タクログ

シンプル都心ライフ

シンプルライフに憧れるけれど、都心の生活も満喫したい。そんな欲張りな20代男のシンプル都心ライフ中心のブログです。

ネットサーフィンは時間の無駄?無料の情報で年収を400万円あげた方法とは

f:id:steveperry1373:20180207191246j:image

ネットサーフィン(インターネットやスマートフォンでダラダラと意味もなく情報に触れること)は悪いものと捉えられがちですよね。

 

一昔前はゲームは悪いものとして捉えられていました。今ではゲーム実況で数億円を稼ぐyoutuberの出現や、ゲーマーという職業ができたことで、だいぶんゲームに対する見方がかわりました。

 

筆者の意見では、ネットサーフィンはお金を稼ぐために必要な情報を得られるので、むしろガンガンやるべきだと思っています。

 

そこで今回は筆者が実際にインターネットで無料で得た情報を元に、年収を400万円増やしたストーリを簡単にご紹介します。

 

 

 

年収は400万円も上がる?ネットサーフィンを駆使して年収を上げる方法とは?

 

ネットサーフィンで無料の情報を得るには、あの某有名サイトがオススメ?

 

筆者は20歳の頃、偏差値50の大学に通っていました。当時はまだインターネットを使いこなせておらず、10万円もするうさんくさいセミナーに通ってしまったり、2chやニコニコ動画をみてはぼーっと時間を無駄にしてばかりでした。

 

大学も半年間にわたってサボるようになり、留年が確定して両親を泣かせた親不孝者でした。まさに人生は八方ふさがり。彼女もおらず実家でダラダラとネットサーフィンをしたり、近くの土手沿いを2時間も3時間も散歩したりしてたのです。まさに時間の浪費でした。

 

しかし人生とはわからないもので、半年間にわたってダラダラした結果、2ch(現在は5chですが)の学歴版というページをたまたま見つけます。これが筆者の人生のターニングポイントとなります。そこで学歴は大学院で東大に行けばいい、というコメントに目がとまりました。

 

つまり筆者は実は2chの掲示板を読んで、初めて東大にいけるかも、という情報を知ったのです。20歳の頃でした。

 

2chは無駄な書き込みが多いと思われがちです。実際に脚色や嘘の情報も混在していますが、そのぶん、とてつもなく有益な情報をたれながす人もいるのです。

 

ネットサーフィンで体系的に情報を得るには、キーワード検索を駆使する

筆者はネットサーフィンで得た情報を元に、「東大」「大学院」というキーワードで検索をかけてみました。すると数は少ないながらも大学院から東大に行った人のブログを無料で見ることができることを知りました。

 

さらに有益な情報はブログにまとまっていることを知ったので、「東大」「大学院」「ブログ」「まとめ」など、キーワードをどんどん増やしていきました。

 

無料で公開されている情報といっても質の高い情報も数多く存在します。たとえば、東大の大学院に行くためには、以下の条件が必要であることを学びました。もちろんすべて無料です。

 

・大学院受験は大学受験とは異なり、国立大学でも複数校受験できる

 

・大学院受験は、同じ大学の別の学科を並行して受験できる。

例)東大情報学大学院、東大物理学大学院、東大新領域大学院の並行受験など。

 

・英語は必須でTOEFL(TOEICの難しい版)の受験が必須だが、レベルとしてはTOEIC600点以上あればよく、アドバンテージのためには800点以上のレベルだと安心。

 

・志望する大学院には、教授、准教授にあらかじめメールで訪問依頼をすることができる。そして、在学中の大学院の学生から、大学院受験対策に使用した過去問や、参考書や本をもらえる。

 

・東大大学院を修了した後の進学先は、すべてホームページに掲載されているので、志望する就職先に進んでいる人の多い学科を狙う。

 

このように、キーワード検索を駆使して情報を得ることで、普通に生活しているだけでは得られない情報をネットサーフィンをすることで無料で得ることができるのです。決して有料の情報商材などを購入する必要はないです。

 

就活においても、ネットサーフィンの効果は絶大。

 

筆者は2チャンネルやvorkersなどの転職さいと、みんなの就活、Twitterなど様々な情報をネットサーフィンして手に入れました

 

もちろん時間がかかりますし、ほんとに運のいいひとは親族の中に入社したい会社にコネがあったりと別ルート枠がありますが、一般人にとってはまさに就活は情報戦です

 

説明会の予約もOB訪問の連絡も、仮にポータブル式のパソコンやiphoneをもっていなければそうとう苦戦したはずです

 

就活という一大イベントにおいても!ネットサーフィンは大いに役立つのです

 

結果的に筆者は、中堅大学を1回留年している状態で就職活動したら、本当に運が良くとも年収400万円前後の会社にしか採用されなかったレベルでした。しかし東大の大学院に進学したことで、平均年収が800万円を超える企業で働く機会に恵まれました。

 

ネットサーフィンをしたことで年収が400万円も上がったのです。

 

まとめ。インターネットは使いこなせれば超優秀。youtuberもいいけど、意識的に検索してみましょう

 

何事もそうですが、ものごとには良い面もあれば悪い面もあります。

 

ネットサーフィンが悪とされるのは、暇つぶしのための芸能人のゴシップ記事や、質の低い記事、人生に必要のないニュースなどをダラダラみることにあります

 

とはいえ筆者もネットサーフィンが好きで、大学を半年間サボっていた時期は毎日4〜5時間もダラダラと時間を無駄にしてました

 

しかし、そのときたまたま大学院進学のスレッドに出会ったのです。そこからはすでに東大に進学した方の個人ブログを読みあさり、実際に質問したりして情報収集しました

 

ネットサーフィンをしていなければ、東大の大学院に進学していなかったはずです

 

もちろん、ただ無意識にネットサーフィンするのは時間の無駄になりやすいですが、目的をもって情報を検索すれば、必ず有益な情報に出会うはずです

 

ぜひ、目的意識をもってネットサーフィンをしてみてくださいね!