シンプル都心ライフ

シンプルライフに憧れるけれど、都心の生活も満喫したい。そんな欲張りな20代男のシンプル都心ライフ中心のブログです。

英語が話したい人必見!スピーキングの勉強で勘違いしやすいこととは?

英語を話したい人は今もとても多いですよね

 

たくみは英語が話せます。日常会話だけでなく、例えばITの専門的な知識についての話も英語でします

 

英語を話そうとした時に、多くの人がどうやって英語を勉強したらよいかというところで頭を悩ませます

 

ただ、今回は初心者学習者向けに、英語を話したいと言う方が勘違いしやすいことをまとめてみました

 

少しでも英語を勉強する際の参考になれば嬉しいです

 

 

 

 

英語が話したい人必見!スピーキングの勉強で勘違いしやすいこととは?

 TOEICで高得点をとれば英語が話せる?

 TOEICとは英語の試験のことで、大学の入試や、主に就職活動の際に評価の参考値として使われます

 

点数は10点から990点まであります

 

イメージとしては、大学卒業者の平均点は400点から500点程度。

 

英語が得意な人で600点以上。

 

英文科など専門的に勉強した人で700点以上。

 

しっかりと対策をした人や、長年海外に行って英語得意な人で800点以上。

 

さらにTOEIC向けての対策をして、もしくはほんとに英語得意な人でTOEIC900点以上。

 

当然ですが点数が上がれば上がるほど人数が減ります

 

さて、英会話をしたいのにTOEICの勉強する人がいますが、これは遠回りです

 

英会話の勉強したいなら今すぐオンライン英会話で会話をすべきです

 

なぜなら、英会話で出てくるような単語は、中学生のうちに習った単語で十分だからです

 

 TOEICでは、ビジネス用の難しい単語を覚える必要がありますし、TOEIC用の文法を勉強しなければならなかったり、長文を読む必要があります

 

英会話は、英語の長文を読む必要もなければ、英語の文法も最低限知っていれば大丈夫ですし、単語は中学校1年生レベルで全く問題ありません

 

英会話をしたときに大事なのは、「慣れ」です

 

まず英語で話すための口の筋肉を鍛えること

 

次に、物事を英語で考えようとすること

 

そして最後に、英会話の流れを理解することです

 

残念ながらTOEICの勉強では、これらの対策をすることができません

 

リーディング(英文読解)、リスニング(英語の聞き取り)の2つの能力しか必要がないテストだからです

 

もちろんTOEICの点数が高ければ高いほど、それだけ英語についての知識が豊富にあることは間違いありません

 

しかしTOEIC 900点以上であっても英語を話す練習しなければスピーキングはできませんし、

 

 1度もTOEICを受けたことが無いような人であっても、海外旅行に豊富に行っていたり現地の人と会話をしたことがある人であれば、英語は話せるのです

 

英会話をしたいなら英会話の練習しましょう。

 

日本に住んでいると海外の人と話す機会はほとんどありませんので、1番手軽なのは月5000円以下でできるオンライン英会話で英語を話す機会をたくさん作ることです 

www.takumoney.com

英会話はいちど取得したら永遠に話せる?

英会話は日常で使っていないとだんだんとできなくなってきます

 

たくみは、英会話は筋トレに似ていると思っています

 

筋トレは、筋肉がつくまではある程度の長い時間がかかりますが、いちど筋肉がついてしまえば、なかなか筋肉が落ちる事はありません

 

しかし筋肉も、ある程度の期間筋トレをサボってしまうと徐々に落ちてきてしまいます

 

ただし、筋肉には過去にトレーニングしたと言う記憶が刻まれているようです

 

なので、過去に筋力トレーニングをしたことがある人は、一旦筋肉が減少してしまっても、再度筋トレを始めれば簡単に筋肉が戻りやすくなります

 

英会話も筋トレに行っていると言うのは、いちど英会話ができるようになると、普段使わない期間が長く、英会話の仕方を忘れてしまったとしても、すぐにまた慣れることができます

 

なので、英会話は長時間使わないことによって、どんどん話せなくなってしまいますが、いちど話せるようになった場合は、思い出すのにそこまで時間はかかりません

 

残念ながら、幼少期に英語を話していた場合で、長年、日本語で生活してしまった人は、過去の英語を思い出せない人もいるようです

 

しかし、ほとんどの日本人は中学校から英語の勉強を始めて、長期間、試行錯誤して勉強を続けながら、なんとか英会話をたどたどしくできるレベルがほとんどではないでしょうか

 

つまり英会話の取得までには膨大な時間が掛かりますが、筋トレと同じで、いちど英会話の基礎を身に付けてしまえば、英語を話さない期間が長引いてしまったとしても英会話のスキルはなくなりません

 

 1番肝心なのは英会話の基礎を身に付けるまでの期間、継続して勉強を続けることです 

www.takumoney.com

英会話ができるとお金を稼ぐことができるの?

