タクログ

シンプル都心ライフ

シンプルライフに憧れるけれど、都心の生活も満喫したい。そんな欲張りな20代男のシンプル都心ライフ中心のブログです。

応用情報技術者試験おわった!セキュリティの知識を知ることの重要性とは?

f:id:steveperry1373:20180421162743j:image

完全に雑記ですが、応用情報技術者試験が終わりました

 

とは言え、先週の日曜日ですが笑

疲れていて、ブログが更新できませんでした

 

知らない人もいると思いますが、応用情報試験を含む情報系の試験は、4月と10月の年2回あります

 

年に7、8回あるTOEICの試験とは違い、モチベーションを保つのが難しいのが情報系の試験です

 

筆者は、情報系の資格を1つ持っていないので、さすがにやばいなと思い受験することにしました

 

自己採点では、ギリギリの点数ですが何とか合格できたかなと思っています

 

しかし社会人になってからの資格試験の勉強は、想像よりも大変ですね。

 

会場を見ると、情報系の学生と、IT系に勤めているであろう40〜50代の人の受験が目立ちました

 

当然のことながら、男性ばかりで女性はほとんどいませんでした笑

 

さてさて、今回の応用情報技術者試験は、過去問類に出てきたようなものではなく、最新のセキュリティー系の問題が数多く出てきました

 

ちょうど仮想通貨のとある会社の事件が問題になりましたが、仮想通貨のメリットやセキュリティー上の問題についての問題が出てきました

 

普段、スマートフォン持ってる人がセキュリティについて考えるときは、SNSで個人情報を晒(さら)してしまったりする時ではないでしょうか

 

これだけ手軽に、撮った写真をすぐにアップロードできるスマートフォンは便利ですが、時に映り込んでしまった人に悪影響を及ぼすことがあります。怖いですよね

 

またコミュニケーションツールとして市民権を得ているLINE等でも、最近乗っ取りが多いですよね

 

筆者も、夜中に勝手にログインされた形跡があると、LINEの通知が来ていました

 

 ただ、LINEは2重認証制と言う、IDとパスワードだけではログインできないような仕組みになっています。ログイン認証が完了すると、対象のスマートフォンに数桁のランダムな番号を送るんですね

 

この番号がわからないので、他人にログインIDとパスワードが漏れてしまっても、簡単にはログインされないようになっています

 

もちろん適当に000000などの数字を専用のアプリを使って全ての数字列を自動入力していけば、そのうち、ランダムな数字列を特定されてしまう可能性があります。

 

これを総当たり攻撃(ブルートフォース攻撃)といいます。

 

この対処法として有名なのが、アカウントロックですね。数回ログインできないと、一定時間ロックされるというものです

 

これで総当たり攻撃を防ぐことができます。筆者のLINEも乗っ取られなくて本当に良かったです。。

 

しかし、ログインされそうになったと言う事はログインIDとパスワードが漏れてしまっていると言うことです

 

アマゾンなどのインターネット通販でも、頼んでもいないような注文がされてしまったり、相場よりも安い商品を買ったら、詐欺で届かなかったりと問題がたくさんあります

 

日常で使用しているスマートフォンやPCには危険がたくさんあるということですね。

 

応用情報技術者試験は、IT系に勤める人が受けるイメージですが、基本知識は一般の人でも持っておいたほうが絶対得すると思います

 

特にセキュリティの問題に対して、どのように対応するか、というところは知っておくと便利かもしれません

 

筆者は、とりあえずLINEのパスワードを変えることにしました笑

 

年々、ITのウィルスや攻撃のレベルが高くなってきています

 

ネットサーフィンをしていたら全く別のサイトに飛ばされてしまって、よくわからないままクリックしたら、怪しげなサイトに飛んだり、架空請求されてしまったと言う人もいるのではないでしょうか。

 

基本的には、クレジット情報などを入力しなければ、料金が発生することはありません。

 

それでも、1人でスマートフォンやPCで操作していると、とても恐怖感が強くなってしまうこともよくわかります

 

ぜひセキュリティの問題については、スマートフォンやPCで調べてみてくださいね。

 

こんなサイトも参考になります。

www.ipa.go.jp