タクログ

シンプル都心ライフ

シンプルライフに憧れるけれど、都心の生活も満喫したい。そんな欲張りな20代男のシンプル都心ライフ中心のブログです。

アメックスゴールドのクレジットカードはステータスだけでなく、保証をお金で買っている

f:id:steveperry1373:20180222210914j:plain

アメックスのクレジットカードにしてから、はじめての請求がきました。

 

筆者はあまりにアメックスゴールドカードが使いやすかったので、コンビニからスーパーから5つ星ホテルまで、使えるところはアメックスゴールドで支払いしてきました

 

なので1回目の支払いにしては、なかなか多いのではないかと思います

 

そんなことはさておき、今日ふと夢の中でチェコのプラハにいった夢をみて思いだしたのですが、チェコの5つ星ホテルに財布を忘れてしまった話をします

 

日本ではおもてなしの国なので、落し物が金品であっても、持ち主の元に帰ってくることが多いですが、チェコなどの海外ではどうなのでしょうか

 

 

 

アメックスのクレジットカードはステータスだけでなく見えない保証がついているという話

 

あれ!財布がない。と気づいた成田空港

 

昨年夏にヨーロッパのオーストリアとチェコに行き、芸術的な街並みやクラシック、大自然を堪能してきました

 

8日間の旅もおわり、成田空港についたとき、ふときづいたのです

 

「あれ!COACHの財布がない!」

 

スリにあったのではありません。防犯用にプラハのホテルの金庫にいれたまま、忘れてしまったのです

 

ただ、当時の筆者は安心していました。

 

「信頼のある5つ星ホテルに財布を忘れたのだから、きっと日本まで戻ってくるだろう」

 

5つ星ホテルの信頼。そしてそれ以上に重要だったチェコ自体の信頼

 

家についてからホテルに財布を忘れたことをフロントにメールしました。

 

するとチェコの2つの郵便サービスを紹介されました。

 

チェコの5つ星ホテルフロント:「以下の対応をお選びください。」

 

・チェコの郵便局で1000円。時間も2〜3日で日本まで財布を郵送しますが、信頼できません。

 

・ヨーロッパの郵便局で13000円。時間もかかりますが、信頼できます。

 

筆者は早く財布がほしかったですし、まさか郵送の値段に10倍以上あると思ってませんでしたし、チェコならいっても信頼できるだろうと、「1000円のチェコの郵便局で」とメールしました

 

しかし、その後、ホテル担当者からは連絡がきませんでした。

 

海外でのトラブル時に、アメックスがあればと猛反省。

 

当時はヤフークレジットカードや三井住友デビューカードなどの年会費無料のお得なカードしかもっていませんでした。

 

年会費無料という、目先の利益にすがってしまったのです。ましてやゴールドカードなんて発想がありませんでした。

 

しかしクレジット(credit)とは、信頼という意味です。たった1枚のカードをもっているかどうかで、ステータスなんかより目に見えない保証がついてくるのです。

 

そういえばオーストリアとチェコをまとめて旅行したのですが、チェコでは保険料が7000円追加で必要でした。アメックスゴールドカードがあれば0円でしたが。

 

まとめ。アメックスゴールドカードはステータス以上に見えない保険がたくさん。年会費無料の1年間だけでも試す価値あり。

 

というわけで、筆者は2018年1月にアメックスゴールドカードを作ってからというもの、カード自体のステータスにばかり惹かれていました。

 

本来はアメックスゴールドカードは、そのステータスだけに年会費3万円もかかります。

 

しかし今はキャンペーン中なので、アメックスゴールドカードを作ってから1年間は無料。入会費も0円です。アメックスゴールドカードをつくってから、はじめて目にみえない保証がすごいことに気づきました

 

アメックスゴールドを去年作っていれば、COACHの財布代金を保証してもらえましたし、空港のラウンジが無料で使えましたし、ホテルもアップグレードしてもらえたはずです

 

というわけで海外旅行に年1度でも行かれる方は、アメックスゴールドが年会費無料のうちに作ってみることをオススメします

 

1年間たって、やっぱり3万円も払えない。となったときに解約すれば1円もかからずに様々な特典を体感できます

 

というわけで興味のある方は、ぜひこの機会にアメックスゴールドカードを作ってみてくださいね!

 

アメックスはこちら。ただ注意点なのですが、キャンペーンは期間によって変わるので、年会費が無料でなければ無理に作る必要はありませんよ

ゴールドカード|アメリカン・エキスプレス