英会話がしたいと言う人の中には、英語ができると仕事に役立つからと言う理由が圧倒的多数ではないでしょうか

 

旅行などで海外の人とコミニケーションを取りたいと言う人は、どちらかと言うと自分なりに勉強しながらコミニケーションができる人が大半です

 

一方で仕事で使わないといけないから英会話を勉強しないといけない人にとっては、英会話を取得することで少しでもお金を稼ぐことができるんではないかと言うモチベーションもあるのではと思います

 

これは確実に英語ができる方が年収が高くなります

 

お金を稼ぐ可能性も高くなります

 

理由は明確で、英語を話す機会があるような部署に入れば、海外のビジネスを任せられる可能性が高くなり、会社からの評価が上がりやすくなるからです

 

実際に日本の企業に入ってわかったことが、いくらグローバルの流れが来てるといっても、積極的に海外に行きたいと言う人は少数派だということです

 

やはり日本は恵まれている国なので、わざわざ海外に行って生活すると言うことを嫌がる人が圧倒的に多数なのです

 

そもそも、英語という慣れない言語で生活するのも嫌ですし、家族がいれば単身赴任にするか、家族会議しないといけなかったりします

 

つまり英語を話せるか話せないか以前に、海外に行きたいか行きたくないかという点で、行きたくない人の方が多いというのが現実です

 

なので、英会話を勉強しようと言うだけで、海外に行ける可能性が高くなるので、その分仕事の幅も広がります

 

ただし、やる気だけで海外に行けるわけではないので、実際に英会話のスキルがあることをプレゼンするような機会があるかもしれません

 

もしくは、ほとんどの日系企業では、海外に行くための条件がTOEICで定められていたりします

 

正直な話、TOEICでは英会話力は表現できないのですが、逆に言えばTOEICのスコアを使って最低限の英語の基礎知識があることを示せれば、英会話はできなくてもいいと言う話かもしれません

 

いずれにしても、英会話ができることによってあなた自身に自信がつく事はもちろん、履歴書にも英語ができると言うことを表現することができます

 

昔に比べて、英語を学ぶ機会が圧倒的に増えたことや、インタースクールや海外大学出身の方も増えてきたのは事実です

 

しかしながら、客観的に見れば英語が得意な人や英会話が得意な人は日本人では極々少数なのです

 

英語だけできても仕方がないよねと言うのは、ある意味正しいです

 

しかし英語ができることであったり、英会話ができることによって、大手の企業に入れたり、企業の中で海外の部署で挑戦する機会に恵まれたりと

 

結果としてお金を稼ぐための機会が増えるのは間違いありません

 

学生の方で、将来お金を稼ぎたいんだけど何をすればいいかわからないと言う人がいれば、とりあえず英語だけは勉強するとマジで得だよと言うことを伝えたいです

 

www.takumoney.com

英会話を勉強したらネイティブ並みに話せるようになるの?

これはイエスでもありノーでもあります

 

ある意味、英会話もセンスが問われます

 

 100人いて100人とも英語がペラペラ話せるわけでは無いのです

 

これには理由があって、例えば英語の発音については、耳が良くなければ正しい音と、そうでない音を正確に聞き分けることがそもそもできません

 

耳の良さは幼少期から作られるものなので、もともと耳が良くない人が英語でネイティブに話すというのは無理な話なのです

 

ゴールをどこに置くかを明確にしましょう

 

英語を使ってお金を稼ぎたいのであれば、ある意味、伝わる英語が話せれば全く問題がありません

 

例えば経済の話をしたいときに、TOEIC 990点で英語がペラペラだけれども、経済の知識を全く知らない人と、TOEICを受けたことがないけれども経済の知識の豊富な人がいれば、当然、後者の人が求められます

 

最悪な話、英語が話せなかったとしても、通訳を雇って通訳してもらえれば十分なわけです

 

そういう意味で、英語はただのツールと言うのも理解できるのではないでしょうか

 

ただし経済に詳しい人が、英語にも詳しければ、わざわざ2人分雇う必要がないのです

 

つまり、その人1人分で、2人分の価値を見出したと言うことで、その人自身がお金を稼げる可能性が圧倒的に高くなります

 

かといって、経済にも詳しくて、英語もネイティブレベルである必要があるかどうかというとそんなことはないのです

 

残念ながら中学校から英語勉強した普通の人が、ネイティブ並みにペラペラ話すことがほぼ不可能に近いです

 

もともと英語に親しんでいたような人や、耳がいい人、英語の学習に圧倒的な時間を使えるような人でない限り、純日本人がネイティブ並みにペラペラ英語を話すことは非常に難しいのです

 

しかし、少し海外旅行に行った人がいればわかると思いますが、英語は「なまって」いても全く問題がないのです

 

アジア人の英語はなまっていますし、インド人の英語も癖があります

 

日本人が習ってきたアメリカ英語は、イギリスでは時々伝わらなかったりしますし、オーストラリアはオーストラリアのなまりがあります

 

日本人は日本人特有の英語のなまりがありますし、逆に言えば英語というのはなまっていて当然なわけです

 

これは英語をすこしでも話す機会に恵まれた人は当然わかることなのですが、日本にいて全く英語を話す機会がない人は、完璧なきれいな発音で話さなければいけないと勘違いしてしまいます

 

