タクログ

タクログ

20代のITエンジニアが、知って得する「お金の知識」「心理学に基づいた考え方」を日々更新。趣味の「食レポ」や「英語の学習方法」もご紹介します。

【英語】フレーズを丸暗記でOK!海外旅行でもコミュニケーションで困らない方法とは?【Part1:質問編】

f:id:steveperry1373:20170812110714j:plain


タクです。立花 拓巳 (@steveperry1373) | Twitter

 

先月、オーストリア、チェコに一人旅をしてきました。

 

www.takumoney.com

 

帰国後に会社の人、家族や友人に「よく一人で海外行けたね」と言われることがありました。

 

これは「よく一人で(寂しく)旅行しようと思ったな」というニュアンスと「海外だから言葉の問題は大丈夫だったのか」という2つの意味があるのではと思います。

 

筆者は最低限のレベルの英語が話せるので全く問題がなかったのですが、未だに日本人の人は英語に苦手意識がある人が多いようです。

 

そこで今回は、筆者が英語でコミュニケーションすることに苦労しなくなった勉強方法をご紹介します。

 

残念ながら「3ヶ月でペラペラ!」など、楽な方法ではないです。ですが一人でも問題なく海外旅行に行けるレベルの英語力を身に付けたいという方向けに書きます。

 

 

 

日本人が英語で苦労しなくなる方法とは?

 

最低限のコミュニケーションをするためには、以下の3種類の英文を暗記する必要があります。

 

1.質問する方法

2.感謝や気持ちを伝える方法

3.自分がどうしたいか伝える方法

 

今回は1.質問する方法をご紹介します。

ちなみに細かな文法のミスなどは気にしなくて OKです。会話は一瞬なので、重要な単語だけ伝えられれば情報は手に入ります。

 

むしろ会話なのでテンポの方が重要です。

 

正しい文法だけど会話が遅いよりは、文法はめちゃくちゃだけどテンポよく気さくに話す方がいいです。

 

異国のアジア人がいきなり質問してきて、言葉に詰まっている状態だと相手もイライラしますからね。

 

質問する方法

 

海外では、ぶっちゃけわからないことだらけです。

 

例)

・道がわからない

・値段がいくらするかわからない

・外国人に話しかけられて、何を言ってるのかわからない

 

そんな時に、使えるフレーズをご紹介します。

 

基本英文

Excuse me(すみませんが)

→質問する前に、一言かけましょう。

 

I don't know(わかりません)

→これで自分が困っている状態ということを伝えられます。

 

ここまでは誰でも知っていると思います。しかし、質問する際には教えて欲しいという気持ちを伝えるほうが良いです。

 

please tell me (私に教えてください)

I don't know の代わりに使えます。

 

次に中学校で習った5W1Hを思い出しましょう。

 

When:いつ

Where:どこで

what:何を

who:誰が

why:なぜ

how:どうやって

 

これだけで大体の質問ができます。

 

【how:どうやって

・ホテルへの行き方を知りたい。

どうやってホテルにいくか知りたいのでhowを使います。

 

1. Excuse me. please tell me how to go to the hotel.

 

・電車の切符を買いたい。

どうやって切符を買うか知りたいのでhowを使います。

2. Excuse me. please tell me how to buy the train ticket.

 

あとはhowの部分を5W1Hで変えて行けばOKです。

 

【when:いつ

コンサートが何時に始まるか知りたい。

何時にいつなのでwhenを使います。what timeでも代用可能。

3. Excuse me. please tell me when the concert starts.

4. Excuse me. please tell me what time the concert starts.

 

【where:どこで

トイレがどこにあるか知りたい

どこになのでwhereを使います。前述のhowでも代用可能。

5. Excuse me. please tell me where the toilet is.

6. Excuse me. please tell me how to go to the toilet.

 

【who:誰が

誰か知らない人がいた場合

誰かなのでwhoを使います。しかし旅行ではほとんど使わないでしょう。

7. Excuse me. please tell me who that man is.

 

【why:なぜ

なぜお店が閉まっているか理由を知りたいとき

なぜなのでwhyを使います。こちらも旅行ではほとんど使いません。

8. Excuse me. please tell me why this store isn't open.

 

このように、基本的に「Excuse me. please tell me」と5W1Hを組み合わせれば、何かわからないことがあった時に質問することはできます。

 

あとは表現を増やすために、基本的な動詞や名詞を覚えましょう。難しい単語を覚える必要はありません。中学1年生で習った単語で十分です。

 

【動詞一覧】

買う:buy

食べる:eat

持つ:have

使う:use

見せる:show

 

【名詞一覧】

駅:station

お金:money

店:store

旅行:trip

観光:sightseeing

 

単語はこちらのサイトが参考になります。

egao21.com

 

単語はできる限り覚えている方が、様々な表現ができるようになります。

 

旅行前に練習するには

今回の記事のフレーズを覚えたら、口に出して発音してみましょう。

 

発音はgoogle翻訳でOKです。あらかじめ想定質問を日本語で入力すれば、ある程度正しい英文を知ることができます。そして発音ボタンをクリックすると音声を聴くことができます。

 

translate.google.co.jp

 

さらに英会話を練習をしたい場合にはオンライン英会話をお勧めします。

筆者が実際に使っていた「レアジョブ」は、講師を自由に選ぶことができる上、時間帯も深夜までできるので、サラリーマンでも十分に英会話を練習することができます。

 

実際に外国人と話す機会が得られますので、ぜひ試してみてください。 

 

まとめ

 

日本人にとって英語は簡単ではありません。

 

しかし旅行で必要な情報を得るくらいのレベルであれば、フレーズをある暗記するだけである程度は対応できます。

 

せっかく海外旅行をするのですから、こちらの記事を参考にして英語のフレーズを覚えてくださいね。

 

次回は感謝や気持ちを伝える方法をご紹介します。

 

というわけでタクでした!