シンプル都心ライフ

シンプルライフに憧れるけれど、都心の生活も満喫したい。そんな欲張りな20代男のシンプル都心ライフ中心のブログです。

成功者の秘訣は「自分の声を信じる」こと?モチベーションを高めるために必要なこと!

f:id:steveperry1373:20181015214651j:image

とあるセミナーにて、コンサルティング会社を数個経営していて、すでに30年以上も継続している成功者の起業家の公演を聞きました

 

アメリカ出身、すでに70代の講師ではありますが、博士課程まで大学を出た後に、パイロットをしたり、民間企業に就職したりとエリート出身です

 

セミナーの内容は「ビジネスをはじめるときのターゲットとなるお客様の決め方」

 

20代の独身女性なのか、60代の高齢の方向けの商品なのかによって、「どんな価値を提供するか」は変わります

 

そんなセミナーをうけたのですが、タクミの興味はセミナーの内容ではなく「なぜ講師がパイロットなどの安定した職から、コンサルティング会社を起業したのか」という、

 

講師の起業した理由や、モチベーションの維持方法でした

 

さて、もともと博士課程で行動心理学を勉強できるくらいの経済的余裕や頭があり、パイロットのような専門職になれる一部の才能の持ち主は、

 

なぜ起業をしたのでしょうか。そして起業するときにリスクは考えなかったのでしょうか

 

結論からいえば、「成功したいなら自分の声に耳を傾ける」必要があるかもしれません

 

 

 

 

成功者の秘訣は「自分の声を信じる」こと?モチベーションを高めるために必要なこと!

 

起業するためのモチベーションは「自分の声に耳を傾けること」ってなにそれ?

講師の方は、パイロットになってから1年後に会社をやめてコンサルティング会社を設立しています

 

安定したパイロットの職についていても、十分満足のいく生活が送れていたはずです

 

そこで、講師に興味本位で色々と質問することにしました

 

タクミ:「起業しようという人はまわりにも多かったのですか?」

 

講師:「私1人だけでした」

 

タクミ:「起業の失敗したときのリスクは考えなかったのですか?」

 

講師:「リスクより挑戦を選びました」

 

タクミ:「起業のモチベーションを高めるために、なにか本やセミナーなどを参考にしましたか?」

 

講師:「いや。モチベーションは自分の心の中にある。本やセミナーなどは関係なく、自分がやりたいからやる」

 

タクミは、成功者は本やセミナーなどから刺激を受けて、リスクの高い起業を選ぶのだと思い込んでいました

 

しかし、講師の方は「自分の心の声を聞け」といいます

 

モチベーションは、決して外部から与えられるものではなく、自分自身でモチベーションを高めないといけないのです

 

決して自己啓発本を100冊以上読んだり、数十万円以上もする怪しいセミナーに行く必要はないのです

 

自分自身でモチベーションを高める方法は〇〇をすること?

モチベーションは自分で高める必要があることを学びました。それでは「どのようにして」自分のモチベーションを高くするのでしょう

 

タクミ:「たとえば早起きが苦手な人は多いと思います。先生はどのようにして早起きしていましたか」

 

講師:「起きたら素早く(クイックに)行動するといいよ。起きた瞬間からパンプアップ(腕立て伏せ)をすると、一気に目覚めるんだ。スタートダッシュが肝心だ」

 

タクミ:「わかりました。」(それすらできない人は、成功する資格なしってことか)

 

というわけで、成功者はストイックです

 

朝、眠気でたまらない状態から、いきなり腕立て伏せを始めてしまうんですから

 

まるで軍隊出身の方のようです

 

もちろん、講師の方はアメリカ出身で70歳を超えていますので、タクミとはあまりにもバックグラウンドが違います

 

しかし、一つわかったのは、成功するためにはストイックに勝るものはないということです

 

噂は本当だった!成功者は〇〇を毎日見ている

かの有名なスティーブ・ジョブズは、スタンフォードの公演にて、数多くの名言を残しました

 

