タクログ

都内でサラリーマンしてる筆者が、好きなことをつらつらと語ります。お金/健康/食レポ/神楽坂/一人暮らし/IT/TOEIC900/東大院卒/心理学

【ブログ】4ヶ月で150記事を書いてわかった、ブログを継続するための3つのコツとは?

f:id:steveperry1373:20170817235436j:plain

 

クです。立花 拓巳 (@steveperry1373) | Twitter

 
今回はブログの話です。
 
2017年の4月から4〜5ヶ月更新を続けてきたこちらのブログ。こんかいの記事で150記事目の更新となりました。
 
いつもお読みいただき、本当にありがとうございます。
 
 
ちなみに100記事目の更新がこちらの記事です。
 
 
よく「ブログは100記事まで粘り強く書け」という記事がありますが、気がついたら150記事目を書いていました。
 
 
筆者は20歳のときに半年間、大学をサボって留年した「プータロー気質」の人間です。
 
勉強も嫌いで、社会人になってから3回も資格試験に落ちています。
 
ちなみに平日は本業のサラリーマン(システムエンジニア)をしていて、平日は21時〜24時退社とまあまあ忙しいです。
 
 
そんな「時間がない中」「意識よわい系」の筆者でもほぼ毎日ブログを更新して150記事を書けたのには「コツ」があります。
 
 
こんかいは、ブログを継続するための「コツ」をご紹介します。
 
 

ブログを継続するための3つのコツとは

 
 

ブログに対する期待値をさげる

 

ブログを書くことを大げさにとらえないようにしましょう。

 

「読者に読まれる記事を書かなきゃ」

「記事の内容に矛盾がないように書かなきゃ」

「毎日、更新しなきゃ」

「1記事に1000文字以上は書かなきゃ」

「ちゃんと画像をつけたり、リンクを貼らなきゃ」

 

このように「〜しなきゃ、〜するべき」と考えると、ブログを書くのに疲れてしまいます。

 

そこで語尾を「〜でも別にいい」に変えましょう。

 

「読まれなくても、別にいい」

「記事内容なんて、矛盾しても別にいい」

「気がむいたときしか更新しなくても、別にいい」

「1文字、1文でも、別にいい」

「文字だけでも、別にいい」

 

このように語尾に「〜でも別にいい」をつけると、肩の力が抜けます。

 

 

そもそもブログなんて、書きたければ書けば良いんです。

 

ブログを書くことは義務でもなんでもない。疲れてたり、気乗りしなければ書かなくても良いんです。

 

それくらいの軽いきもちでいると、意外とブログを書き続けられるものです。

 

ブログに対する期待値をさげましょう。

 

 

ネタがないのが当たり前と知る

 

ネタ探しなんてする必要はありません。人間の人生なんて、99%は他人と同じです。

 

筆者とあなた、筆者と他人、ほとんど違いはありません。

 

大富豪だろうが貧乏人だろうが、人間である以上、食べなきゃ死ぬし、寿命がきたら死にます。

 

日本人だろうが、白人だろうが、黒人だろうが、障害者だろうが、例外なく100年も経てば皆死んでしまうわけです。

 

日本人の生涯に限定すれば、20歳前後まで学校で勉強して、30前後で結婚するかしないか決め、60歳ごろまで働いて、80歳頃に死にます。

 

200歳まで生きられる人はいない上、映画のような人生を送る人も少ないわけです。

 

 

だからこそネタ探しなんてする必要はありません。あなたの日常の一コマを好き勝手に書きなぐるだけです。

 

文章は脚色してもしなくても、大して変わりません。人間の人生なんて似通っていますから。

 

 

それでも文章の中に、物事の考え方や個性が出るんですそれが他のブログとの差別化に繋がるんです。

 

 

ネタなんか探さずに、思いのままにブログに書きなぐりましょう

 

更新時間、SEO、PV。そんなの気にしない

 
ブログを書いていくと、ブログを有名にするための方法を知ることになります。
 
「読者がアクセスする時間は〇〇だ」
「SEO(ブログが検索されやすくなるための方法)を学ぶべきだ」
「PVは◯ヶ月で〇〇が平均。」
 
ブログを有名にしたいという気持ちは大切です。しかし小手先のテクニックは、気になったら勉強して取り入れれば良いだけです。
 
 
大前提は「ブログに自分の気持ちを書きなぐりたい」で良いんです。PVなどは書き手が決めることではなく、読者が決めることです。
 
ブログを書く前から、あーだこーだ考えて結局書かないんだったら、とにかく好きなことを書きまくってから、「どこを変えればもっと読者が増えるかな」と振り返れば良いです。
 
まずはブログにあなたの思いを書きなぐりましょう。記事数なんか意識しなくても、気がついたら100記事、150記事を超えてしまうはずです。
 

まとめ

 
いきなり矛盾しますが、筆者は本当はめちゃくちゃ「ブログに期待」しちゃってます。「受けそうなネタ」を無意識に探しちゃうし、「PV数とか読者数とかアナリティクスを見て分析しちゃう」タイプです。
 
 
筆者のようなタイプは「結果が出ないとやる気がなくなる」傾向があります。つまりPVや収益が予想よりも出ていないと「ブログなんて意味ねーよ」とサジを投げて挫折する3日坊主タイプです。
 
 
そんな筆者が、日頃から「どうしたらこんなダメ人間でもブログを続けられるか」考え続けた結果、今回の3つのコツを意識したからだということに気づきました。そして「150記事もブログを書けた」という実績に至ったわけです。
 
 
コツ自体は非常にシンプルで「そんなの当たり前じゃん」というものばかりですが、「当たりまえ」ができないからこそ3日坊主なわけです。
 
 
「ブログを書き始めたけど、やる気がなくなってきた」
「ブログを継続してるけど、結果が出なくてつらい」
「ブログを書くことに、なんの意味があるのだろう」
 
 
こんなことを考え出したら、ぜひ今回のコツを思い出してください。
 
 
ブログを書くことは楽しいものです。
ぜひぜひ、楽しみながらブログを書いてくださいね。
 
 
 
ちなみにブログのアクセス解析には、こちらがおすすめです。
 
誰がブログにアクセスしているのか分析する際には、ぜひこちらを試して見てください。
※あくまでアクセス分析は補助です。基本はブログを書きなぐりましょう。
 
 
というわけでタクでした!