タクログ

シンプル都心ライフ

シンプルライフに憧れるけれど、都心の生活も満喫したい。そんな欲張りな20代男のシンプル都心ライフ中心のブログです。

無料で手にはいるものには飽きてしまうのは受動的だから?ブログを書くことは能動的で楽しい理由

f:id:steveperry1373:20180517001839j:image

最近、無料のコンテンツが本当に多いですよね。Youtubeしかり、ネットサーフィンしかり、はたまた男性用サイトしかり笑

 

もちろん、通信料を払う必要はありますが、インターネットやスマートフォンの普及によって、昔にくらべて娯楽に使うお金が格段に減りました。

 

なんでこんなに綺麗なグラフィックのスマホアプリが無料なんだろうと思ったり、料理のレシピのサイトやレストランの口コミサイトも無料ですよね。

 

これらのコンテンツのほとんどは「フロントエンド」と呼ばれる、客引き商品でして、無料でサービスを利用できるかわりに、利用者の数人を課金サービス、有料サービスに誘導する目的があります。

 

とはいえ、無料の範囲であっても十分に満足できてしまうくらい、最近のエンタメ系の娯楽は充実しています。

 

ただ、皆さんもお気づきかもしれませんが、無料で手にいれたサービスってなぜか満足度が低いですよね。これはお金がかかるか無料かは、娯楽としてはあまり関係がないということです。

 

そして、もっとも大切な考えなのは与えられた娯楽を消費するという受動的な娯楽では、飽きがくるということです。

 

そんな中で「能動的な娯楽」が最近ブームになってきています。今回は能動的な娯楽を楽しむことについて書いてみました。

 

能動的な娯楽って何?無料でも楽しめるコンテンツにあふれた時代だからこそ、能動的に楽しむことの重要性とは?

 

能動的というのは、自分から進んで行動するということ。

 

DIYという日曜大工で、通販で簡単に買えるソファーやテラスを自分で木材やペンキを買ってきて時間をかけて手作りしたり、自分でなにかをSNSで公開して「いいね」をもらうなどです。

 

Youtuberもその一つです。自分という存在を世間一般に公開したり、おもしろいと思う動画をとって公開して、ファンを作ったり。

 

スマホアプリでも音楽に合わせて振付をアレンジしてみたり、自分自身が能動的に娯楽に参加するのが流行っています。

 

従来のゲームや本、漫画などは、すべて「受動的な娯楽」です。必ずサービスの作り手がいて、利用者が作り手にお金をはらうことでサービスを楽しんでいました。

 

しかし、今や自分自身や友達などと一緒に娯楽コンテンツを作って一般公開し、不特定多数の人に娯楽を提供できる時代になりました。その中で収益を発生させることができているのがYouTuberでありブロガーと呼ばれる人たちです。

 

ブログも能動的な娯楽です。おもしろい記事であっても、最悪の駄文であっても、自分のみが書けるオリジナリティのある記事を一般公開して、反応を得られるということ、世の中に自分の書いた作品が公開されるということはとてもエキサイティングなことです。

 

ブログで書いた自分の記事が、Google検索で出ていること自体が嬉しいんです。

 

よく、自分のフルネームを検索したら0件しかひっかからなかったり、全く別の有名人が検索されてしまったりした経験がある方も多いのではないでしょうか。タクミも普通の名前なので、自分の本名で検索しても0件でつまらないなあと思ってました。

 

しかし、ブログを1年間書くと、タクミの場合は、「カラオケ レパートリー」「革靴 コスパ」で検索して、自分の記事が上位にでてくるようになりました。

 

能動的に書いた自分のブログが世の中で検索されるようになる。本当に楽しいことです。

 

ブログに限らず、ただ身近なサービスを消費する娯楽に飽きてきたなら、ぜひ自分が関わる能動的な娯楽をたのしんでみてください!

 

最初はInstagramやTwitterで写真を掲載して、「景色が綺麗」「カフェがおしゃれ」とか掲載するのでもいいです。自分にとっては当たりまえで価値のなさそうな情報であっても、日本人の1億人のだれかにとっては本当に知りたい情報かもしれません。

 

お金を使ってできる娯楽はすぐに飽きてしまいます。どんどん自分で娯楽を作り出せるようになれば、お金も必要なく、生涯をかけて楽しむことができます。

 

最初は少しづつでOKです。ぜひ自分の興味のあることを発信する習慣を身につけて、能動的に楽しむ習慣をつけていきましょう!