シンプル都心ライフ

シンプルライフに憧れるけれど、都心の生活も満喫したい。そんな欲張りな20代男のシンプル都心ライフ中心のブログです。

ちょっとスーパーを変えてみたら、幸せな気持ちになった話

f:id:steveperry1373:20181022202412j:image

神楽坂に住んで早3年目

 

元々は二年ごとに東京各地を転々と引越して、本当に住みやすい場所を見つけたいと思っていましたが、

 

あまりの居心地の良さ、マイナスポイントの少なさから、もう3年が経過しています

 

さて、今回はちょっとしたお話なんですけど、いつも行きつけのスーパーに対して、「もっと面白い商品が売っているお店ないかなあ」と思ったんです

 

そこで普段は行かない「早稲田」方面を探してみると、「三徳」というスーパーを発見

 

値段は張るけども、高級志向な食材を置いているということで行ってみました

 

すると、国産牛だけで数種類、さらに刺身も国産かつ北海道からの輸入品まであり、なんだかみているだけ幸せな気持ちになりました

 

東京に住んでいて、北海道のウニなどの新鮮な刺身を食えるなんて、最高ですよね

 

とか言いつつ、なかなかいい値段がしたので、400円のコハダの刺身を購入

 

これが最高に美味かったんです

 

 

 

 

ちょっとスーパーを変えてみたら、幸せな気持ちになった話

おいしい食べ物が手に入るって幸せだ

三徳はスイスのチョコ、リンツが売られていたり、それ以外にも海外の製菓を輸入していたりと面白いです

 

神楽坂ですと、キムラヤさんにはよく行くのですが、少しこじんまりとしているんですよね

 

キッチンコートというスーパーに行くと、リーズナブルな食材から黒毛和牛、10万円近いワインまで置かれていて、驚いた経験があります

 

しかしアクセス的に遠いので、三徳はかなり良いスーパーだなと思いました

 

普段使いのスーパーも庶民的でとても良いのですが、時々よりおいしいものを食べたくなったりしますよね

 

値段は確かにお高めなものもありますけど、しっかりと国産のものでも「産地」が記載されておりますし、珍しい食材も置いてあるので、なんだかうれしくなりました

 

海外旅行をしても、スーパーやドラッグストアを見るのが、実は大好物だったりします

 

日本では全くみたことのないサイズのスナック菓子やら、大容量の洗剤まで、商品を見るだけで面白いんですよね

 

早稲田の三徳には、海外からの輸入品も多く、当然輸入費代が入って高くってはおりますが、

 

食事の満足度は人生の満足度に直結しますね

 

普段使いはちょっと難しいけど、ブログの収益が安定してきたら、このようなちょっと面白い商品を取り扱っているスーパーに行くのもオススメです

 

時々は業務用スーパーに行くかもしれませんけどね笑

 

 

まとめ。普段、行かないお店に入ることで、ちょっとだけ楽しい気分になる

会社のランチもそうですが、だいたい同じ店で同じメニューを食べることが増えてきました

 

昼間にブログを書けるようなスペースがあって、そこそこ健康志向のお店というと、サブウェイなどのお店になってしまうんですよね

 

しかし、人間には変化が大切です

 

タクミはサブウェイを週5で食べるのも全く苦ではないのですが、

 

例えば三徳のようなお店でちょっぴり良い品質の材料を使って、自炊弁当を作った方が満足度が格段に上がりそうです

 

都心部のオフィス街ですと1000円出しても、普通の味のものが多いですので、自炊に勝るものはないと再確認しました

 

今回は、ちょっとだけいつもと違うスーパーに足を運んだら、ちょっとだけ幸せな気分を味わえた話でした

 

普段はいつものスーパーで食材を購入しつつ、時には、ちょっと高級なお店で食材を買うのも楽しいなと思った話でした

 

www.takumoney.com