たくみの意見としては、ネイティブ並みに流暢にペラペラ話せる必要は全くないと思っています

 

むしろ専門知識の習得の方が大切であって、例えばITであればAIの知識だったり、金融であればフィンテック(ITと金融の融合した言葉)の知識だったり、簡単な世界各国の歴史の知識だったりを知っている方が圧倒的に大切です

 

英会話の基本だけ取得しておけば、どの分野においても後は英単語を覚えるだけです

 

英会話のゴールをどこに置くかさえ明確になってしまえば、ほとんどの場合、英語を流暢に話せる必要なんて全くないことに気づくでしょう

 

むしろ何を伝えたいのか、何を知って欲しいのか、何を知りたいのか

 

そういったことを明確にしていくことの方が大切なのです

 

www.takumoney.com

 

まとめ。英会話を勉強する上で勘違いしやすいことがたくさんあります!英会話のゴールをどこにするか明確にしましょう

 

たくみの独断ではありますが、ほとんどの人は、なんとなく英語ができた方が良いと言うモチベーションで、英語を勉強したり、英会話を学習してる人が多いと思います

 

しかしながら、英語はそんな簡単に取得できるものではないと言うことを肝に銘じてほしいのです

 

よく、数ヶ月で英語がペラペラと言う本が爆発的に売れたりしますが、なんで売れるかと言うとそれは現実的では無いからです

 

それは「英語がペラペラ」と言うゴールが、とても曖昧だからです

 

単に英語が流暢に話せれば良いだけであれば、例えば「This is a pen」を何回も発音良くネイティブ並みの発音で話せれば、英語を話したことになります

 

日本語ですら、何十年と言う期間をかけてじっくりとじっくりと大量の言語を学んできているわけです

 

今回の記事で言いたい事は、英会話が簡単だと勘違いして、たった数ヶ月、数年勉強して結果が出ないから諦めてしまうという人を減らしたいと言うことです

 

ブログでもそうですが、どうしても結果が出ないと簡単にかつ短期間に結果が出るような方法を求めてしまいます

 

特に英会話と言う曖昧なものであれば、どのレベルまで話せたらいいのかということが全く定義されていないのです

 

海外旅行で問題なく生活できれば良いのか、ビジネスレベルで仕事で使える方が良いのか、大学などで専門的な分野で英語を学習できるレベルを求めているのか

 

英会話といっても、何をゴールにするかで全く勉強の仕方が変わりますし、

 

そして英会話の勉強したいのにTOEICの勉強してしまう人が圧倒的に多いわけです

 

とはいえ、逆説的ですがほとんど日本人の方はTOEICの勉強でスコアを取ることを先決したほうが得です

 

結局、英会話がペラペラにできたとしても、TOEICの点数を見て海外に駐在させるかどうか、入社して良いか決めるような日経企業がいまだに圧倒的に多いからです

 

まずは最速でTOEICの点数をとってしまいましょう。最低でも700点できれば800点をなんとかとってしまいましょう

 

取れないのであれば600点をとりあえず死に物狂いでとれるようにしましょう 

www.takumoney.com

 

その後でオンライン英会話で毎日25分で良いので、出来る限り英語を話すと言う機会に触れてみましょう

 

最初の1、2回は全く英語が出てこず、相手の講師も困り果ててしまって、非常に気まずいことになるかもしれません

 

 しかし、不思議なことに3回目以降はだんだんと何を話せば良いかということがわかるようになってきてしまいます

 

なぜなら英会話の話し方や流れを知って慣れてきますし、だんだんと英語を話すと言うことに口の筋肉や、脳が慣れてくるからです

 

この間さえ覚醒すれば、もう英語が話せたと言ってしまって良いのです

 

600点以上のスコアを出しながら、実際に英語でコミニケーションしたと言う実績を積んでいけば、もう英語上級者です

 

英会話の勉強している人は、ぜひモチベーション高く勉強を継続してください

 

英語を話せると、仕事の幅も広がれば、世界旅行などの行動の幅も広がる事は間違いないからです

 

ただし、できるだけ早くTOEICと言う呪縛から卒業しましょう

 

その後は、出来る限り英会話をするための環境を取り入れましょう

 

タクミが実際にやっていたレアジョブなど、月に5000円以下でできるオンライン講座が豊富にあります

 

たくみの大学院の同級生や、会社の同期など、英語を話さなければいけない環境にあるけども、そこまでお金は使えないという人は、皆オンライン英会話からスタートしていました

 

むしろ普通の英会話教室に通っている人はほぼいません

 

オンライン英会話は自分の空き時間にできることや、早朝や深夜など自分の生活に合わせて、たった25分程度でできることがメリットだからです

 

筋トレでもエニタイムフィットネスと言う24時間、筋トレができるジムが流行っていますが、英会話の学習も自分の生活に合わせてやりたいときにやれると言うのが今の時代なのです

 

ぜひ英語を話したいと言う人はオンライン英会話も積極的に取り入れてみてくださいね

 

オンライン英会話初心者の方は、「レアジョブ」が最もおすすめです。まずは無料で体験して見てください!

 

www.takumoney.com

 

www.takumoney.com