シンプル都心ライフ

シンプルライフに憧れるけれど、都心の生活も満喫したい。そんな欲張りな20代男のシンプル都心ライフ中心のブログです。

サラリーマンはブログをしていることを周囲に報告したほうがいい?メリットとデメリットをご紹介

f:id:steveperry1373:20180908132707j:image

副業解禁の企業が増えたことで、サラリーマンやOLなどで本業をしている人でも、副業に取り組む人が増えてきました

 

特に「ブログ」や「アフィリエイト」などは、スキマ時間に文章を書くことができるので、多くの方が本業の空き時間にブログを書いています

 

さて、ブログを書いていることは、社内やプライベートで報告することにメリットはあるのでしょうか

 

結論から言えば「進んで報告しないほうがいい」です

 

その理由をまとめてみました

 

 

 

 

 

サラリーマンはブログをしていることを周囲に報告したほうがいい?メリットとデメリットをご紹介

ブログをしていることを周囲に報告するメリットは、「ブログ」で成果を出す気持ちが強くなること

ブログを周囲に報告すると、「私はブログを書いてます」ということを公言することになります

 

勉強で結果が出るコツとして「〇〇という試験に合格する」と周囲に行ってしまう方法があります

 

タクミは16歳の頃に偏差値40の頃から「東大に行くよ」と家族、親戚、友達や知り合いに公言していました

 

もう一度言いますが偏差値40の時代の話です

 

高校の偏差値が60〜70超えの進学校でもありません

 

マジでごくごくありふれた勉強が得意じゃない高校生の話です

 

周囲に目標を公言すると、「目標を達成しないと恥ずかしい」という気持ちになります

 

「ブログを書いてます」と周囲に伝えることで、「ブログで成果を出さなきゃ」という気持ちになります

 

ブログを書いていることは積極的に公言しないほうがいい。デメリットとは?

ブログを書いているという宣伝をすることは、メリットがある一方でデメリットもあります

 

むしろデメリットが多いのではとタクミは考えているので、自分から積極的に公言する必要はないと思います

 

 

 

「ブログ」という存在を知らない。日記と勘違いされる

普通の人はブログを知らない人が多いです

 

ブログというと「日記のこと?」と勘違いされることもあります

 

アメブロなど、芸能人のブログをイメージするからですね

 

普通の人は、大して興味のない人がブログを書いていたとしても「ふーん」としか思いません

 

ブログの内容まで公開して「恋愛についてブログを書いてる」「お金儲けの方法をまとめている」と言えば、もっと食いつきはいいと思いますが、

 

わざわざ赤裸々に公言したくない人も多いでしょう

 

自分から積極的にブログを書いていることを公言する必要は少ないです

 

ブログを書いていると「本業」をサボっていると勘違いする人が出てくる

ブログを書いているというと「そんな暇があったら本業の勉強をしろ」と思う人が必ず一定数います

 

ですので、わざわざブログを書いていることを公言する必要は少ないです

 

ブログを書いていることを「かっこいい」「素敵」と思う女性は少ない

ブログを書いていることをプライベートで公言しても、「素敵」「かっこいい」と思われることはほぼありません

 

特に女性に対して「ブログを書いている」と言って、評判が良かったことが一度もありません

 

むしろ「デートの時間もブログのことばかり考えている」とネガティブな印象を与えることが実体験として多かったです

 

プライベートでも親しい人には「ブログを書いている」「ブログで副業を頑張っている」と言いたいものです

 

しかし、結果的に好意的な印象を持たれることが少ないので、むやみにブログを書いていることを公言する必要はないです

 

本当にメリットが少ないと思います

 

ブログを書いていることを公言して、どんなサイトか確認しにきて、ネガティブなコメントをつけられる可能性がある

ブログの内容には、あなたの赤裸々な考えを書いていることもあるでしょう

 

わざわざブログを書いていることを公言して、実際にブログに遊びに来た人が「変なことを書いている」と周囲にネガティブな印象を共有する可能性があります

 

もちろん、逆に「この人のブログは面白い」と思ってもらえれば、ポジティブに周囲に紹介してくれるかもしれません

 

ただ、タクミの性格の問題ですが、知り合いがたくさんブログを見ていると、本当に思ったことを書くことができません

 

ブログは好き勝手自由に文章を書いていいはずです

 

ブロガーの人の性格によりますが、無理にリアルライフの人にブログを書いていることを公言しなくても良いと思います

 

まとめ。ブログを書いていることを公言するにはデメリットが多い!積極的に「ブログを書いてます」と公言できる人だけにしよう

実生活では、本格的にブログを書いている人はごくごく少数です

 

少なからずネガティブな意見を受ける可能性があるのであれば、わざわざ自分から「ブログを書いている」ことを公言しなくてもいいと思います

 

どうしてもブログを書くというのは孤独な作業です

 

毎日、パソコンやスマホに向かって、自分の意見やアイディアを書き続けるわけですからね

 

本当はブログを書いて頑張っていることを周囲に伝えたい、という気持ちはわかります

 

しかし、ブログを書いていることを公言するのは、ある適度ブログが成長してからでも遅くはありません

 

ブログで月に一万円以上稼げるレベルになれば「どうやってブログで稼いでるの?」と興味を持つ人も増えて来ます

 

むやみやたらに「ブログを書いている」ことを周囲に公言する必要はありませんが、ブログが成長して来て「頑張ってきたことを広めたい」と思ったら、デメリットも考慮した上で、

 

ブログを書いていることを公言してみるのもいいのではと思います

www.takumoney.com