら実践するにかぎります。

 

高校生〜大学生の頃はビジネス書を購入して読むまでは良かったのですが、全く実践せず知識だけ入れて何もしない頭でっかちな人間でした。今はもう大人なので、時間が少ないなど言い訳せずに愚直に読書と実践に邁進していきたいです。

 

 

さてさてようやく本題ですが、ふとブログの管理画面から過去の記事を見直してみました。するとブログの文字数が2000文字、もしくは3000文字を超えているものが多いことに気がつきました。

 

タクはブログの更新は最大でも1記事1時間と決めています。なので文字数を増やしたくて多くの時間をブログに当てているわけではありません。というよりそんな悠長な時間がありません笑

 

とすると、文字数の平均がどんどん増えているということは、執筆のスピードが早くなってきたということです。

 

執筆のスピードを決める要因は以下の通りです。

 

1.ブラインドタッチのスピード

2.アウトプットのスピード

3.集中力

 

これらが合わさってブログの執筆スピードは速くなります。

 

タクの場合、特に2のスピードアップが執筆スピードの上がった大きな要因だと考えます。つまりブログを更新し続けることで、頭に浮かんだアイディアをすぐに文章化できるようになったということです。

 

これは頭の中が整理されているからこそできることです。アプトプットに慣れてきたとも言えると思います。

 

 

すこし振り返ると、2017年の3月に久しぶりにブログを更新した時は「何を書けばいいんだろう」と立ち止まってばかりでした。

 

1記事書くのに1.5〜2時間はかかっていました。しかし文字数は1000字をなんとか超えるレベル。

 

ブラインドタッチも今より遅く、何より頭に浮かんだことを文書化して、かつわかりやすく伝える力が十分でなかったため、時間のわりに書いた文字数が少なかったんだとおもいます。

 

しかし今では頭にイメージした内容を瞬時に文書化できるようになってきました。さらに驚いたことに、仕事でも思い立ったことをすぐに実行できるようになってきたんです。そして、行動が早くなったので周囲の反応も変わり始めました。(早いだけで雑な仕事をしてはいい迷惑になってしまいますが笑)

 

 

有名な自己啓発本の中に、物事は全て「知る➡︎わかる➡︎できる➡︎習慣にする」のステップで成り立っているというノウハウがあります。

 

ブログで言えば

 

知る➡︎ブログで何を書けばいいか、他のブロガーの記事を読んでインプット

わかる➡︎インプットした内容を誰かにアウトプットして知識として定着させる

できる➡︎学んだ知識をブログに執筆して公開する

習慣にする➡︎知る、わかる、できるのステップをひたすら毎日繰り返す

 

この流れを繰り返すことで「ブログを執筆する」ということに慣れ、文書を書くスピードが格段に上がります。

 

ブログを書くスピードが上がれば、同じ1時間で記事を更新する頻度も上がります。そして記事の数が増えればさらに文章を書くスピードが上がります。

 

このようにブログを書くことの好循環を作れるようになるとブログを書くことがとても楽しくなります。というより何か書いていないと落ち着かない異常な精神状態になってきます笑

 

ちなみにブログの執筆だけでなく、この好循環はどのようなものにも当てはまります。タクの場合は、読書がそうです。2ヶ月前は1冊の本を読み終わるのに1週間かかっていたのに、最近では通勤電車の30〜40分、長くても1時間半で1冊が読み終わるようになりました。

 

さらに読書の後には必ず「書評」を書くようにしています。1つの書評に1時間なので、読書1時間半と書評1時間の合計2時間半で1冊の本のノウハウの8割以上を学ぶことができます。(読書のみのインプットよりも、必ずブログ執筆などでアウトプットする方が身になります。)

 

読書についても、読む頻度とページ数を増やしていくことで「いかに集中して通勤時間の中で読み切るか」「要点を拾い出し、自分の人生のどの部分に役立てるか」という能力を磨いていきたいと思います。

 

読まないといけない本がまだまだ山積みになっていますからね笑

 

というわけで思いつきで書いてしまいましたが、まとめますと「ブログの更新を続けると短時間で文字数がどんどん増える」ということです。

 

ブログを書き始めた当初は「ブログの文字数は最低でも1000文字以上」という有名ブロガーの記事を見て「1000文字か。。。毎日更新するのはぶっちゃけきついな。。」と感じていました。

 

しかしたった2ヶ月で「1000字程度じゃ何も書けないじゃん笑笑」というくらい執筆スピードが上がりました。

 

ブログを書き始めた人は

 

・執筆スピードが遅い

・書く内容が思いつかない

・全然PVが増えない

 

と、どうしてもマイナスなことを考えがちです。タクも2ヶ月前はそうでした。

 

しかし、ブログは書けば書くほど楽しくなります。なぜなら執筆スピードが上がり、記事数が増え、読者数が増え、星やブックマーク、コメントが増え、PV数も右肩上がりで増えていくからです。

 

「ブログの更新がだるい」

「何もブログに書くネタがない」

「ブラインドタッチができなくて、書くのに時間がかかるのがストレス」

 

そんな人でも諦めずにブログを書き続ければ、どんどんブログを更新したくなります。

 

ぜひぜひどんな内容でもいいので、ブログをどんどん更新しましょう。そしてだんだんとブログに慣れ始めた頃には、ブログを書くのがやめられなくなると思います笑

 

もちろん本業をしっかりとした上でですよ!と自分に言い聞かせています笑

 

というわけで、予定よりも時間を使ってしまいましたが40分で2500文字を書くことができたタクでした!