タクマネー日記

東大院を卒業し、激務サラリーマン2年目をむかえるタクが、マネーや日々の暮らしについて語ります。英語、大学院受験、健康オタク、旅、都内一人暮らし、カクテル、巨人ファン、麻雀、温泉好き。

激務にバリバリ稼ぐならサウナにいけ?サウナー歴3年のサラリーマンがサウナの効果を教えます。

f:id:steveperry1373:20170618123055j:plain

 

サウナって最高です。

 

こちらタクマネー日記にも書いていますが、タクはほぼ毎日サウナに通っております。

 

東大時代は実験の合間に大学のジムに通いつめていました。ジムではプールとサウナがあったからです。

 

当時はプールで冷えた身体をあたためる目的でサウナに入っていました。

 

 

そして去年、社会人となり、最初の研修でお世話になった、外資コンサル出身の講師がこう教えてくれました。

 

 

「激務にはサウナがいいよ。疲れが吹き飛ぶしウツにならない」

 

 

それ以来、元々好きだったサウナ通いをスタートさせたというわけです。

 

 

ちなみに外資コンサルの仕事は過酷で激務です。

 

タクの会社も激務で検索されることが多いですが、全く比になりません。

 

 

こちら、タクが普段からつかっているvorkersという転職口コミサイトでは、講師の所属していた企業の平均残業時間は85時間でした!

 

 

働き方改革の元となった某企業の残業時間の平均が66時間であることを考えても、外資コンサルの残業時間は異常です。

 

朝8:00から3:00〜4:00まで週6で仕事ということもあったそうです。(15:00〜16:00ではないです。)

 

 

そんな激務な環境を乗り越えた一つの方法がサウナだったと教えてもらえたのです。

 

 

なので、タクも20:00以降まで残業した日は必ず会社そばのサウナに行きます。

 

大学院の頃から数えて3年のサウナー歴のあるタクがサウナの効能を3つご紹介します。

 

サウナの効能3つとは? 

血行促進効果で疲れが吹き飛ぶ

 

 

 

サウナにいって汗を掻くと疲れが吹き飛びます。

 

これは強制的に汗をかかせることで体温を上げ、全身の血行が良くなるからです。

 

血行が良くなると酸素と栄養素が身体中へ運ばれます。

 

また、体内の不要な老廃物が排出されるので疲れが軽減します。

 

サウナ後は身体が軽くなるので、すぐに効果を実感できると思います。

 

 

頭が空っぽになってスッキリする

 

 

サウナは暑さに耐える必要があります。

 

暑さに耐えている間は、考え事をしたりする余裕がありません。なので、自然に頭が空っぽの状態になります。

 

もちろんネガティヴなことを考える余裕もなくなるので、自然と瞑想に近い状態になります。

 

これがすごくリラックス効果があって気持ちいいです。

 

 

肌がツヤツヤになる

 

 

サウナに行くと肌がツヤツヤになります。

 

タクは男ですが、性別関係なく肌がきれいだと非常に多くのメリットがあると思います。

 

顔色もよくなり、「タク、顔色いつもいいよね」とよく指摘されるようになりました。

 

 

外見は大切です。

 

 

特にタクの会社のseの人は、外見に気を使わない人も多くいるので非常にもったいないなと思います。

 

激務で疲れてクマができてイライラしている人なんて誰も見たくありませんからね。

 

 

 

まとめ

 

 

サウナは本当にオススメです。

 

女優の北川景子さんなどもサウナを愛用されているようです。

 

「サウナなんておじさんがいくもの」というイメージがありますが、最近は若い人もサウナ通いしている人が増えているようです。

 

 

ぜひぜひサウナでストレス発散してみてください!

 

そしてサウナでバリバリ働いたり遊んでも大丈夫な身体を作りましょう!

 

というわけでタクでした!