タクログ

タクログ

20代のITエンジニアが、知って得する「お金の知識」「心理学に基づいた考え方」を日々更新。趣味の「食レポ」や「英語の学習方法」もご紹介します。

ブログを書きつづけられない原因は「PV」「身バレ」「ネタ」?150記事以上ブログを書いた筆者が分析してみた

f:id:steveperry1373:20171125085348j:image

 

ブログって書くのは非常に大変です。

 

 

ほとんどの人は「ブログを書こう!」と思っても1ヶ月もつづかないという統計結果もありますし、実際にブログを書いているひとでも、毎日のようにブログを書くのはツラいという人もいるのではないでしょうか。

 

 

ブログを書き続けられる人は、いくつかの条件を満たさないといけません。

 

パソコン好きな人

インドアな人

書くことが好きな人

暇な時間がある人

 

よく、誰でもブログをかけば稼げる。という話をききますが、実生活でもアクティブで毎晩のみにいったり仕事がいそがしい人は、なかなかブログを書く時間をとれないですよね。

 

 

 

筆者はどちらかというとインドア派の人間です。つまり休日はできれば家で静かにすごしていたいと思う派です。だからこそ休日に時間ができるので、ブログを書くことができるわけです。

 

 

今回の記事をかこうと思ったのは、「ブログを継続して書く人は少ない」ということをあらためて認識しようと思ったからです。

 

 

なぜブログを書き続けられる人はこんなに少ないのだろうか

 

最近、ブログを書いていると、こんなことを思うようになりました。

 

 

 

「なんで成功しているブロガーは、クオリティの高い記事を量産して、たくさんの人にみてもらえるメディアを作れたんだろうか」

 

 

 

たとえばもともと芸能人の人がブログを書いたら、その記事が人気になるのはあたりまえです。(そうでない人も一部いますが。。)

 

 

 

それはすでに顔が売れていて、知名度があるからです。

 

 

 

つまり、その芸能人自身に興味があるひとがたくさんいるから、ブログを書いてもすぐに読者が増えるわけです。

 

 

一般人ブロガーが有名メディアを作るには?

 

では逆に一般人のブロガーはどうしたら、有名なメディアを作れるのでしょうか。

 

 

 

有名ブロガーの人の経歴を見ると、もともとは会社員だったりフリーターや学生だったり主婦だったり...それこそどんな人でもブログを書くことはできることがわかります。

 

 

 

もともと芸能活動をしていたとか、そういうわけではないですよね。ごく一般的に学生をして、仕事をして、中には結婚して子供もいて、という人もいます。

 

 

つまり、ブログを書くために必要なスキル、実績は必要ないわけです。ブログを書きたいと思ったら、誰でも好きなことを書いて言いわけです。

(アダルト系や消費者金融系など、NGなトピックもありますが)

 

 

ブログを書くには経歴は関係ない。じゃあなぜ書きつづけられる人とそうでない人がいるのか

 

 

ブログを書きはじめたとき、誰もがこんな悩みをもちます。

 

 

 

 

・ブログに書く内容が思いつかない

 

・読者がまったくいない。PVが少ない

 

・身バレがこわい

 

・時間をつかってかいたのにお金にならないのがいやだ

 

・1記事に30分〜1時間も使うのがだるい

 

・実生活での予定がいそがしくて、ブログを書く気になれない

 

 

 

おそらく、これらのどれかに当てはまっているからブログを書くことができなくなってしまっているわけです。

 

 

筆者の場合、ブログを書き始めて50記事目までは、PVがすくなかったり、身バレが怖いという理由で、なかなかブログを書けないでいました。

 

 

 

本業はサラリーマンですから、あまりに誹謗中傷される記事をかいたり、会社の悪い面などを書いたりするのは、本業を失うリスクがあるわけです。

 

 

 

また、会社の人にブログを書いているのがバレて、「おまえ、仕事もできてないのでに何ブログ書いてんだよ」みたいなことをいわれるのも嫌でした。

 

 

 

そのため、書きたい記事があってもなかなかブログに書けないといった状態になっていました。

 

 

 

身バレは気にしなくていい

 

 

 

しかし、50記事以上かくと、こんなことを思うようになります。

 

 

 

「想像以上にだれも読んでくれない」

 

 

 

つまり、普通の人がブログを50記事かいた程度では、興味をもってくれる人は少ないということです。

 

 

そのため、もっと自分がブログを書いていることを広めようと、会社の中でブログ書いてます。と自分から言うようになりましたw

 

 

 

すると「へえ〜ブログ書いてんだ!探してみるわ」と興味は持ってくれます。しかし実際には、わざわざ会社の人が書いたブログを探しにくるほど暇な人はいません。

 

 

 

このとき、身バレを気にする必要がないことに気づきました。そもそも自分に興味をもっている人は少ないのだから、自由に思いのまま書いても文句も言われないし、気づかないだろう。ということに気づいたのです。

 

