タクログ

都内でサラリーマンしてる筆者が、好きなことをつらつらと語ります。お金/健康/食レポ/神楽坂/一人暮らし/IT/TOEIC900/東大院卒/心理学

【おすすめ無料アプリ】時間をハックせよ!「a Time Logger」で仕事の効率を上げましょう。

 

f:id:steveperry1373:20170801230420j:plain

 

タクです。立花 拓巳 (@steveperry1373) | Twitter

 

今回は初めてですが、仕事の効率をアップさせるにはもってこいのスマホアプリをご紹介します。

 

今回はスマホアプリの「aTimeLogger」がめちゃくちゃ秀逸なのでご紹介します。

 

↓アプリはこちら↓ 

「aTimeLogger」

https://appsto.re/jp/PBzzv.i

 

「aTimeLogger」ってどんなアプリ?

 

時間をいつでも計測できる!

「aTimeLogger」は、いわば高性能なストップウォッチです。

 

カテゴリごとに「仕事」「勉強」「家事」などのジャンルに別れており、それぞれの作業を一日にどれくらいしているのかを計測できます。

 

これにより、日々の無駄な時間の削減や、時間の割り当てを振り返って修正することが簡単にできるようになります。

 

筆者の場合、通勤や昼休みの時間は、スマホをいじっている「遊び」の時間となっていることに気づいたので、意識的に「遊び」の時間を「勉強」の時間に変えました。

 

これだけで一日に30分〜1時間の勉強時間が取れてしまいます。「aTimeLogger」を使うことで時間を有効に使うことができます。

 

↓アプリはこちら↓ 

「aTimeLogger」

https://appsto.re/jp/PBzzv.i

 

仕事の効率化以外にも遊びにも使える?

 

今回紹介する「aTimeLogger」は実はちょっとした遊びにも使えます。

 

筆者の場合は、家のドアを開けてから会社の席に着くまでの時間、いわゆる「ドアツードア」の時間を毎日測って、どのルートで出勤すると最短記憶が出るか計測しています。これだけで毎日の憂鬱な通勤時間がタイムアタックの遊びへと早変わりです笑

 

ちょっとした工夫で、サラリーマンがもっともストレスが溜まると言われる通勤が遊びの時間に変わっちゃいます。

 

当たり前ですが時間が有限であることに気づく

 

時間は有限です。「aTimeLogger」を使うことで時間をもっと大切に使おうと思うことができました。

 

筆者は20歳の頃はニートをしていたこともあって、時間が永遠に続く気がしていました。

 

しかしサラリーマンになって早2年、最近はあまりにも時間が早く過ぎることに非常に焦っています。

 

健康で若く自身にあふれた青年の時間は、川の流れのようにあっという間に過ぎ去ってしまうのです。

 

「aTimeLogger」を使うことで時間の使い方にシビアになりました。家計簿アプリを使い始めてお金の使い方にシビアになるのと同じです。

 

例えば筆者の場合、10月に応用情報技術者試験が控えています。何も考えないでいると「あと2ヶ月もある」と考えてしまいます。

 

しかし平日の夜遅くまでの残業や、休日出勤の可能性を考慮すると、勉強に割ける時間は非常に少ないことがわかりました。

 

仕事がある平日では、隙間時間は勉強で埋める必要があります。筆者は「aTimeLogger」を使って、遊びに使っている無駄な時間がないか観察し、勉強時間を増やそうと思います。

 

 ↓アプリはこちら↓ 

「aTimeLogger」

https://appsto.re/jp/PBzzv.i

まとめ

というわけで、今回は筆者が3年間愛用している「aTimeLogger」をご紹介しました。

 

「aTimeLogger」に限らず、ストップウォッチなどで時間を計測して作業をすると、集中力がアップし作業効率が大幅に改善されます。

 

ぜひぜひ仕事の効率化に役立ててみてください。

※こちらのブログは約22分で1300文字書くことができました。

 

f:id:steveperry1373:20170801230217p:plain

 

 

それではタクでした!

 

 

↓アプリはこちら↓ 

「aTimeLogger」

https://appsto.re/jp/PBzzv.i