スティーブ・ジョブズ:「毎日、鏡を見て、明日もし、自分が死ぬとしたらなにをするだろうか」

 

コンサルティングの講師は言いました

 

講師:「毎日、鏡を見るんだ。そして、本当にお前の望んでいるものは何かって問いかけ続けるんだ」

 

決して技術的な話ではありません

 

講師の方は、心理学的に「成功したいなら、毎日鏡を見て、自分のやりたいことを考え続けろ」と言っていました

 

そして、マイケルジャクソンの「マン・イン・ザ・ミラー」をたとえ話に入れてきました

 

僕は鏡の中の男に呼びかける
まずは自分から 生き方を改めようと
メッセージは単純明快
世の中をよくしたいなら
自分を振り返って自ら変えることさ

歌詞:MAN IN THE MIRROR 日本語訳(マイケル・ジャクソン 和訳 マンインザミラー BADアルバムバージョン ナンバーワン シングル MJ チャリティ ガンジー マザーテレサ ケネディ) ( 洋楽 ) - マイケルのココロ--FOREVERLAND - Yahoo!ブログ

 

成功するために、「どうすれば、なにをすれば成功できますか」と聞く人は多いでしょう

 

タクミも成功に飢えているからこそ、実際に「どうしたらあなたのように成功して豊かな人生を送れますか」と講師に聞いたのです

 

しかし、講師は「答えはいつもあなたの心に呼びかけろ。外部の声を聞くな」とだけ、メッセージを残してくれました

 

鏡を見て、自分に問いかけるという方法は、自己啓発本では、よくある手法の一つではあります

 

しかし、じゃあ実際にやっているかというと、面倒くさがってやっていませんでした

 

成功できない理由ばかりを探してしまっていないか考えてみた

 

  • 仕事が忙しすぎて、副業なんてする時間ない
  • 才能がないから、成功できなくてもいいか
  • そこそこの安定した人生で十分でしょ

 

最近、こんなことを考えることが増えました

 

しかし、自分が本当になにをしたいのか考えてみると、「まずは本業をしながら不労所得を作って、好きな音楽活動をする」という入社時の目標を思い出しました

 

日々の仕事に追われていると、初心に戻ることを忘れてしまいます

 

  • 忙しくても、仕事がうまくいかなくても、仕事があるだけ幸せ
  • とにかく生活できていれば十分

 

確かにその通りではあります

 

しかし、それだけでは「どうも物足りない」のです

 

なにをすれば良いかは、まだ具体的にはわかっていません

 

そして、タクミは今後も本を読んだり、成功者の話を聞いたりするのかもしれません

 

しかし、本当は自分自分がなにをしたいのか、しっかりと気がついているはずなのです

 

コンサルティング会社の講師は、「答えはいつもあなたの心の中にある」とだけ、答えていました

 

ついつい、誰かに答えをもとめてしまいがちになりますが、もっと自分に問いかけることを増やそうと思い直しました

 

 

まとめ。成功者の秘訣は「自分の声を信じること」の理由がわかった。モチベーションは自分で高めるしかない

本屋に行けば、アマゾンでネットショッピングすれば、「やる気を出す方法」「成功の方法」というタイトルの本がたくさん並んでいます

 

しかし、実際に起業して成功している人は「本や他人の話をあてにするな」と言います

 

結局は「自分の頭で考えて、自分で行動して、自分で自分をモチベート」しないと行けないわけです

 

常に行動する前から「こんなリスクがあるかもしれない。失敗したらどうしよう」という先読みをする癖が、社会人になってから付いてきた気がします

 

本当の意味でのリスクは「なにも行動せずに毎日同じことの繰り返しの中で、寿命が短くなっていくこと」というのを、徐々にですが、実感してきました

 

本や、他人の意見に耳を傾けるのも一つの手段として有効ではあります

 

しかし、最終的には「自分で考えて、自分で行動」することが、成功する最短距離なのではないか、と考えた経験をまとめてみました

 

www.takumoney.com