タクログ

都内でサラリーマンしてる筆者が、好きなことをつらつらと語ります。お金/健康/食レポ/神楽坂/一人暮らし/IT/TOEIC900/東大院卒/心理学

【ブログ】ブログ1記事の文字数は何文字書けばいいの?150記事ブログを書いた筆者が独断で語ります。

f:id:steveperry1373:20170824225425j:plain


タクです。(立花 拓巳(はてなブロガー) (@steveperry1373) | Twitter)

 

今日はブログの文字数の話をします

 

ブログを始めたばかりの人は、1記事に何文字書けばいいか悩む方も多いと思います

 

実際に筆者もそうでした

 

少なすぎても手を抜いていると思われてしまうし、逆に文字数が多すぎた場合は読者にとって読むのが大変です

 

様々な意見がありますが、今回は筆者の独断で、1つの記事を何文字程度の文字数で書けばいいかということについて語っていきます

 

 

 

ブログの文字数は何文字が適切か

 

1,000文字から1,500文字の間

f:id:steveperry1373:20170824225625j:plain 


筆者の過去のブログを読み返すと、よく読んでもらえた記事の文字数の平均は1,000文字から1,500文字の間でした

 

というわけで生きなり結論ですが、大体これぐらいの文字数が理想的だと思います。

 

 

一時期ブログを書く時間がたくさんあった頃は、2,000文字を超えて3,000文字4,000文字と言うボリュームで書いていました

 

しかし150記事更新してきてわかったことは、文字数を考えるのではなく、いかに役立つ内容をわかりやすく伝えるかということです

 

 

本当に要点だけを伝えたいのであれば、ポイントを箇条書きにすれば済む話です

 

しかし、それではブログにする必要がありません。 Twitterなどで要点を箇条書きすれば良いのです

 

 

ブログでは、伝えたいことを文章で分かりやすく伝えることに意味があります

 

なので、ダラダラと長く書く必要は無いですが、要点を抑えた書き方をする必要があります

 

 

そうすると大体文字数は1,000文字から1,500文字の間に収まるはずです

 

多くても2,000文字以内ではないでしょうか

 

ブログの1つの記事を書くのに1時間ほどかかったとすると、人にもよりますが2,000文字以内で収まると思います

 

大体この程度の文字数を目安にすると良いと思います

 

 

そもそも1,000字以上も書けないと言う方へ

f:id:steveperry1373:20170824225745j:plain 

「 1,000文字から1,500文字って言うけど、ぶっちゃけそれって辛いよね」

 

このように考える人もいると思います

 

実際に弊社もブログを書き初めの頃、文字数が少なすぎて悩んでいました

 

 

「やばい500文字すら書けない...全然ブログに向いてねーな」

 

 

たった500文字を書くのに1時間、2時間考えていました

 

それでもブログを書き終わった後に読んでくれる読者は1人か2人でした

 

 

今では500文字で書けといわれたら、逆に困ってしまいます

 

 「500文字だけ?それだとあらすじしか書けない」

 

このように考えられるようになりました

 

 

ブログを書き続ければ、書きたいことがどんどん出てきます

 

そのうち500文字では飽きたらず1,000文字、2,000文字と書いてしまうようになるでしょう

 

 

方の力を抜いて気ままにブログを更新し続けましょう

 

 

まとめ

f:id:steveperry1373:20170824225901j:plain 

正直、筆者はブログを書く上で、文字数は大して意味がないと考えています

 

ただ伝えたいことを書きたいだけ書く

 

そもそもブログを書くという事は、そういうものだと思っています

 

 

とは言え、実際には読者がいることも事実

 

適当にわからない文をダラダラと長く書いても、読者にとっては読みにくいだけです

 

せっかく自分の思いを書くのならば、読者の気持ちになって読みやすい文章を書く方がいいです

 

そういう意味では文字数と言うのは、とても参考になります

 だいたい1記事1500字以内に収まるように書くと良いと思います。

 

ブログを書くとき、この記事は大体何文字書いてるのかなあということにもぜひ気を使ってみてください

 

と言うわけでタクでした。