タクログ

シンプル都心ライフ

シンプルライフに憧れるけれど、都心の生活も満喫したい。そんな欲張りな20代男のシンプル都心ライフ中心のブログです。

ドイツの高級ティーカップ 「マイセン」をてにいれた!リーズナブルで最高におしゃれでおすすめ!

さて今回は買ってみたシリーズ。銀座に行って気になっていたマイセンのティーカップを買ってきました

 

普段から長く使うものにはお金をかけると言う主義の私ですが、実は筆者は5年以上ずっと毎日ココアを飲んでいます

 

もう習慣化されていて、いつもは百均で買った大きめのマグカップで飲んでいるんですが、せっかくならちょっといいカップでココアを飲んでみたいということで、マイセンのティーカップ、買っちゃいました。ちなみに「波の戯れ(たわむれ)」という商品です

 

男性女性問わず、シンプルでめちゃめちゃお勧めです。プレゼントにもそこまで高額でないのでよければ試してください

 

銀座の高級洋食器専門店「ル・ノーブル」で、マイセンのティーカップを買ってきたまとめ

マイセンのティーカップはシンプルだけど、おしゃれでおすすめ! 

こちらが今回買った、マイセンのティーカップです。シンプルですが、形がちょっと特徴的で面白いと思って買いました

f:id:steveperry1373:20180212205440j:image

 

マイセンと言うのはドイツのある地区の名称ですが、300年以上前から続く、伝統のあるティーカップショップです。ようはドイツの老舗の高級ティーカップブランドです。

 

マイセンのティーカップはAmazonからも購入できます

高いものは軽く数十〜百万円もしてしまいますが、こちらの「波の戯れ」と言うティーカップは定価10,000円ちょっとで売られています

 

そして、今はなんとセール中でしたので、筆者は銀座の高級洋食器店「ル・ノーブル」でマイセンの「波の戯れ」を買ってきました!税込8,640円でした。これはお得です

 

マイセンのロゴは、2つのブルーのつるぎがおしゃれ!シンプルながら歴史を感じさせる洗練された感がとても良い

 

マイセンはブランドロゴが青色の剣です。こちらのようにティーカップとソーサーの下の部分にロゴが入っています

f:id:steveperry1373:20180212205443j:image

高級ブランドですと、ゴテゴテにブランドアピールしているものが多いですが、これくらい目立たないところにちょこっとブランドロゴがあるのがマイセンのいいところです。

 

逆に、より優雅なイメージが欲しい方は、花柄や黄金の輝きなど目立つものがおすすめです。

 

マイセンの波の戯れは、見た通りとてもシンプルです。とは言え、シンプルすぎると百均で売ってるティーカップと変わらなくなってしまいますよね

 

マイセンの波の戯れのオススメポイントは、シンプルなホワイトの色合いながら、デザインが波のようにうねっていて、かつ普段見えない場所にちょこっとブランドロゴが付いていることです。静かながらも存在感を発揮していてとても好きです

 

このデザインなら、男女問わず、オールマイティーに好かれそうなティーカップですよね。年齢も若い方でもお世話になった両親などへのちょっとしたプレゼントにも外しません

 

マイセンのティーカップはAmazonからも購入できます

マイセンの「波の戯れ」を使って、早速いつも飲んでるココアを入れてみた。やはり入れ物は大事だ

 f:id:steveperry1373:20180212205451j:image

というわけで、筆者は早速いつも作っているココアをマイセンの波の戯れに入れてみました

 

こんな感じです。やはりなかなか様になりますね。ちょっとココアが濡れてにごっちゃってますが笑

 

ちなみに、マイセンの波の戯れは手に持つと程よい重さ加減。そして薄いながらも、とても頑丈な作りをしているので、筆者のようにガサツな人でもオススメです

 

これが高級なティーカップなんですね。百均のマグカップを 5年間使っていたので、これはすごくいいなと感心しました!

 

ちなみにこちらの波の戯れは、筆者はティーカップと言っていますが、実際にはコーヒーを入れて飲むのがメインだそうです。

 

コーヒー好きの方も、ぜひマイセンの波の戯れを買って、いつもとは一味違う優雅な雰囲気を味わってみてはいかがでしょうか

 

マイセンのティーカップは、ネットから購入しても、割引となっています。

銀座の高級洋食器専門店「ル・ノーブル」は、高級ティーカップのセレクトショップ。最高級のエルメスのマグカップも迷った

今回、筆者が訪れた銀座の「ル・ノーブル」一流のブランドの食器類が並ぶセレクトショップです。まずは手にとってみたいという方はネットで購入するまえにこちらに足を運んでみてください

 

輸入ブランド洋食器専門店 ル・ノーブル - ウェッジウッド(ウエッジウッド),リチャードジノリ,バカラ,マイセン,ヘレンド等を販売

 

さて、筆者はドイツのマイセンのテーカップを買ってめちゃめちゃテンション上がっていますが、実はギリギリまで迷ったマグカップがあります

 

それがこちら。エルメスのマグカップです。筆者はネイビーがとても好きなので、デザインにめちゃめちゃ惹かれました

 

エルメスもマグカップを出しているのを初めて知りました。元スマップの稲垣吾郎さんがブログにあげていたエルメスのマグカップも「ル・ノーブル」で売ってました

 

 

筆者はかなりの量のココアを飲むので、マグカップの容量も大きいのがいいかなとも思いました。

 

ただ、今回はこのエルメスではなくマイセンを買うことにしました。やはりエルメスは革製品では一流も一流の最高級ブランドですが、ティーカップは洋食器専門ブランドを購入すべきと思ったからです

 

高級ブランドと言うのは、必ずそのブランドの特徴があります。エルメスは、革製品であるバックや財布がめちゃめちゃ有名ですよね

 

女性の方であれば、ティファニーのティーカップがオススメです。色味も緑をベースとして、とても華やかです。

 

ティファニーのティーカップはリーズナブルなのがおすすめ。こちらは2つ入りですが、1つでなら5000円〜6000円で購入できます。

 

ちなみに、筆者のようにティーカップの老舗を選ぶならば、ドイツのマイセンに加えて、イギリスのウェッジウッド、デンマークのロイヤルコペンハーゲンがオススメです

 

ただ、男性にとってはウェッジウッド、ロイヤルコペンハーゲンは花柄が多いので、使いにくいと思います。シンプルさを追求するならドイツのマイセンがオススメ。特に波の戯れはシンプルでいいです

 

まとめ、マイセンのティーカップはシンプルかつお洒落で最高に良い。値段もリーズナブルなので、銀座に寄った際はぜひ買うべき 

正直、筆者は一人暮らしを始めてから、家の食器はすべて実家から持ってきたものです。ですのでほとんど百均です

 

ただ、高級ホテルに行くたびに、どんなティーカップを使っているのかみると、やはり老舗のティーカップが多いことを知りました。日本の五つ星ホテルでは、今回のような高級洋食器よりは、日本の伝統的なノリタケや、ニッコーなどのブランドが使われています

 

このように高級ティーカップといえど、たくさんの種類があります。まずは今回の記事でご紹介したブランドで、ネットでいろいろ見た上で、店頭に足を運んでください!