シンプル都心ライフ

シンプルライフに憧れるけれど、都心の生活も満喫したい。そんな欲張りな20代男のシンプル都心ライフ中心のブログです。

映画「億男」でお金の本質と使い方を学ぶ!宝くじで3億円あたった人はどうなるのか?

f:id:steveperry1373:20181022185608j:image

映画「億男」を見てきました

 

もともと小説版を読んで「これはすごく面白い」と知っていたのですが、まさか映画になるとは思っておらず。。

 

というわけで、東京日比谷ミッドタウンのTOHOシネマズで「億男」を見てきたのです

 

実際の億万長者を100人以上調査して作成された「億男」

 

あらすじは、主人公が3000万円以上の借金の肩代わりをさせられて、妻と娘と別居中という最悪の状況でスタート

 

ある日、宝くじで3億円があたり、借金返済と優雅な生活を夢見るものの、「どうやってお金を使えばいいかわからない」ので、

 

大学時代の親友で、ビジネスを起業して億万長者になった親友に「お金の本質、使い方を知りたい」と尋ねます

 

しかし次の日、気がつくと3億円と親友は主人公の元から立ち去り、「3億円と親友の居場所」を探すために、親友の過去のビジネス仲間を次々と尋ねます

 

そして、会社売却により数十億円を手にしたビジネス仲間たちのお金の稼ぎ方、使い方を学びながら、「お金とはなにか」を学んでいきます

 

今回の記事では映画の内容は書きませんが、「億男」を見て学んだことをまとめてみました

映画『億男』公式サイト

 

 

 

映画「億男」でお金の本質と使い方を学ぶ!宝くじで3億円あたった人はどうなるのか?

「お金」が増えれば増えるほど、「お金」に人生を奪われる

お金が増えれば増えるほど、人は「お金」に執着します

 

たとえは本作では、会社売却によって数十億円を稼ぐ人がでてきます

 

・競馬に大金を使う

・怪しげなセミナーを開催して、参加者を騙してさらにお金を稼ぐ

・質素な団地に住んで慎ましく暮らしているのに、部屋中に十億円が隠されている

 

競馬にお金を使うのは「刺激」を求めるからです

 

使いきれないお金があると、本来はそれ以上稼がなくてもいいはずです

 

なので競馬はお金儲けというよりも、「当たるか外れるかドキドキするスリル」を味わうためにやっています

 

また、セミナーでさらにお金を稼ぐ人は「お金があればあるほどいい」という価値観があります

 

セミナーの中で「1万円札をやぶれますか?」という問いかけがあります

 

ほとんどの参加者は、お金がほしくてセミナーに参加しているので、誰も1万円を破れません

 

しかし、セミナーで洗脳されるうちに、次第に1万円を破いたり、財布の中のお金を捨てたりします

 

そして、破り捨てられたお金は、後日丁寧に修正されて再度お金として利用されるわけです

 

これは詐欺に近いですよね笑

 

最後に、質素な生活をしている人は、一見お金に執着していない気がして良いのではと思います

 

しかし、押入れや襖の下に、十億円もの現金を常に隠し持っています

 

「お金は使うのではなく、貯金して安心を得るもの」という価値観があるのです

 

どの億万長者も、お金に振り回されています

 

質素な団地に住む人も、現金に包まれた家に住むことで安心感を得ているのです

 

数十億円の資産があれば、残りの人生は楽しんで生活できる気がしてしまいます

 

しかし、実態としては「いくらお金があってもお金に縛られて生きる」ことになるのです

 

お金では買えないもの。それは「親友や家族」

ベターな答えではありますが、親友や家族はお金では買えません

 

主人公は3000万円以上の借金を背負い、「借金があるから、妻と娘と別れなければいけなかった。」と思い込みます

 

しかし、3億円の宝くじがあたって借金を返済することができる上に、買いたいものを買ってあげられる状態になったところで、

 

主人公は妻から正式に「離婚届を提出してほしい」と言われます

 

お金では家族は買えなかったということです

 

綺麗事ではなく、家族を養って健康に生活するには「お金」が必要です

 

しかし、家族を養って健康に生活するには、「大金」が必要なわけではありません

 

ここで、「お金がないと生活していけない大切なもの。だけどお金でなんでも買えるわけではない」ことに気づきます

 

ちなみに主人公の夫婦仲が悪化した理由は、娘のバレエのレッスン料を払えないから、主人公が奥さんに「バレエを辞めてほしい」といって喧嘩になったことでした

 

月に1万2000円、発表会は年一回で15万円

 

ちょっと痛い出費ですが、億万長者になる必要はありません

 

妻の願いは「娘がはじめて自分からやりたいといったバレエだけは、習わせてあげたい」でした

 

これは難しい問題ですよね

 

本当は娘にバレエをさせてあげたいけど、借金の返済でそれどころではない

 

タクミも月謝1万2千円で17年間ピアノを習っていました

 

大学の頃に両親から「もうピアノを辞めていいんじゃない?」と、散々言われ続けていましたが、

 

今となっては「自腹でも続けていてよかった」と心から思います

 

億万長者になっても、ピアノを即興で演奏するスキルは買えませんからね

 

そして「親友」もお金で買えません

 

お金を使うことで、一時的に人を呼ぶことはできるかもしれません

 

しかし、「お金を出さないと人が信用してくれない」のは悲しいですし、

 

親友というのは、いくつもの偶然の重なりで知り合って、一緒に遊んでいるわけです

 

となると「家族」や「親友」がいる人は、億万長者になるよりも大切なものを手に入れていることになります

 

ですので、億万長者になって、お金が好きな人が周囲によってくるよりは、本音ベースでなんでも話し合えるような親友や家族は大切にしたいですね

 

 

まとめ。「お金」は大事だけど、「人生」のほうが大切というお話

億男を見て学んだことは、「お金って大切なんだけども、必要分があればいいよね」という感じでした

 

主人公は、戻ってきた3億円の中から、娘が乗りたがっていた自転車を買います

 

もしかしたらもう永遠に家族に戻ることはできないかもしれませんが、少なくとも娘がやりたい、欲しいものを買うことはできました

 

主人公は、この瞬間に「本当のお金の使い道」を知ったのかもしれません

 

つまり「誰かを喜ばせるために、お金を使う」ということです

 

実際の論文の研究においても、「500円あったらスターバックスで自分のものを買うよりも、友人にあげた方が幸福度が高くなった」という結果があります

 

あなたにとって大切な人との関係が続くレベルのお金を稼げることを目標にしましょうね

 

シンプルライフで過ごせるようになれば、そこまで膨大なお金を使うこともありません

 

ちなみに「億男」は、そこまで面白い映画ではありません

 

あくまでお金の本質を少しでも勉強したい人向けの映画ですので、お間違えなくと告知しておきます笑

 

映画『億男』公式サイト

 

www.takumoney.com