タクログ

シンプル都心ライフ

シンプルライフに憧れるけれど、都心の生活も満喫したい。そんな欲張りな20代男のシンプル都心ライフ中心のブログです。

5つ星ホテル、ミシュランのお店に行ってわかった、満足度の高いお金の使い方とは

 

f:id:steveperry1373:20180218102747j:plain

 

先日、東京都文京区にある、東京ドームのスパラクーアに行ってきました。普段は2500円くらいするのですが、優待を使うことで1200円で入れました。

 

合計20回位以上も訪れている最高のスパです。

www.laqua.jp

 

筆者は東京出身なので、かつ巨人ファンなので、よく東京ドームに行ってました。スパラクーアに行き始めたのは、バイトをできるようになった18歳からです

 

筆者は高級なものが大好きなのですが、結論から言うと、おもてなしと言う面では、五つ星ホテルよりもスパラクーアの方が満足度が高いかもしれません

 

 

5つ星ホテル、ミシュランのお店に行ってからわかった、スパラクーアで学んだこと。本当に心地サービスとは?

これからは、サービスにお金を出す時代

 

筆者は、これからの時代はサービスにお金が払われる時代になると思ってます

 

デフレ下が進んで、格安の牛丼チェーンや回転寿司など、食に関しては低コストで楽しむことができます

 

また映像コンテンツもスマートフォンの登場により一変。無料で映画やドラマ、バラエティーなどをスマホから見れます

 

お金をかけなくても、満足できるような時代です。そんな時代では、逆にサービスに対してお金を払うようになります

 

筆者が、五つ星ホテルやミシュランなどに積極的に行く自由

 

筆者は五つ星ホテルや、ミシュランのお店によく行く習慣があります。これは、最高級の宿泊施設や、最高級の料理のサービスを味わうことで、人生経験になると思っているからです

 

そして、その人生経験として最も大事なのがおもてなしです

 

五つ星ホテルや、ミシュランのレベルになると、訪問するお客様も、普通のサラリーマンをやっている筆者以上に、サービスに対して厳しい人がたくさんいます

 

そのようなサービスに厳しい人たちに評価されなければ、五つ星ホテルでは無いわけですし、高級食材だけ使ってもミシュランにはなれないわけです。ぶっちゃけ俺のフレンチの方が、ミシュランよりもうまいかもしれません

 

だからこそ、「なぜ、このホテルやお店は日本で、場合によっては世界で評価されているのだろうか」という好奇心から、身銭を切って高級ホテルやミシュランに行っていました。日本でおもてなしが最高こと言えばそういったところだからです

 

サービスのレベルは、お金を使えば買えるわけではない

 

ただ最近、不思議な現象が起きました。五つ星ホテルや、評価の高いミシュランを筆頭としたお店に行っても、満足する時とそうでない時があるのです

 

例えば実名を出しますと、帝国ホテルのランデブーラウンジは、今まで10回以上行ったお店です

 

www.takumoney.com

 

初めて行った時は、ゴージャスな内装や生演奏のピアノ、質の高いウェイターなど、初めての世界に驚きが隠せませんでした

 

しかし、人間は「慣れる」と言う性質を持っています。3回目以降は、かなり細かいサービスについて気になるようになってしまいました

 

店員さんの、休憩所での私語。愛想のないレジの受付、人手不足なのかご高齢のスタッフの不慣れな対応

 

回数を重ねるごとに、細かなサービスの面が気になってしまうようになりました

 

東京ドームのスパラクーアは、受付のサービスや、清掃等の管理が行き届いている

 

さて話を戻しますと、この前行った東京ドームのスパラクーアは、受付から退館に至るまでとても満足いくサービスでした

 

しかし、筆者はこれが不思議でなりませんでした。高級ホテルやミシュランでは、ちょっとしたことが気になるのに、東京ドームのスパラクーアではそこまでサービスの質が気にならない。なぜなのか

 

そこで、なぜ高級ホテルやミシュランの店に行って、想像以上の満足が得られないのか考えてみました

 

お金は使えば使っただけ、サービスに期待してしまう

 

想像は現実を超える

 

このような言葉がありますが、私の友人がよく言う言葉です

 

人間はその習性的に、お金を払えば払っただけ、良いサービスが受けられると考えます

 

そしてそれは、ある程度のレベルまでは正しいです

 

チェーン店に行くと、500円程度でリーズナブルにそこそこおいしい料理が食べられますが、ランチで2,000円レベルになると、味のクオリティーが段違いにあがります

 

これは、支払っている値段が4倍なので、おもてなしにしろクオリティーにしろ、クオリティが上がることが容易に想像できます

 

スパラクーアは平日ですと、2,300円程度です。休日は2500円。普通の銭湯は460円、少し良い温泉施設は1000円前後を考えると、スパラクーアはかなり高級な施設です