 

 

100記事超えたあたりでネタがなくなる

 

 

 

さて、ブログを書いても身バレを意識しなくなった筆者ですが、50記事超えたあたりからブログに書くネタがなくなりはじめました。

 

 

 

もともとはお金や学歴を得る方法について書いていたのですが、100記事も書けばだいたいのことは書き尽くしてしまいます。

 

 

 

また、このころからライバルブロガーを意識しだしました。つまり他のお金系ブログでは、自分より詳しいことをすでに書かれている、と言うことにきずきはじめたわけです。

 

 

 

学歴もそうですが、東大の大学院に進学したブロガーは多くないにしても他にもたくさんいます。100記事程度かく中で、言いたいことやノウハウはだし尽くしてしまったわけです。

 

 

 

そうなるとブログに書くネタがない。食レポや読んだほんのレビューを書いてみますが、これは実際にインプットをする必要があり、もともと知っている知識をアウトプットするよりも時間がかかります。

 

 

なので100記事超えたあたりで、更新頻度がガクッと落ちました。すると今までは1日1記事のペースでかけていたのに、2日、3日で1記事とだんだん更新頻度がおちてきたことが目に見えてわかるようになります。

 

 

 

当然、更新頻度が下がると、PVも減少するので100記事超えたあたりがモチベーションを保つのが大変になりました。

 

 

 

100記事書きつづけると、大きな自信になる

 

 

そこで考え方をおおきく変えることにしました。

 

 

本業でサラリーマンをして、土日はガンガン遊んでいるのに100記事も書けたんだから、ブログを書く才能があるんだろう

 

 

 

そう、つまりポジティブな考え方に変えてみたわけです。

 

 

 

本来のブログの才能がある人とは、少ない記事数で多くの読者がいて、PVが10万を超えるような人気メディアを作れる人、という思い込みをしていました。

 

 

 

しかし、単純計算で、1記事1時間かかるとしたら、100記事書くのは100時間かかります。実際には編集やらインプットやらでもっとかかっているはず。

 

 

そんな時間をパソコンの前でカタカタと飽きずにできたのだから、ブログを書くための基礎体力は十分にあるのだと思うようになりました。

 

 

 

そう考えると、更新頻度が下がっても気にならなくなりました。つまり書くことが好きなんだとこのとき実感したわけです。

 

 

 

有名ブロガーの立花岳志さんも、何年も日記ブログを書くなどの下積みをへて月間160万PVもの人気メディアを作られています。

 

 

 

もともと書くのが好き。そして、文章で自分の意思を伝えるのが好きな人だから、100記事以上のブログをかけた。そう思うようになると、更新頻度が落ちたことを意識しなくなってきたのです。

 

 

 

 

気がついたら150記事以上書いていた

 

 

そんなわけで、2017年の4月からはじめたブログですが、気がついたら180記事以上書いています。

 

 

 

プロ野球でいえば200勝投手ならぬ、200記事ブロガーとなるわけです。

 

 

内容はさておき、ここまでブログに時間を使えたのは、文章を書くことが好き、という1言につきます。

 

 

 

何かを自分で作りたい、影響を与えたいという欲望も大事

 

 

そして最後に、自分が作りだしたもので、誰かに影響を与えたい、という欲望が人一倍強いというのも、ブログを書き続けられている理由の一つです。

 

 

学生の頃から、ミュージシャン、俳優など、表舞台に立って活躍したいと思ってきました。それは誰かに影響を与えられる人間になりたい、と強く思っていたからです。

 

 

 

方法は違えど、ブログは文章を通じて読者に影響を与えるもの。少なからず、ブログにコメントをいただく機会も増え、着実にPVも増えてきました。

 

 

 

「せっかく生まれてきたのだから、誰かの役に立ちたい」

 

 

 

綺麗ごとではありますが、この動機を忘れずにブログを続けていこうと思います。

 

 

 

まとめ

 

 

三ヶ月で10万円稼ぐ

 

ブログを書いて不労所得

 

ブログで独立して悠々自適な生活

 

 

当然、このような目的を持ってはじめたのですが、実際に実現するのはなかなか大変です。

 

 

ブロガーの中でも、このような結果を出せている人はごくごく少数なのではないでしょうか。

 

 

今回のブログでは、お金を稼いだりはできていないけど、150記事以上もの記事を書き続けることができた筆者の、ブログを継続する考え方をご紹介しました。

 

 

 

ブログに限らず、趣味でも仕事でも、継続できる人が最後には勝つと思っています。

 

 

ブログを書きはじめたばかりの方、数記事を書いてみたけど結果が出ないと嘆いている方に少しでも参考になればと思います。

 

 

 

ブログを書くきっかけになったのはMacBookAirを購入してから。

 

開いたらすぐに利用できるので、書きたいときにかける上に、軽いのでもちはこびに便利です。

Proを買う必要はありませんし、中古のものであれば5万〜6万円で購入できます。