タクログ

都内でサラリーマンしてる筆者が、好きなことをつらつらと語ります。お金/健康/食レポ/神楽坂/一人暮らし/IT/TOEIC900/東大院卒/心理学

【英語】フレーズを丸暗記でOK!海外旅行でもコミュニケーションで困らない方法とは?【Part2:感情編】

f:id:steveperry1373:20170814181523j:plain


クです。立花 拓巳 (@steveperry1373) | Twitter

 

今回は前回の記事に引きつづき、海外旅行前に抑えておきたい英会話の方法について書きます。

 

【前回の記事はこちら】

www.takumoney.com

 

上記の記事では、英語で最低限のコミュニケーションをするためには、以下の3種類の英文を暗記する必要がある、と書きました。

 

1.質問する方法

2.感謝や気持ちを伝える方法

3.自分がどうしたいか伝える方法

 

今回は2.感謝や気持ちを伝える方法についてご紹介します。

 

ちなみに今回の記事は「普段は英語を話す機会がないけど、海外旅行の際に外国の人とコミュニケーションをとりたい方」向けに書いております。

 

 

 

英会話もこれでバッチリ!英語で感謝や気持ちを伝える方法とは?

 

ぶっちゃけお礼をしっかり言えれば会話はスムーズ

 

海外ではかならず誰かに質問することになると思います。

 

・駅やホテル、レストランへの行き方

・観光地でのチケットの買い方

・電車やバスなどの公共機関の乗り方

 

とにかく海外旅行ではわからないことだらけです。

 

そこで、大切なことは「自分の知りたいことを的確に質問すること」「質問し終わった後に感謝の気持ちを伝えること」です。

 

質問の仕方は前回の記事に書きましたので、今回はお礼をする際に使えるフレーズをご紹介します。

 

感謝の気持ちを伝える方法

 

これはみなさんご存知の通り、Thank youでOKです。

 

非常にシンプルなので、とりあえず何かしてもらうたびにThank youを連発すれば会話はスムーズになります。

 

今回はさらにこのThank youにワンフレーズ追加して、感謝の気持ちをより効率的に伝える方法をご紹介します。

 

 

1. Thank you for your kindness.

→あなたの親切さに感謝いたします。

 

まずはこちらのフレーズ。

 

kindness(カインドネス)は「親切」という意味の名詞です。

 

このフレーズを使うとThank youだけの時に比べて、より一層感謝の気持ちが伝わります。

 

感謝の気持ちを強めたい時に使って見てください。

 

ちなみにこのフレーズのkindnessの部分を変更することで表現の幅が広がります。

 

2. Thank you for your quick response.

→素早い対応に感謝します

 

quick response(クイックレスポンス)を使うと、素早く対応してくれた人に対して感謝の気持ちを伝えることができます。

 

また、他にも多少くだけた表現も存在します。

 

3. Thanks (a lot).

→ありがとう!

 

仲のいい人などには、Thanksを使うことでポップにありがとうの気持ちを使うことができます。

 

相手との距離感によって、使い分けましょう。

 

筆者も愛用している「Weblio」などの無料辞書を使えば、他にもたくさんの類語が学べますので、こちらも参考にして見てください。

ejje.weblio.jp

 

 

自分の気持ちを伝える方法

 

つぎに感情など、自分の気持ちを伝える方法をご紹介します。

 

実際には感情を伝える必要がある場面は海外旅行では少ないと思います。というのは「私は〜という感情なんだ」と伝えるよりは「私は〜したい」という表現を使えば代用できてしまうからです。

 

とはいえ、覚えておくと表現の幅が広がると思いますので、ぜひ使って見てください。

それでは行きましょう。

 

 ポジティブな感情の伝え方

基本的には以下のフレーズで、自分の気持ちを伝えることができます。中学校でも習った方が多いのではと思います。

 

I feel 〇〇

→〇〇という気分である。

 

例えば嬉しい気持ちを表すならば、I feelの後にhappygoodを使えばOKです。

 

4. I feel happy(good).

→私はいい気分です。

 

このようにI feelを使えば自分の表現を伝えることができます。しかしながら、実際の会話では筆者はこちらの表現を使いません。もっと単純で簡単に自分の感情を伝える表現があるからです。

 

それはI am 〇〇を使うことです。このフレーズを使うだけでほとんどの気持ちを表現することができます。

 

5. I am happy(good).

→私はいい気分です。

 

筆者としてはこちらをお勧めします。できるだけシンプルな単語のみで自分の感情を表現するにはI am 〇〇で十分です。

 

あとはポジティブな感情の単語を覚えるだけなので、シンプルで簡単だと思います。

 

ネガティブな感情の伝え方

 

ネガティブな表現はポジティブな表現と同様にI feel 〇〇、I am 〇〇で表現できます。先ほどのポジティブなフレーズにnotをつけるだけで簡単に表現できます。

 

旅先で体調が悪くなった時などに使って見てください。

 

6. I am not good.

→私は体調が良くありません。

 

大抵はこれだけで、自分の体調が悪いことを伝えられます。

 

 

英会話はシンプルに考えましょう。過去の筆者もそうでしたが、「体調が悪いってなんていうんだろう。。ああ単語やフレーズが出てこない。。」ということがありました。

 

ぶっちゃけ自分の感情はシンプルに捉えれば「いい」か「普通」か「悪い」の3パターンしかないわけです。なのでI am goodI am not good、どっちでもない場合はI am sosoを使うだけでOKです。

 

I haveを使ってさらに表現を広げる

 

他にはI have 〇〇を使って自分の体調を表現する方法があります。

 

7. I have a (bad) cold.

→私は風邪をひいてます。

 

風邪気味の時にはこちらのフレーズが使えます。さらにcold(風邪)の部分を変えれば表現を増やすことができます。

 

8. I have a  headache.

→私は頭痛があります。

 

head「ヘッド」(頭)とache「エイク」(痛み)で頭痛という意味です。

 

このようにI have 〇〇のフレーズを使えるようになると、様々な表現を使うことができます。

 

まとめ

 

今回は英会話の中で、感謝や気持ちを伝える方法をご紹介しました。

 

筆者の意見では、英会話はシンプルな言葉だけで十分です。

 

むしろ中学レベルで学んだ言葉やフレーズをいかにアウトプットするかの方が大切です。つまり英会話のフレーズを学ぶだけでなく、実際に外国人と話して「海外の人に英語が伝わった」という感覚を持つことが重要です。

 

日本にいながらも英語を話す機会を作るには「レアジョブ」がおすすめです。

 

筆者も半年ほど使っていましたが、パソコンやスマホと1,500円ほどで売っている「ヘッドセット」があれば、家で外国人の方とコミュニケーションすることができて便利です。筆者はレアジョブでレッスンを受けたおかげで、英会話で苦手意識が全くなくなりました。

 

ヘッドセットはこちらがおすすめです。

 

レアジョブでは、学んだ英語のフレーズをアウトプットすることに使えますし、今は無料体験レッスンをやっていますので、ぜひ試して見てください。

 

レアジョブをお試しするにはこちらからどうぞ。

 

それではタクでした!