タクログ

タクログ

20代のITエンジニアが、知って得する「お金の知識」「心理学に基づいた考え方」を日々更新。趣味の「食レポ」や「英語の学習方法」もご紹介します。

【家計簿】最近、支出が多いかも。。。1年間の手取り収入と支出を振り返ってみた!

f:id:steveperry1373:20170611202714j:plain

 

最近、お金を使うことが増えてきました。

 

1年前に2ヶ月の研修を終えて職場に配属された当時は

 

外食なんか浪費。昼は手作り弁当、夜は家で自炊。

会社の付き合いの飲みはお金の無駄。いきたくない。

2駅分の交通費はもったいない。節約するために歩く。

 

などなど、貧乏だった大学院時代の節約ぐせが残っていました。

 

しかし最近では

 

外食にしよう。その方が時間短縮でブログ、勉強の時間がとれる。

付き合いの飲みもいいか。先輩にご馳走になることも多いし。

2駅か。だったらタクシーなら時間を短縮できるな。

 

などなど、時間をつくることを口実にして、順調に財布のひもがゆるんできております。

 

そこで、社会人2年目になり生活に余裕ができた今だからこそ、1年間のお金の使い方をふりかえろうと思います。そして、無駄な支払いはないか、徹底的に反省したいと思います。

 

2016/6〜2017/5の間で計算しております。

 

 

f:id:steveperry1373:20170611202806j:plain

1年間の家計簿一覧

収入合計(手取り)

4,168,415

 

年間手取り収入(円)

平均手取り額(交通費込)

237,360

年間手取り額(交通費込)

2,848,329

 

家賃補助額 

月間手取り額 

50,000

年間手取り額

600,000

  

特別収入

夏ボーナス(寸志)

149,728

(−40,000円分財形)

109,728

冬ボーナス

437,558

−40,000円分財形) 

397,558

  

財形貯蓄

212,800

 

 

支出合計

3,458,968

 

家賃

月:95,000

年:1,140,000 

 

食費

月:35,000

年:420,000 

 

光熱費

月:8,000

年:96,000

 

通信費

月:10,000

年:120,000

 

日用雑貨

月:5,000

年:60,000

 

交通費(通勤)

月:8,000

年:96,000 

 

交通費(その他)

月:5,000

年間:60,000

 

交際費

月:40,000

年:480,000

 

ジム

月:7,500

年:22,000

 

本・学習費

月:10,000

年:120,000

 

被服費(1年間で購入したものリスト)

スニーカー 

13,608

ビジネスバッグ

20,520

その他

4,000

合計38,128

 

美容院

月:6,500

年間:78,000

 

旅行

九州

90,000

京都

50,000

横浜

40,000

合計180,000

 

その他

MacBookAir

106,200

 

株式投資

235,440(損失)

  

借金返済

奨学金

月:8,400

年:67,200(8ヶ月分)

両親への返済

年:140,000

 

貯金(差し引き)

709,447 

 

振り返りと反省

f:id:steveperry1373:20170611202838j:plain

 

あらためて時間をかけて1年分の収入と支出を洗い出してみると、何にお金を使ったのか明確になりました。もやもやしていた心が急にクリアになりました。

 

ちなみに新卒1年目の目標は「手取り収入の20%、可能なら25%を貯金して運用する」でした。というのもこちらの記事で書いた通り、本多静六さんの著書を読み、貯蓄、資産運用の重要性を学んでいたためです。

 

⬇︎記事はこちら⬇︎

www.takumoney.com

 

⬇︎参考図書はこちら⬇︎

 

前述のとおり、手取り月収は237,360でした。

なので目標貯金額は以下の通り。(ボーナスは入れていません。)

 

20%貯金

月:47,472

年:569,664

 

25%貯金

月:59,340

年:712,080

 

年間収入と支出の差額が約700,000なので、大甘に見てギリギリで目標達成としました笑

ぶっちゃけ貯蓄だけでしたら、資産運用の約250,000の損失を除けば1,000,000弱の貯蓄となるので十分に目標達成といいたいところです。もちろん損失分はしっかりと2年目にとりかえしたいところですが笑

 

ちなみに手取り年収ベースですと

20%貯金

833,683

25%貯金

1,043,013

 

さすがにこれは無理でした笑

 

反省というより、改善点としては以下の点があげられます。

 

・家賃高すぎ

補助があるとはいえ95,000を80,000にできれば年間100,000以上貯金額が増えます。

 

・美容院はもう少し安くできる

ホットペッパーで3,000前後にすれば42,000の貯金額が増えます。

 

・旅行も賢く計画すればもっと安く行ける

九州旅行は中学時代からの友人と行きましたが、直前に思いつきでプランを決定したり、当日宿を押さえたりしてました。最高に楽しい経験を積めましたが、前もって準備をして入ればもっと安く済んだのではと思います。

(特に去年夏の九州旅行は割引プランが多数ありました。そして一切使えませんでした笑)

 

節約より稼ぐことが目標

f:id:steveperry1373:20170611202954j:plain

 

このように多くの反省点がみえる支出ですが、家賃削減のために引っ越したり、美容院代をケチることはしない予定です。

 

家賃95,000は高いですが、会社まで地下鉄で乗り換えなし30分強です。職住隣接という言葉がありますが、高い家賃を払ってでも通勤時間は削減したいです。

(10月にオフィス引っ越しとなりますが、運よく同じ路線かつ5駅ほど短縮されます。通勤のストレスはできる限り減らしたいです。)

 

 

また美容院は19歳の頃から通っている地元の場所に通っています。すでに顔なじみの美容師さんにカットだけでなく人生相談したりできるのはストレス解消に役立ちます。

 

なので20万円程度の節約にしかならないのであれば、20万以上稼げるようにした方がいい。という結論に至りました。

 

年間20万というと月に2万円稼げるようになれば達成できます。2万円なら達成できるような気がしますよね。

 

 

まとめ

年に数回、このようにお金について振り返ることは大切だと思います。

 

振り返りをすることで「どれだけの収入があり、何にお金を使ったか」が明確になるからです。具体的な数字がわかれば目標も明確になります。

 

タクの場合、以下のことがわかりました。

 

・想像以上に支出が多い

・特に家賃が大きな割合を占めている

・とはいえ、目標貯金額はほぼ達成できている

・支出を減らすよりは、新たに収入を増やせばいい

 

このように多くの気づきがありました。

 

収入を増やす方法としては、この「タクマネー」ブログもそうですが、株式投資、せどり、などなど、サラリーマンの残業以外の部分で収入を増やせるように頑張っていきたいと思います。

 

というわけでタクでした!