タクログ

タクログ

20代のITエンジニアが、知って得する「お金の知識」「心理学に基づいた考え方」を日々更新。趣味の「食レポ」や「英語の学習方法」もご紹介します。

本を買うけど読まないなら売ろう!ブックオフよりamazonがオススメ

f:id:steveperry1373:20171217203721j:plain

本を買ってから1週間たって、一度も開かなかった本は売りましょう。ブックオフでは1000円以上で売れる本も一冊10円しか売れなかったりするので、amazonで売りましょう。

 

 

本を読むひとって非常に少ないですよね。積極的にブログを読んだり書いたりするような人は比較的、読書量も多いかと思いますが、月に一冊以上、まともに読書する人は、どのくらいいるのでしょうか。

 

 

 

以下の記事では、お金持ちと貧乏人の生活習慣に着目しています。もっとも顕著に貧乏人と差がでたのは、読書量が圧倒的にちがうということです。なんと38倍もの差があります。

 

media.yucasee.jp

 

 

筆者は読書の習慣を非常に大切にしているのですが、一点だけ残念な点があります。それは仕事をはじめてから読書量が圧倒的に減ったことです。学生時代よりも金銭的に余裕がでたのに、なぜ読書量が圧倒的に減ってしまったのでしょうか。

 

 

 

 

 

 

本を買っても読まないなら売れ!

時間がないサラリーマン

 

学生と社会人の最大の違いはただ一つ、時間がないということです。

 

 

1500円〜3000円の本をポンっと購入することはできても、残業で疲れたあとに気合を入れて読書できる人間など、一握りしかいません。

 

 

 

筆者は1万円ちかく本をまとめ買いしても、7割以上の本は表紙を開いただけで荷物になってしまいます。

 

 

 

社会人は「どうやって読書の時間を作るか」を本気で考えることが必要です。逆にいえば時間をつくってまで読みたいと思わない本は速攻で売るべきです。

読書を習慣化するための方法はただ一つ

 

読書を習慣化する秘訣は一つだけあります。それは読書の優先順位を上位にもってくること。

 

 

仕事、食事、家事、会食、デート、遊び、ネットサーフィン、テレビ、音楽鑑賞、睡眠などなど、人間にはやらないといけないことが山ほどあります。

 

 

意識的に読書の優先順位を上位にしましょう。朝起きた瞬間や、通勤時間に10分でも20分でも読書すれば、十分に本を読むことができます。

 

 

読みたい本なら読む時間を作るのが社会人。読めない本は売って次の本の購入資金にしましょう。

 

 

読書には損きりが大切。1週間の間で開いて、つまらなければ売れ

 

相性が悪い本というのも存在します。書き方がヘタ。読むべき時期でない本。読者のレベルでは理解できない本など。大量に読書するときにどうしても読めない本がでてきます。

 

 

本も株式投資と一緒で損きりが大切。相性が悪い本は購入してから1週間したら速攻で売りましょう。

 

 

Amazonさんが提供している「マーケットプレイス」というサービスを使えば、無料で本を売ることができます。筆者はいままでに2000冊の本を売りましたが、慣れてしまえば簡単なものです。

 

Amazon.co.jp ヘルプ: Amazonマーケットプレイスでの注文

 

 

人生は短い。読めない本に時間を使うのは無駄

人生は短いです。健康で楽しく生きられる時間は限られています。苦しんで読んだ難解な本が、人生に役立つわけではありません。

 

 

恋愛と一緒です。一目惚れした本であっても、読んでいるうちに何か相性が悪いな、と気づく経験があるはずです。それは「相性が悪かった」と思うべきです。

 

 

「せっかく高いお金をはらったんだから」と思うと、売ったり捨てたりできなくなります。サンクコストといって、支払ったお金が増えれば増えるほど、手放したくなくなってしまうからです。

 

kotobank.jp

 

 

読まない本は紙ゴミです。ささっと売って、次の本を買うための資金にしましょう。

 

 

なぜ1週間で売る必要があるのか

本の価値は、書店に売り出された瞬間がピークです。時間がたてばたつほど、価格が下がってしまいます。

 

 

一ヶ月もすれば1500円で買った本は1000円程度にまで下がり、三ヶ月もすると供給過多の本は1円になってしまいます。

 

 

 

だからこそ、1週間で読めないと思ったら売る。これを意識してみてください。すぐに本を売れば100円〜300円で新書を読むことができます。

 

 

 

まとめ

 

行動を早めましょう。本は買ったその日のうちに一度開きましょう。1週間たって1度も開いていない本は捨てましょう。

 

 

理想は買ったその日に読みきること。 情報は新鮮だからこそ価値があります。1秒単位で情報が更新される時代にトロトロしていたらほとんどの知識は時代遅れになります。

 

 

時間は有限です。効率的に時間を使いたい方はこちらの本を読んでみてください。

 

 

本の紹介記事はこちらです。(本ブログからも数名の購入者がおります。)

 

www.takumoney.com