タクログ

シンプル都心ライフ

シンプルライフに憧れるけれど、都心の生活も満喫したい。そんな欲張りな20代男のシンプル都心ライフ中心のブログです。

都心に住むなら家賃が心配。家賃10万円の部屋にすむには年収いくら必要?

f:id:steveperry1373:20180112201140j:plain

一人暮らしの方であれば就職で上京する人も多いですよね。都心ライフに憧れている方も多いと思いますが、実際には家賃が高くてあきらめてしまう方も多いですよね。

 

もちろん住みたい場所として有名な都心であっても、家賃が5万円くらいのリーズナブルな物件も多々あります。しかし逆にいうと、お買い得物件は破格の値段であっても借りてがいないくらいボロ物件だったり、駅まで遠かったり、過去の住民に問題ありの物件ということが多いです。

 

逆にいえば、家賃10万円程度までだすことができれば、最低限満足のいく設備が整っている部屋を借りることができます。

 

とはいえ、東京の一人暮らしの平均家賃は7万円強と言われている中で、家賃10万円の賃貸にすむのはなかなか大変です。

 

今回は、都心で一人暮らしを考えているけど、ちゃんとした10万円程度の家賃のワンルーム、1Kのマンションに住みたいという方向けに、月収いくらあれば家賃10万円の生活でも問題なく暮らせるか書いて行きます。

 

なお筆者は家賃約10万円の物件に2年間住んでいますので、一人暮らしで感じた実体験を書いて行きます。

 

 

都心でクラスなら家賃10万円は必要?家賃10万円のマンションを借りるために必要な月収は?

 

家賃は年収によって変わる。適正では年収500万円以上必要。

 

こちらのサイトが参考になりますが、家賃10万円程度のマンションを借りるには年収450万円〜500万円が目安となります。

www.zerorenovation.com

 

家賃10万円を12ヶ月とすると、年間120万円は無条件でなくなります。だいたい年収の8割が手取りと計算すると、年収450万円〜500万円というのは、手取りで360万円〜400万円という計算になります。

 

またサラリーマンやOLの方は、年収の一部はボーナス支給です。仮に手取りで年間120万円のボーナスが出たと仮定すると、年収450万円の人は、年間手取り360万円のうち、240万円が給与ということになります。

 

なので単純計算で月給手取り20万円。年収450万円の人といえども、月の手取りは20万円程度ということになります。

 

すると家賃10万円の割合はなんと5割!!毎月10万円の生活費というのはかなり厳しいですよね。

 

実際には推定年収400万円でも借りることはできる。

 

このように家賃10万円を借りるのは、かなり厳しいといえます。しかし、ボーナスも含めば問題なく生活できることがわかります。

 

たとえば年収450万円ですと、年間手取りは360万円。月手取り30万円ということになります。月30万円あれば家賃10万円といえども割合で3分の1程度ですから、家賃10万円であっても十分に生活することができます。

 

筆者は入社前に家賃10万円の物件を契約したのですが、推定年収400万円と記載して問題なく賃貸の審査はとおりました。年収400万円であったとしても年間手取り320万円。月の手取り26万円程度あれば、家賃10万円であったとしても十分に暮らしていけるということでしょう。

 

家賃10万円ではどのような物件にすめるの?

都心ライフであれば新宿区近辺はオススメです。西新宿であれば、家賃10万円であれば、1Kで25m2〜30m2の新築マンションを契約できます。

 

築年数よりも広さをとのことでしたら、新宿区では高田馬場や落合の物件だと2DKなど40m2を超える物件もあります。

 

筆者は神楽坂の20〜25m2と多少狭い部屋ですが、どこに行くにもアクセスがいいです。多少せまいといってもシングルベッドもソファもテレビ台もキーボードもあります。一人暮らしには十分な広さです。

 

年収400万円で家賃10万円の部屋にすむとどんな生活になるの?

住みはじめた当初は家賃10万なんてなんて高い物件を契約しちゃったんだと思いましたが、実際には結構余裕がありました。

 

外食を週5でしても、エアコンや風呂、室内乾燥機をガンガン使っても、国内旅行に頻繁に言っても年間80〜100万円の貯金ができるくらいの余裕があります。

 

年収400万円の適正家賃は8.3万円とのことですが、家賃10万円の賃貸に住んでも案外余裕はあるということがわかりました。

 

よっぽど趣味やファッションにお金を使いたい!という方でなければ年収400万円であっても家賃10万円の賃貸に住んで都心ライフを満喫できるということです。

 

まとめ。家賃10万円のマンションに済むには年収400万円あれば大丈夫。

都心ライフを送る上で住む家は非常に重要です。年収400万円あれば都心の家賃10万円の部屋に住めます。

 

年収400万円もないという20代の若手の方は、まずは家賃8万円程度の物件を探して見ましょう。家賃10万円をだせなくても8万円ほどで借りられる物件もちらほらあります。

 

もっと貯金をしたい!趣味にガンガンお金を使いたい!という人は、都心までアクセスの良い家賃6〜7万円の場所に住むのも一つの手です。しかし人生1度しかない20代の若い時代を都心で過ごすのは大変価値があることだと筆者は思います。

 

これから一人暮らしを考えている人、都心から離れた場所に住んでいるけど都心ライフをおくってみたいという方は、ぜひ都心の物件を探して見てください!

 

ちなみに都心でオススメの場所はこちらも参考にしてくださいね!

www.takumoney.com

 

www.takumoney.com

 

家賃10万円を払うなら、都心のマンションがオススメです。

www.takumoney.com