タクログ

タクログ

20代のITエンジニアが、知って得する「お金の知識」「心理学に基づいた考え方」を日々更新。趣味の「食レポ」や「英語の学習方法」もご紹介します。

【ニュース】喫煙者の勤務時間の休憩は罰せられる?会社が休憩時間を増やせばすむと思った話

 f:id:steveperry1373:20171201074206j:plain

toyokeizai.net

 

こんな記事がありました。

 

 

 

タバコの喫煙には賛否両論ありますよね。筆者はまったく吸わない上、路上であるきタバコをした人をみかけると通報したくなるほど、マナー違反の喫煙者は嫌いです。

 

 

とはいえ、市販されている嗜好品をマナーを守って吸う分にはなんの問題もないと思っています。

 

 

 

こちらの記事では喫煙者の休憩時間が、非喫煙者よりも多いのは不公平だ、という主張です。しかし非喫煙者であっても、十分な休憩時間があれば問題ないのではとおもいます。

 

 

 

むしろ、勤務時間に休憩はするな、という企業側の言い分のほうがどうかと思います。タバコ云々に関係なく、勤務時間中であっても十分な休憩時間をとれるようにすべきだと思います。

 

 

 

記事の中では、喫煙者を雇わない企業や、非喫煙者に有給を提供する企業など、企業ごとに不公平感をなくそうとする取り組みをしています。

 

 

 

とはいえ、このような一時的な対策をするよりも、喫煙者も非喫煙者も自由に休憩をとれるような制度を取り入れればいいのではと思います。

 

 

 

仕事が大好きで、バリバリ働きたい人もいれば、適度に働きたい人、やる気のない人など、会社には様々な社員がいます。

 

 

 

喫煙者は雇わないとか、喫煙者に罰則を、とルールをとりきめるというのは簡単です。しかし、そもそも喫煙のようなささいな事でニュースのトップ記事になるほど、豊かな日本なのですから、喫煙者にも、非喫煙者にも配慮すればいいのではと思います。

 

 

 

喫煙者の方が嫌われるのは、非喫煙者に副流煙や口臭、体臭によって悪影響を与えるからです。

 

 

まずはIQOSにきりかえて、非喫煙者に配慮した喫煙スタイルにしてみましょう。

 

 

 

IQOSはこちら。