タクログ

シンプル都心ライフ

シンプルライフに憧れるけれど、都心の生活も満喫したい。そんな欲張りな20代男のシンプル都心ライフ中心のブログです。

サラリーマン2年目の20代が考える、会社に入るまでに身につけておきたい3つのこと

f:id:steveperry1373:20171220214920j:plain

サラリーマン生活2年目。20代も後半にさしかかり、最近では後輩の面倒をみることもふえてきたタクです。

 

サラリーマンになると生活の8〜9割はしごとに時間をささげることになります。すると同じような生活を繰り返し、あっというまに時間がすぎてしまいますね。

 

サラリーマン生活と並行して、今年はブロガーとしてブログをかくことにも挑戦しています。

 

仕事にプライベートにブログに趣味に、時間がほしいと考えている状態です。

  

そんな筆者がかんがえる、時間がないサラリーマンが会社に入るまえにやっておいたほうがよかったことをまとめてみました。

 

 

 

 

サラリーマンになるまでにこれだけはやっておこう!と思うこと

生きていくための理解力、読解力をつける

サラリーマンになる前に、理解力、読解力はマストで高めておく必要があります。

 

サラリーマンになってから仕事用の研修がたくさんありました。しかし、どんなに良い講師が講義をしても、理解力のない人におしえることはできません。

 

偏差値30の生徒には、進学校の担任をしている東大卒の先生は相性がわるいのと同じことです。

 

偏差値30の生徒には、まずはカウンセラーが必要なのです。そもそも勉強できる環境で育っていない可能性が高いので。

 

読解力もおなじく重要です。おなじテキストを読んでいるのにスラスラ理解できるひとと、行間を説明しないと理解できない人に分かれるからです。

 

筆者はどちらも平凡な能力なので、他の優秀な動機と学習能力に差ができるのが非常にツラかったです。

 

しかし問題は、理解力も読解力も長年のつみかさねで成熟するもの。大人になってから難しい本を読んだりことばの学習をしても、理解力、読解力はのびにくいです。

 

もし読者の方がまだ時間があるのなら、ブログでも新聞でも良いですので、ものを読む経験をすこしでも積みましょう。

 

こどものころから読書などを習慣にしてきた人には勝てませんが、過去の自分の理解力、読解力には勝てるはずです。

すぐに行動できるフットワーク力

新しい知識を学んだら、まずは実践してみましょう。

 

サラリーマンになると、素直な人とひねくれた人に真っ二つにわかれます。

 

ひねくれた人は損しかしません。周囲のアドバイスを、自分の経験してきたちっぽけな価値観や考え方で無視してしまうからです。

 

仕事ができないのに、上司のアドバイスを完全に無視する人は、なかなかのびていきません。

 

1円も副業でかせいだことがない人は、月に100万円をかせぐとか、秒速で稼ぐと豪語する人をバカにできないわけです。

 

1円も副業で稼いでいない人が、サラリーマンとしてまじめに働いて給与を得るのが正しい、といってはいけないのです。

 

稼ぎたい、と思ったらうさんくさいこともやってみるくらいがちょうどいいです。 

 

バカ真面目に素直になれば、失敗も増えます。しかし、成功する可能性もでてきます。

 

変に知識をつけて何一つ行動しない自分を正当化するような頭でっかちな人にならないようにしたいですね。これは筆者も深く反省しているところですが笑

 

友達よりも大切な趣味をつくる

サラリーマンになると、学生時代に付き合っていた人たちと疎遠になります。

 

サラリーマンでなくとも、学校や職場が変わればいままでの人との付き合いはなくなり、新しい関係をつくります。

 

筆者は大変幸運なことに、中学時代の友達といまだによく遊んでいます。

 

しかし小学校、高校、大学、大学院、会社と、すべて違う場所ですごした筆者にとって、環境が変われば人付き合いも変わるのは当たり前だと思っています。

 

そんなときに一人でもできる趣味があると、自分の時間を有意義にすごすことができます。

 

筆者はカラオケ、ピアノ、文章をかくこと、食べ歩きや散歩など、ひとりでも十分にたのしめる趣味がたくさんあります。

 

つまり友達と会う時間が減っても、孤独を感じない生き方ができればいいわけです。

 

サラリーマンになってから、新しく趣味ができる人はマレです。

 

大抵は仕事で疲れて、あたらしい趣味をやる気力はありません。

 

時間があるうちに、一人でもできる趣味を見つけましょう。人生の充実度が全く異なります。サラリーマンになったら忙しすぎて趣味なんか探せません。

まとめ

時間があるうちにやっておきたいことは以下の3つです。

 

・読解力、理解力をつける

・フットワーク軽く、すぐに行動する力をつける

・1人でもできる趣味をみつける

 

読解力、理解力は生きていくために必要です。たとえばブログで有益な情報を知っても、それを理解できなければ意味がありません。

 

フットワークが軽くないと、成長スピードが段違いに遅くなります。年末になって、去年とおんなじつまらない1年だった、となげくことになります。

 

1人でもできる趣味がないと社会人になってから孤独になりがちでストレスに負けてしまいます。友達やパートナーはいつも都合よく側にいるわけじゃありません。

 

今回は、サラリーマンになって時間がなくなる前にやっておきたいことをご紹介しました。