タクログ

シンプル都心ライフ

シンプルライフに憧れるけれど、都心の生活も満喫したい。そんな欲張りな20代男のシンプル都心ライフ中心のブログです。

外食でも健康!タンパク質をしっかりとるなら「サブウェイ」の「ローストビーフ」がおススメ!

f:id:steveperry1373:20180530115204j:image

サブウェイは手頃な値段で、野菜たっぷりのサンドイッチを食べられるので、よく利用しています。

 

自炊ができる日は、卵や肉をメインにした弁当をつくるのですが、飲み会の次の日や、寝坊しそうな日は外食が必須。

 

外食でも、しっかりとタンパク質も野菜もとりたいということで、タクミが良く食べているサブウェイをご紹介します。

 

 

外食でタンパク質をとるならサブウェイのローストビーフがおススメ!

サブウェイのローストビーフはタンパク質の量が多い 

サブウェイのサンドイッチは、えびアボカド、たまごなど、数種類あります。

 

その中でもローストビーフはタンパク質含有量が15gを超えているので、かなりおススメです。

 

タンパク質15gというと、プロテイン一杯分。大した量ではないですが、脂質がすくないのでダイエット目的の人にオススメです。 

 

タンパク質の健康への重要性については、こちらの記事を参考にしてください!

www.takumoney.com

 

追記:タンパク質20gを超える「チリチキン」が発売されてました!食うっきゃない!

サブウェイでは、野菜の量を「上限」にすべし! 

サブウェイでは、野菜の量を選ぶことができます。

 

タクミおススメは「上限」。野菜多めのさらにうえです。

 

野菜の量を上限にすると、サンドイッチくらいのカロリーが低いものでも、腹持ちが良くなります。

 

そして、野菜も大量に食べられるのでオススメです。

サブウェイのサンドイッチは添加物は大丈夫? 

タクミは健康オタクなので、外食の際には、食品添加物が気になってました。

 

海外のサブウェイでは、2015年に合成添加物を中止しているニュースがありましたが、日本のサブウェイでは実際どうなんでしょうか。

 

ただ、最近は、健康に対しての考え方がかわりました。保存料を一切つかわないということは、腐りかけの野菜をたべている可能性もあるということです。

 

腐りかけの野菜を食べればお腹を壊す可能性があります。そう考えると添加物を使ったとしても、痛んでいない野菜をたべられるほうがマシなのではと思います。

 

添加物が本当に木になるなら、外食を一切しなければいい話ですしね。

 

というわけで、タクミは外食では添加物は気にしないことにしました。多少添加物がはいっていても、普段ほとんど野菜を食べないよりはマシという考えです。

 

これは意見が分かれると思います。添加物が木になる方は、値段帯をあげてサラダ専門店にいくことをオススメします。

 

タクミはサブウェイで野菜上限にして、ガンガン野菜を摂取することにしています笑

まとめ。外食でサブウェイが近くにあるならローストビーフで野菜上限がオススメ!タンパク質と野菜を摂取できる。 

自炊でサラダを作るのってなかなか難しいです。すぐに野菜はダメになるし、そもそも野菜の値段が高いからです。

 

筆者の家の近くのサラダ専門店は、1皿1000円以上します。健康のことなのめ、野菜に1000円以上の値段をかけてもいいかな、とは考えていますが、毎日はきびしいですよね。

 

サブウェイなら、タンパク質も野菜も摂れる上に600円以下なので、外食続きだとしても続けやすいです。

 

オフィスのそばにサブウェイがあれば、ぜひ昼御飯はサブウェイに行ってみてはいかがでしょうか。