タクログ

都内でサラリーマンしてる筆者が、好きなことをつらつらと語ります。お金/健康/食レポ/神楽坂/一人暮らし/IT/TOEIC900/東大院卒/心理学

とにかく英語だけやっておけば人生がうまくいくと思う3つの理由。

f:id:steveperry1373:20170907174644j:image

 

タクです。立花 拓巳 (@steveperry1373) | Twitter

 

とつぜんですが、筆者のタクは英語の勉強をしなくなって、早3年が経ちました。

 

勉強しなくなったというのは「参考書」「TOEIC」のテキストで学習することがなくなったということです。

 

今は暇なときにgoogleで英文を検索したりして、好きなコラムを読む生活をしています。あとは知らない単語をググったりする程度です。

 

なので最近では英語に対して特別な思い入れがないのですが、筆者の人生を振り返ると「英語がなければやばかった」と時々思うことがあります。

 

というわけで今回は「英語できると人生うまくいく」と思う3つの理由を、筆者の独断と偏見で語ります。

 

これを読んで、英語を勉強しようと思ってくだされば嬉しいです。

 

※ちなみに「英語ができる」とはTOEIC800点以上のスコアを持った上で、海外旅行が苦にならないレベルです。

 

 

 

英語ができると人生がうまくいくと思う3つの理由

 

英語ができると..仕事ができると周囲から高評価になる

 

日本は英語コンプレックスを持っている人が多いです。

 

一部、学生時代に英語を勉強してきたり、生まれながらに帰国子女だったりするチートな人もいますが、だいたいの日本人は電車で外国人に道をきかれて逃げ出したくなってしまうのではないでしょうか。

 

なので、英語ができる人はそれだけで周囲の評価が高くなります。

 

英語ができることが差別化に繋がるからです。

 

「えっ俺の(私の)会社は英語できる人なんて腐るほどいるけど..」

 

そういう人は逆に考えてください。もし周囲が英語ができて、あなたが英語ができなかったら、そのぶんだけ評価の面で損をしてしまうということです。

 

「英語ができたら困る」なんて人は皆無でしょう。

 

サクッとTOEICのスコアを取って、英語で仕事をする機会を英語ができるアピールをしていきましょう。

 

↓英語を話したい方はこちら↓

www.takumoney.com

 

↓TOEICで好スコアをとりたい方はこちら↓

www.takumoney.com

 

英語ができると..生活の幅が大幅に広がる

 

住む場所が全世界になる

英語ができると、海外で生活することができます。

 

日本は本当に世界的に見ても治安がよく、過ごしやすい国ですが、英語ができることで日本以外でも生活ができるようになるのです。

 

インプットできる情報量が大幅に増える

また、インプットする情報の質も変化します。

 

あなたの普段読まれている日本のテレビやネットのニュースの中には、発信先(一次情報)が海外のものがあります。

 

つまり海外の情報は、英語ができる人がニュースになりそうなものを絞り込んで、日本版に提供しているわけです。

 

なので日本語で手に入る情報は、ごく一部ということです。

 

英語ができる人は、海外のニュースに目を通してみましょう。

 

日本では聞いたことのないニュースがじゃんじゃんと取り上げられています。

 

特にIT分野と英語は相性が抜群です。

 

筆者は、日本のインターネットではわからなかった情報は、英語で検索するようにしています。

 

なぜなら、インターネットを使用している人口が全く違うから。

 

日本人が5000万人ほどインターネットを利用しているとしたら、英語圏でインターネットをしている人はざっと10億程度になります。(数値は適当です)

 

すると、単純計算で20倍の情報が英語ではころがっていることになります。

 

インターネットをやっていて、利用者が困ってる内容自体は、どの国でも一緒です。

 

なので英語で検索したほうが、知りたい情報をゲットできる可能性が数倍上がります。

 

IT用語に「デジタルディバイド」という言葉があります。

 

簡単に説明すると、ITの知識がある人とない人を比較すると、年収や生活の質で大きな差が出るということです。

 

そしてITと最も相性のいい言語は英語。

 

むしろ、日本語は専門用語自体が難しいので、日本の参考書で勉強するよりも、英語のサイトで用語を検索した方がわかりやすかったりします。

 

多少ITよりの話に脱線しましたが、英語ができるとインプット元が、日本のみから、世界中に変わります。

 

ぜひ英語を勉強して、質の高い情報を手に入れましょう。 

英語ができると.. お金を稼ぎやすくなる

 

最後になりますが、英語ができるとお金を稼ぎやすくなります。

 

筆者は、中堅大学を中退するというレベルから英語を猛勉強したおかげで、東大の大学院に合格し、その後は上場企業の内定をもらうことができました。

 

英語を勉強したのは21歳から23歳までの2年程度です。

 

大学を中退して、仕事につくかフリーターになった場合と比較して、生涯年収が1億円以上増えたという実績があります。(定年まで勤め上げればですが...)

 

 

また、英語ができれば、今のように英語の情報をブログで提供してお金を稼ぐこともできます。

 

今の仕事を辞めることになったとしても、英語の講師、日本人学校の講師、TOEICの講師などの教育系から、本を執筆するなど作家になることもできます。

 

つまり、英語ができることで仕事の幅が広がるということです。

 

ぜひ英語を勉強して

まとめ

 

英語ができると

 

・周囲から高評価を受けやすくなる

・住む国を自由に選べる。

・質の高い情報をゲットできる。

・お金を稼ぎやすくなる

 

つまり、人生がうまくいくようになります。

 

「今の時代、英語なんてできる人は珍しくもなんともない」

 

こうかんがえている人は、ときどきこう思ってみてください。

 

「英語ができないことで、上記のようなメリットを得ることができない」

 

ということです。

 

年齢などはあまり考えず。すこしずつ英語を学習するのがおすすめです!

 

 

ちなみに英語のアウトプットには「レアジョブ」がおすすめです。

毎回ご紹介していますが、英会話教師に通うよりも数倍効率よく英会話の練習ができます

 

それは「自分の好きな時間に」「自分の気がむいた時に」「自分の好きな先生と」「低価格で」英会話の練習ができるからです。

 

筆者は半年レアジョブで英会話を練習した結果、英語で話すことに抵抗がなくなり、またTOEICのスコアも100点近くアップしました。

 

今は無料体験キャンペーン中です。ぜひ空いた時間に試して見てください。

 

というわけでタクでした!