 

しかし、高級なスパラクーアでも値段帯は3,000円以下。これに対してホテルは単価が高いです。

 

ホテルの単価は高い。格安でも5,000円から、五つ星ホテルは1番低ランクで20,000円から

 

そして気づいたのですが、高級ホテルは、最低でも1泊20,000円はかかります。平均的には、35,000円から、40,000円程度は一泊でかかってしまいます

 

ビジネスホテルが、5000円程度から泊まれることを考えると4倍〜8倍の値段が必要です

 

そして何より、ホテルはスパや食事よりも単価が高いのが問題です。 5,000円の宿泊は格安ですが、食事なら、かなり良いものを食べることができます

 

5,000円のスパなど、どこにあるんでしょうか。東京では、江東区にある大江戸物語温泉が評判ですが、休日でも2,480円程度。

 

つまり東京ドームのスパラクーアは、都内でも有数の高級スパなのです。それでも3000円程度なのです。これ以上のコスパはありません

 

五つ星ホテルは、部屋のランクが値段によって違う

そしてさらに考えたのですが、五つ星ホテルはホテル自体の種類によっても異なりますが、部屋のグレードによっても値段帯が違います

 

例えば、港区にあるグランドハイアット東京は、平均して一泊50,000円以上となっています。しかしこれは1番レベルの下の部屋です

 

1つ上のレベルになると、一泊100,000円以上となってきます

 

仮に、筆者のように頑張って身銭を切って五つ星ホテルに泊まったとしても、もっと上のレベルがあると考えてしまうと途端に満足度が下がるようです

 

まとめ。お金を使うなら行きつけの場所を作るべき

東京ドームのスパラクーアが、とてつもない満足度だった理由として、都内でこれ以上高級なスパがないからです。過去に23区の温泉施設を巡った筆者ですが、けっきょくスパラクーアに落ち着いています

 

www.takumoney.com

 

スパラクーアでは、オプション料金として900円近く払うことで、ヒーリングバーでと言う、リラクゼーション施設を使うこともできます

 

それでも通常料金2,500円+ 1,000円と考えても、3,500円で最高級のスパを堪能することができます

 

東京のスパを外に探すと、ほとんどが五つ星ホテルの中にあるスパになってしまい、値段がヒトケタ上がって数万円になってしまいます。これはコスパがめちゃめちゃ悪いです

 

なおかつ、東京ドームのスパラクーアは子供の頃から度々訪れていました。どのような施設があってどのような雰囲気か、というのがもともとわかっていたのです

 

つまり、もともとそこまで期待せずに、サービスを受けに行ったのが良かったのです

 

高級ホテルや、ミシュランでは、確実に30,000円以上のお金を払うことが確約されてしまいます。

 

するとどうしても元を取りたいと言う欲が出て、これだけお金を払ったんだから、きっと良いサービスに違いないと言うふうに思い込んでしまいます

 

その結果、ぬかりないサービスを受けたとしても、+ αのおもてなしを期待してしまうが故に、満足度が下がってしまうということです

 

さらには、サービスをする側も人間ですから、100%完璧におもてなしできるような人はいません。

 

それなのに、お金を払っているのだからと、殿様気分で粗を探すようなことをしてしまうのです

 

今回の経験で分かった事は、大切なお金を使うなら、いき慣れた場所が最も良いと言うことです

 

東京ドームのスパラクーアは、筆者にとってまさに慣れ親しんだ場所。今の家から徒歩圏内ですし、どのような施設かも完全に把握できてます。それでも東京ドームのスパラクーアは、何度もリピートしたいと思う場所なのです。

 

高級ホテルでも、これまた家から近い椿山荘東京は、2回の宿泊、3階の庭園散歩をする中で、何度も行きたい場所のひとつです

www.takumoney.com

 

食事でも、オフィスのそばにある虎ノ門の肉そば ごんは、定期的にリピートしている慣れ親しんだお店です

www.takumoney.com

お金を使って満足度を得るなら、最初はいろいろなお店に出歩く必要があります。いろいろなサービスをいろいろな価格帯で受ける必要があります

 

しかし、ある程度のレベルになると、何度も訪れたい場所が本当に心地よい場所と言うことになります

 

別の記事のコラムで見たのですが、お金持ちの人はいつも同じお店でご飯を食べるそうです。

 

それはどのようなサービスか、どのようにアクセスすればよいかなど手に取るようにわかるからです

 

というわけで、ぜひ行きつけの場所を作りましょう。そして、何度も何度も心地よいサービスを受けることによって、お金に感謝するようになります

 

こんなに高い金払ったんだから、もっとサービスしろよ

 

こんな気持ちになってしまっては、人生を楽しく生きれません。ぜひ行きつけの場所をたくさん作って、楽しい人生を送りましょう