シンプル都心ライフ

シンプルライフに憧れるけれど、都心の生活も満喫したい。そんな欲張りな20代男のシンプル都心ライフ中心のブログです。

2018年10月のブログ振り返り。ブログ記事の更新頻度が減った理由を考えてみた

2018年10月は、ブログの更新が落ちた月になりました

 

収益は過去最高になったので良かったのですが

 

やっぱり最低でも月30本は書きたいところです

 

ちなみに2018年9月は50本以上の記事を書けたのですが、

 

このときは休日出勤も含めて過去最高レベルに残業していました

 

10月は9月の半分程度の残業で済んだのですが、それでも本数が少なくなっています

 

というわけで、10月のブログの振り返りと、更新頻度が落ちた理由を分析してみました

 

 

 

 

 

2018年10月のブログ振り返り。ブログ記事の更新頻度が減った理由を考えてみた

 出先が多いとブログを書く気持ちが薄くなってしまう

2018年10月は仕事でもプライベートでも外出が非常に多い月でした

 

国内も研修所に行ったり、海外出張も経験しています

 

筆者の感覚ですが、出先に行ったら出先での経験を楽しむことが重要だと思います

 

特に海外にいる時間は、非日常なわけですから、せっかく恵まれた環境にいるのにホテルにこもりきりでブログを書くのも、なんだかもったいないと考えてしまうのです

 

残業が多いことよりも、外出が多いとブログの更新数が減ることがわかりました

 

ブログの記事は、ほとんどが昼休みに更新していた!

 ブログ記事は昼休みの1時間の間に更新することが多かったことに気づきました

 

ですので、出先ではそもそも昼休みは仕事仲間でランチになることが多く、その分ブログ更新数が減ったことが考えられます

 

ブログの更新の優先順位を1番にしたい気持ちは山々ですが、実際には本業の仕事や人間関係、プライベートでのコミュニケーションを優先したい

 

外出先が多くなるとブログの更新頻度が落ちるのは、大きな発見でした

 

そして、それだけ昼休みの時間というのは、ブログ執筆にとって非常に大切なのだと実感しました

 

 

 

半年に一回しかないテストを控えていた!

10月の3週目に、半年に1回しか開催されない試験を控えていました

 

決して勉強時間が大量に必要だから、ブログの更新が少なくなったわけではありません

 

「なんとなく勉強しないといけないから、ブログの優先度を下げよう」と考えてしまったことが、更新頻度が下がった要因です

 

実際には、ほとんどテスト勉強に時間を割くことができず、中途半端な状態で本番のテストを受けることになりました

 

結果は12月ですが、またもや合格ギリギリのラインになってしまい、前回1点で落ちた失敗を生かせなかったなあと反省しています

 

試験を優先するかブログを優先するかの基準が曖昧になってしまったことが、ブログの更新頻度を下げてしまった原因だと思います

 

ブログの結果で良かったことは「収益」が過去最高益になったこと

ブログの更新頻度を上げることができなかったといっても、全ての結果が悪いわけではありません

 

月間アクセス数は36000PVとなり、9月の42000PVからは落ちてしまいましたが、収益は9月の3倍程度になりました

 

これは、過去の記事をリライト(書き直し)した結果です

 

ブログの記事を更新しないにしても、過去記事をリライトすることで収益は増大することがわかりました

 

まとめ。ブログのリライトと新規記事更新は並行しよう!

というわけで10月のブログ記事の更新頻度が低くなってしまった反省をしてみました

 

そして、今後の対策をまとめてみました

 

・昼休みを有効活用する

・出先でブログを更新できない時は、週末にリカバリーする

・リライト3割、新規記事更新7割の比率を守る

 

ブログを更新する際には、昼休みを有効活用するのが、筆者にとっては最もよいことがわかりました

 

出先で昼休みの時間を使えないとき以外は、確実に昼休みの時間にブログを更新するようにしたいです

 

そして、リライトとブログの新規記事の比率ですが、リライト3割、新規記事更新7割を目安にしたいと思います

 

やはりブログが成長するかどうかは、新規記事をどこまで更新できるかにかかっていると思います

 

リライトは収益増加には確実に役立ちますが、リライトばかりして新規記事の更新がないブログになってしまったら、ブログを書く楽しみもなくなってしまいます

 

というわけで11月は改めてブログの新規記事の更新に集中したいと思います

 

みなさま、いつもブログに遊びに来てくださりありがとうございます!

 

www.takumoney.com

 

www.takumoney.com