タクログ

シンプル都心ライフ

シンプルライフに憧れるけれど、都心の生活も満喫したい。そんな欲張りな20代男のシンプル都心ライフ中心のブログです。

【断捨離日記】せどりで2000冊の本を売った筆者が語る、値崩れしにくい本をご紹介

f:id:steveperry1373:20180502111412j:image

僕の部屋にあるすべての本。これでも少ないですが、これらの8割9割は売ってしまいます

 

ゴールデンウィーク12連休中の8日目。部屋の洗濯物が全て終わり、残る断捨離は本だけになりました

 

とにかく本棚に入っている本を全て机に並べてみたら、これだけです

 

半分以上は情報系の本ですが、既に試験が終わった応用情報技術者試験の本を中心に売ってしまいたいと思います

 

そして法律の本は、私の友人が持っていた方なので、返却しようと思います

 

筆者は、読み終わった本はすぐ売ってしまいます。こちらの記事に書いた通り、読み終わった本はすぐに売れば値崩れせずに高く売れたりします

 

www.takumoney.com

 

今回は実際にAmazonに出品した本の中で、値崩れせずに売れる本をご紹介します

 

ちなみに筆者は、23歳から24歳の1年間で、合計2,000冊以上の本を売買した経験があります

 

古本屋で安く買ってアマゾンで高く売る、俗に言うせどりと言うものです。年間600,000円ほどですが利益が出ていたこともあります

 

その筆者が、値崩れしにくい本はどのようなジャンルなのかについてまとめてみました

 

 

 

 2,000冊の本を売ったせどり経験者が語る、値崩れしにくい本をご紹介

長年ベストセラーになっていて値段が高い本は、値崩れしにくい

 

こちらの本はザ・コピーライティングと言うマーケティングの本です。2008年発売なので10年前に出版され、現在も大人気の本です。

f:id:steveperry1373:20180502111801j:image

 

筆者がこちらの本を買ったのは約1年半前。中古で買ったのですが、その当時3,500円ほどしました

 

今回こちらの本を売りに出した時、 2,700円が最安値と言うことでした。本を購入してから1年半も経ったのに700円しか値段が下がっていません

 

この本のように、その分野での大ベストセラーは値崩れしにくいです。

 

中古であっても、最初に買うときの購入金額が3,500円と非常に高いのがネックですが、結果的に差額の800円で1年半もの間、本を読むことができたと言うことになります

 

もともとの値段設定が高い本は、値崩れせずオススメです

 

情報系の専門書は値崩れしにくいが、毎年最新版が出るので1年以内に売るべき

 

続いてこちらの応用情報技術者試験の専門書です。

f:id:steveperry1373:20180502112220j:image

 

こちらはなんと2,900円が最安値と言うことでした。書店で購入した時は3,500円だったので差額600円です

 

このように情報系の本は、専門性の価値の高さから値崩れしにくい結果となっています

 

ただし注意が必要なのは、このような情報系の本は、毎年最新版が更新されてしまいます

 

こちらのほうは平成29年度版ですが、既に平成30年度版が出回っています

 

なので、情報系の本は時間が経つにつれてどんどん値崩れを起こしやすいと言う特徴があります

 

なぜ平成30年度版が出回っているのに、平成29年度版がまだ高値で売れるかと言うと、1円でも安く買いたいと言う利用者が多いからです

 

 3,500円で最新版の平成30年度版を買いたい人よりも、2,900円で600円引きで平成29年度版を買いたいと言う人がいるということですね

 

実際には中古本は送料が257円かかるので、最新版との差額は300円程度ですが、1円でも安く買いたいと思っている利用者はたくさんいると言うことです。たった1年では情報系の内容はほとんど変わりませんしね。いい商売ですね笑

 

このように情報系の本の値段は値崩れせずにいることが多いのですが、注意点としては最新版がでてから時間が経つと値段が下がるので、早く売ってしまうことに気をつけましょう

 

情報系の本で、実際に値崩れが始まってしまった本をご紹介

 

こちらの本は、2017年度版のITストラテジストという情報系の高度資格の参考書です

f:id:steveperry1373:20180502112914j:image

 

こちらは残念なことに、最安値の売値は2,100円ほどでした

 

実はこちらの本、購入時には3,900円と非常に高額の本でした

 

残念なことに最新版の2018年度がでてから時間が経ったため、すでに値崩れを起こしてしまっています

 

このように、時間が経つにつれて情報系の本の価値がどんどん失われていきます

 

自分が使わなくなった本は、すぐに売ると言う習慣をつけましょう

 

本の断捨離で、本棚がすっからかん。きもちいい。

 

f:id:steveperry1373:20180502111407j:image

 

と言うわけで本の断捨離をした結果、本棚はこんな感じですっからかんになっちゃいました

 

いやー、ものがないってきもちいいですね

 

特に本はどんどん増えてしまうので、定期的に断捨離することがお勧めします

 

まとめ。読み終わった本はささっと売っちゃいましょう。売ったお金でおいしいものでも食べましょう

 

今の時代は簡単にものが買えて、簡単にものが売れる時代です。

 

ヤフオクやメルカリなど、中古のものを売買することがどんどん主流になってきました

 

逆に、物を所有するということに価値がなくなってきています

 

高級ブランドのバックや財布なども、今はレンタルが出来るような時代です。

 

腕時計も、ロレックスやオメガなどの高級時計を月20,000円ほどでレンタルすることができます

 

このような時代には、物は所有するのではなくレンタルすると言う意識を持ちましょう。こちらの記事でも書いたように、レンタル思考という考えを持つと、ものを買うときに参考になります

 

www.takumoney.com

 

ぜひこちらの記事も併せて確認してみて下さい