タクログ

タクログ

20代のITエンジニアが、知って得する「お金の知識」「心理学に基づいた考え方」を日々更新。趣味の「食レポ」や「英語の学習方法」もご紹介します。

【食レポ】シビレ混ぜそばがガチうま!新橋のランチなら肉そば「ごん」で決まり!

筆者は入社以来オフィスを転々としてます

 

 

 

去年の新卒の年は虎ノ門と豊洲、そして今年は日比谷と、2年のうちに3つのオフィスを行ったり来たりしてます

 

 

 

そんな中で気になるのが食事。幸運にもビジネス街である虎ノ門や日比谷で働いているので、オフィスの近くには美味しい店が転々としています。

 

 

今回は虎ノ門時代からなんども足を運ぶほどガチうまな肉そば「ごん」をご紹介します

 

肉にこだわる肉そば屋「ごん」のシビレ混ぜそばとは?

 

 

 さっそくオフィスから徒歩7分あるいて、お店に到着しました。ついたのは11:45分。この時間帯なら、待つことなくスムーズに店内には入れます。

 

12:00を過ぎると長蛇の列になるのでご注意

f:id:steveperry1373:20171116122210j:image

 

 

さっそく店内に入ると、カウンター10席ほどに4人テーブルが4〜5個となかなか広めです。職人さんがテキパキとそばをゆでている作業を眺めることができます

 

f:id:steveperry1373:20171116122422j:image

 

そんなわけで、ひさびさに来たのでお店のこだわりをチェック。カウンター席に食材へのこだわりがずらっと書いてあります

 

f:id:steveperry1373:20171116122631j:image

 

 全部材料が極上だそうです笑

自家製でこだわり抜いて作っている素材が大多数なのが、他の店舗との差でしょうか

 

 

 

「ごん」のメニューはシンプルです。肉そばかシビレ混ぜそば。

 

今回はシビレ混ぜそば「1200円(税込)」を注文しました。ちなみに注文は食券の前払い式です

 

f:id:steveperry1373:20171116122839j:image

 

みてくださいこの写真映え。

映りがすごいのは、卵の色味でしょうね。ノリやネギもシャキシャキしてコシがありそうです

 

ちなみに、店員さんが必ず食べ方を知っているか確認してくれます。味がいいことはもちろん、ホスピタリティで高評価のお店はなかなか珍しいです

 

 

ちなみにシビレ混ぜそばは上級者向けで、けっこう辛いです。辛さを3段階で選べますが、筆者は一番辛くないのにしました。それでも辛めです

 

テーブル席にすわってた4人くらいの女性グループがヒーヒーいってました。初心者なのに2段階目にしたようです笑

 

混ぜるとこんな感じ。唐辛子と山椒がミックスされてるので、そばを口にはこぶたびにピリピリっとシビレます。

 

これがたまらない。そして他の店舗ではなかなか味わえない食感です

 

f:id:steveperry1373:20171116123400j:image

 

 

ヤザワミートというブランド肉をつかっているのですが、ひき肉状の肉の味が口の中いっぱいに広がります

 

 

7割ほどたべたら口直しにごはんを投入します。またほんのすこしだけというちょうど良さ。店長の優しさが伝わって来ます 

f:id:steveperry1373:20171116123614j:image 

 

というわけで入店から20分ほどで退出。

 

ちなみに上級レベルの極上肉そばなど、他にもメニューがありますが、値段帯が1500〜2000円とちょいたかめ

 

まずは1200円で堪能できるシビレ混ぜそばを注文してみてください

 

店舗情報
肉そば ごん
03-5501-2938
東京都港区西新橋2-13-3 西新橋2丁目ビル 1F
https://tabelog.com/tokyo/A1308/A130802/13170622/