タクログ

都内でサラリーマンしてる筆者が、好きなことをつらつらと語ります。お金/健康/食レポ/神楽坂/一人暮らし/IT/TOEIC900/東大院卒/心理学

【朝活】再び朝活を実践して気づいた、朝活の効果とは

f:id:steveperry1373:20170921075052j:plain

タクです。立花 拓巳 (@steveperry1373) | Twitter

 

今週は朝活習慣ということで、早起きしてホテルでブログ書いたり朝活してます。

 

↓ちなみに朝活のために早起きする記事はこちら↓

www.takumoney.com

「朝活」というと息が詰まってしまう人も多いと思います。

 

朝、起きられないよ

夜まで残業してるし、朝まで頑張れない

朝は家事をしないと。。

 

こんな感じになってしまいますよね。

 

ちなみに筆者は大の努力苦手人間なので、実際に毎回継続できているわけではありません笑

 

気分が向いたり、朝早く起きれたときだけ「朝活」してます。

 

そんなゆるーい感じで朝活している筆者が思う、朝活のメリットとコツをご紹介します。

 

 

朝活は気楽にやるべし!朝活をやって気づくメリットとコツとは?

朝活をする3つのメリット

余裕を持って通勤できる

人間が最もストレスが溜まる時間は満員電車だそうです。

 

実際に、満員電車では

 

・ぎゅうぎゅうに押し付けられて、他人に触れるので不快

・男性の場合、痴漢の冤罪の可能性がある

・女性の場合、満員電車では痴漢されることがある

 

人間にはパーソナルスペースという、親しい人間にしか入ってきてほしくない距離というものがあります。

 

しかし、満員電車では無条件に他人がパーソナルスペースに入り混んできます。

 

こんなストレスは、電車が混まない朝の時間であれば解決します。

 

早い時間に出社することで、通勤電車のストレスを軽減することができます。

 

朝は人が少なくストレスが少ない

通勤電車もですが、通勤経路も人が少なくストレスが少ないです。

 

朝の時間帯であれば、いつもは混み合っている道路や歩道も、のんびり歩くことができます。

 

特に東京は人口密度の最も高い国。狭い空間に大多数の人間が押し込められているので、普通に出勤するとストレスが溜まるのは当然です。

 

筆者はフレックスタイムなので、11時までに出社すればよいのですが、6~7時の時間の方が人が少ないので、ストレスを軽減することができます。

 

時間を作れたことで好きなことに集中できる

筆者はサラリーマンですが、ぶっちゃけやりたいことが多すぎます。

 

・IT系の勉強

・ピアノ

・歌

・英語学習

・デートの時間

・食べ歩き

・旅行

・ブログ

・読書

・ジム通い

 

物理的に、普通に出社して帰宅する生活では、このほとんどができません。

仕事で毎日、疲れてしまうからです。

 

週末も仕事疲れでダラダラして、気がついたら日曜の夜なんて悲劇になっていることが多いです。

 

そこで朝の時間を活用します。

 

朝であれば、運動しようが、勉強しようが、ブログを書こうが、何をしようが自由です。

 

週末にやろうと思っていても、だいたいゴロゴロしてしまう筆者は、平日の朝という時間を作ってこれらをやることにしてます。

 

また、朝は1日の中で最も集中できる時間です。

 

その日のうちにやるべきことを8割ほど片付けてしまえば、非常に気楽な気持ちで仕事に臨むことができます。

 

朝活をすることで、やらなきゃいけないことができないというストレスを軽減することができます。

朝活をするための3つのコツ

とにかく気が向いたらやる

冒頭でも書きましたが、朝活は無理に継続するのはストレスです。

 

やりたいこと、やらないといけないことがあるから、週に1度くらいはやってみる。

 

これくらいの気持ちでいいと思います。

 

朝活自体は別にやってもやらなくてもいいことですからね。

 

一度、実践してみて、自分に合うか合わないか確認してみるのもいいと思います。

 

そもそもやることがあるか考える

朝活自体が目的になってしまうと、本末転倒です。

 

筆者の場合、本業の仕事によってやりたいことができなくなっていたので、朝活で時間を作ろうという結論に至りました。

 

しかし、「なんとなく朝活ってかっこいい」と思って始めたとしても、やりたいことがなければ結局二度寝してしまいます。

 

朝活するのであれば、まずは自分のやりたいことを見つけるのが先です。

 

ブログを書きたい

映画を見たい

運動したい

勉強したい

 

なにをやりたいのか、明確になると朝活しようというモチベーションが継続しやすくなります。

 

高級ホテルのラウンジなどで朝活してみる

 

f:id:steveperry1373:20170921075133j:plain

朝活の際は、場所にもこだわりましょう。

 

例えば、筆者は今、ホテルのラウンジから執筆しています。

 

多少の出費は払いますが、ゆったりと朝食と紅茶を楽しみつつ、優雅にブログを書くのはとても心地が良いです。

 

一度、こういった体験をすると、またあの経験を味わいたいから朝活する、という風になりやすいです。

 

普段はドトールでもスタバでもファミレスでもいいですが、週に1回、月に1回は優雅にホテルで朝活してみると、効果が抜群です。

 

まとめ

 

筆者は朝活することで、人生が2倍になったような気持ちでいます。

 

本来であれば寝たり、グダグダしているだけで浪費していた時間を、スーツを着て優雅にブログを書いたり、勉強したりできるからです。

 

ぜひ、気が向いた時で良いので、朝活、試して見てください。

 

というわけでタクでした!