タクログ

タクログ

20代のITエンジニアが、知って得する「お金の知識」「心理学に基づいた考え方」を日々更新。趣味の「食レポ」や「英語の学習方法」もご紹介します。

【旅行日記】中欧旅行2日目〜part1〜どこを撮っても芸術的!オーストリアのウィーンは景色と街並みが世界遺産!

2017月12月16日編集

 

タクです。立花 拓巳 (@steveperry1373) | Twitter

 

旅行2日目は、オーストリアのウィーンに13時ごろ到着しました。

(日本では20時)

 

日本の成田空港を21時にでたので、約24時間かけて到着しました。

初ヨーロッパなのですが、ヨーロッパは遠いですね笑

 

 

ウィーン空港からは、電車で市内に向かいます。

f:id:steveperry1373:20171217214416j:plain

筆者は方向音痴なのでgoogle maps頼りなのですが、ドイツ語で駅名が書かれており、英語で予習していた筆者は痛恨の駅間違いを犯しました。

 

そして最寄り駅から徒歩で40分かけてホテルに向かいます。

 

いや、初めからウィーンの街並みを散策したかったのでいいんですよ、と強がってみます笑

 

 

しかしウィーンの街並みはとても綺麗です。

 

といいつつも街のいたる所に落書きがあるのはご愛嬌でしょう。

 f:id:steveperry1373:20171217214446j:plain

若い女性が街中でプカプカ喫煙しているのも、日本ではみられない光景で新鮮でした。

 

 

その後なんとかホテルに到着。

歴史のある4つ星ホテル「アストリアホテル」に泊まることになりました。

 

歴史ある建物らしく、建物自体は古いですが、内装はヨーロピアン風でエレガントです。

 

部屋もこじんまりとはしてますが、洗面所は非常に清潔で綺麗です。

 

 

 

f:id:steveperry1373:20171217214520j:plain

 

エアコンがないのが難点ではありますが、ハイレベルな扇風機があり、十分に涼しく過ごせそうです。

 

24時間の長旅に疲れ、シャワーと服を着替えてウィーンの街を散策します。

 

本当にどこを歩いても、綺麗な街並みに目を奪われます。

道に迷ったら、掘り出し物の建物を発見する感じです。 

 

シュテファン寺院はとてつもなくでかくて荘厳です

 

f:id:steveperry1373:20171217214546j:plain

 

 

まるで映画の中にいるような光景が広がります。

 

f:id:steveperry1373:20171217214634j:plain

 

なにやらお城のようにでかい建物に行くと、フェスティバルをやっていました。

 

f:id:steveperry1373:20171217214722j:plain

こちらの城は新市政庁という、日本で言えば都庁のようなものでしょうか。

 

都庁も展望台があってでかいですが、ウィーンの方が趣があります。

 

それにしてもフェスティバルは盛り上がっています。

日本で言えばオクトーバーフェストに近いですね。

 

オーストリアの時間は18時。日本時間は深夜の1時をすぎたころなのと、24時間のフライトの疲れで体調は微妙です。

 

とはいえせっかくの旅です。筆者も現地の人同様に、勢いのままにウィーンビール(Wien Beer)と肉を喰らってみました。

 

こちらがウィーンビール(€3.9  500円)と肉の何か(€7.9  1000円)です。

f:id:steveperry1373:20171217214702j:plain

 

いやあビールは香ばしくてうまいです!肉もジューシーで日本人の口に合います。

 

オーストリアの食事は肉中心ですが、パワーをもらえます。

 

筆者も体調が一気に回復しました。

 

ホテルまでの帰り道も、本当にどこを撮っても街並みが綺麗で感動しっぱなしです。

 

というわけでpart2に続きます。

 

タクのブログを観覧くださり、ありがとうございました。