タクログ

シンプル都心ライフ

シンプルライフに憧れるけれど、都心の生活も満喫したい。そんな欲張りな20代男のシンプル都心ライフ中心のブログです。

IT企業で働くメリットは?20代後半のシステムエンジニアの筆者が2年働いて感じたこと

f:id:steveperry1373:20180313193141j:image

筆者はIT企業に勤めて早2年経ちます

 

 IT企業と言うと、激務、ブラックのイメージがありますが、筆者はここ2年間、1度もブラックだと感じることがありませんでした

 

今回はIT企業に入って2年経った筆者が思う、IT企業で働くことのメリットについて語ります

 

IT業界に就職、転職を考えている人はぜひ参考にしてください!

 

 

 2年間IT企業で働いてわかった、IT企業で働くメリットとは

 

出勤時間、退社時間がフレックス

 

学生時代、筆者のサラリーマンのイメージは、絶対に遅刻してはいけないというものでした。なので、新人は始業時間30分や1時間前に着くようなイメージでした

 

そんなイメージを持っていたので、朝が弱い筆者にとって、サラリーマン生活はとても大変だと思っていました

 

しかしIT企業は、朝がゆっくりです。定時は9時半からで、会社によっては10時が出社時間のところもあります

 

IT企業は夜が遅いと言うのも理由の1つですが、朝がゆっくりのために、満員電車を避けられたり、ゆっくりと出社できるのがIT企業のメリットです

 

 IT企業は、上下関係がなく、とても風通しが良い

 

筆者の勤める企業はかなり日本的なお堅い企業かと思っていました。

 

しかし入社して驚いたのは、先輩の言葉遣いでした。IT特有の業界用語が飛び交うために、年代年齢などあまり関係なく、上司、後輩とラフにコミュニケーションすることができます

 

例えば、何々部長、何々課長といった役職で呼ぶことがまずありません

 

新人であっても、40代、50代の管理職の方に対して「〇〇さん」と言う敬称で呼ぶことができます

 

そして、上司の方もフランクなので、新人だからといって呼び捨てをするような事はありません。大体〇〇さん、〇〇ちゃん、〇〇君と呼ばれます

 

コミュニケーションがラフに行われるので、ストレスが溜まりにくくとても心地が良いです

 

もちろん、お客様先に行くときには丁寧な敬語を使うようにはしていますが、先輩に気を使わずにすむ環境というのはストレスが少なくオススメです。

 

 IT業界は、年休取得率が高い

 

筆者の会社では、年休取得率は85%以上です。実際には90%以上の方も数多くいます。

 

 IT業界はとても忙しいイメージがありますが、筆者の会社以外でも年休消化率が非常に高いところが多いイメージです

 

理由としては、IT業界ではコンピュータを使った業務がメインなので、テレワーク(家で仕事すること)などがしやすく、どこにいても仕事に取り組むことができるからです

 

つまり、わざわざ会社に行かなくても、緊急事態には社外から仕事すれば良いですし、引継ぎ作業を普段から行っていれば、他の方が代わりに対応することも可能です。

 

そもそも、どんなにベテランのシステムエンジニアになっても、わからないことはググるのが常識ですから笑

 

〇〇さんがいないから、仕事が進まないと言うことが少ないのがIT業界のメリットです

 

仕事をしてるだけで、ITの知識が身に付く

 

今の時代、ITの知識は必須です。とは言えIT業界に関わらないと、ITについてしっかりと学ぶ機会はほとんどありません

 

これは結構大変なのですが、IT業界に入ると、常に勉強が求められます。日常生活において、常にわからないことが出てくるからです

 

逆に言えば、向上心に溢れた人であれば、IT業界はまさに適職といえます。毎日毎日同じ作業の繰り返しではなく、新しいIT技術が発明されるたびにそちらに対応しなければなりません

 

そのため、日々の勉強が必須となります。しかし必死に食らいついているうちにITの知識がバンバン身に付きます

 

筆者は、あまり勉強する方ではありませんでしたが、自然とITの知識が身に付いてきています。サボってばかりいたので、さすがに焦り始めました笑

 

そして、IT業界には非常に優秀な方が数多く存在します。その道のスペシャリストが多数いるわけです

 

そのような環境にいるために、日々刺激を受けます。このままではいけないなとやる気になりやすい環境です

 

ダラダラとのんびり生活した人には向いていませんが、将来的に専門スキルを身につけたい人にはIT業界はおすすめです

 

まとめ。IT業界で働くメリットはとても多い。向上心のある野心的な人にはIT企業はおすすめ。

 

まとめますが、IT業界はブラックのイメージがありますが、実際にはホワイトな企業も数多く存在します

 

もちろん企業によっては、サービス残業を強制するような企業も多くあるかもしれませんが、しっかりと転職サイトなどを参考にすることで、ホワイトな企業に入ることができます

 

また、筆者の会社でも転職者の方が数多くいらっしゃいます

 

 IT業界では専門スキルを身に付けることによって、キャリアアップしやすい環境にあります

 

実際に、筆者の先輩の方の中には外資コンサルや、外資IT企業、人材開発、起業など、様々な専門スキルを持った職に就く人が数多く存在します。どなたもITのスキルをベースにして高難易度の企業に就職しています

 

就職活動が解禁しましたが、就活生の方で、将来のスキルを身に付けたい方は是非IT

企業をお勧めします。