シンプル都心ライフ

シンプルライフに憧れるけれど、都心の生活も満喫したい。そんな欲張りな20代男のシンプル都心ライフ中心のブログです。

電子書籍と書籍(本)はどっちを買うのがオススメなのか?

f:id:steveperry1373:20180906235301j:image

シンプルライフ派のタクミですが、本は書店で買うこともあればアマゾンで注文することもあります

 

基本的には本は書籍を買ってしまいます

 

いまは電子書籍などでスマホから本が読める時代です

 

それでも本にしかないメリットがあって、ついつい本そのものを買っちゃいます

 

とはいえ、100%全ての本が書籍というわけでもなく、時には電子書籍で購入することもあります

 

電子書籍と本はどのように書い分ければ良いのでしょうか

 

 

 

電子書籍と書籍(本)はどっちを買うのがオススメなのか?

電子書籍は「今すぐに読んでみたい本」、書籍(本)は「しっかりと読みたい本か高値で売れる本」

電子書籍と本の違いは、「読みたいと思った時に読めるスピード」の違いがあります

 

電子書籍であれば、スマホから購入した瞬間に、すぐに読むことがでいます

 

アマゾンの配送は早いと行っても、アマゾンプライムに入会していても、早くとも半日、普通は一日はかかりますよね

 

どうしても今読みたい!と思った本は電子書籍にしています

 

一方で、書籍(本)は、専門書などのしっかりとした情報量があるものを購入します

 

何度も読み直したり、付箋をつけたりできるのが書籍のメリットです

 

情報処理などの資格系の本は書籍を購入します

 

また、書籍(本)はモノがあるので、アマゾンのマーケットプレイスで販売できます

 

新書を購入しても、ほぼ同じ値段で中古で売れるなら、安く本を読むことができます

 

一回読んで満足できるような本であれば、本を購入して2週間以内に読み、アマゾンで売ることが多いです

 

1500円で購入した本を、1200円で販売できれば、販売手数料などを引いても300〜400円の費用で本を読めたことになりますからね

 

電子書籍のメリットは「どこでも読めること」

一方で電子書籍のメリットもあります

 

一番はスマートフォンからいつでも読めるということ

 

今年、タクミはヨーロッパ旅行に行きましたが、飛行機の長時間フライトって本当に暇なんですよ

 

フライトの暇つぶしに最も効果的だったのが「電子書籍」でした

 

wifiが使えなくてもオフラインでもkindleのアプリで電子書籍を読むことができるからです

 

また、通勤電車の中でも手軽に読むことができます

 

書籍(本)は小さいものなら良いですが、ハードカバーのように分厚い本を読むのは難しいです

 

また、他人に何の本を読んでいるかわかってしまうのも嫌ですし、そのためにわざわざカバーをかけるのも面倒ですよね

 

電子書籍には10冊ほど常にストックしておけば、いつでも緊急時の暇つぶしにも効果的です

 

まとめ。電子書籍にも書籍(本)にもメリットはある!両方をうまく使いこなして情報を入手しましょう

電子書籍は手軽ですし、本も持たずにすむのでシンプルライフ、ミニマリストの方には必須のイメージがあります

 

しかし書籍(本)も実物を読み終わったらすぐに売ることができれば、結果的にものは増えませんし、コスパよく本を読むことができます

 

一長一短ではありますが、電子書籍派、書籍(本)派に分けずに、場合に応じて使い分けて読書を楽しみましょう

www.takumoney.com