シンプル都心ライフ

シンプルライフに憧れるけれど、都心の生活も満喫したい。そんな欲張りな20代男のシンプル都心ライフ中心のブログです。

本業で稼いだお金を使うのと、副業で稼いだお金を使うのでは満足度は異なるのか

f:id:steveperry1373:20181106195453j:image

本当にスローペースで副業をしています。タクミです

 

過去にも副業で稼げたちょっとしたお金を使って、自分の好きなものを購入する記事を書きました

 

本業で稼いだお金を使わずに、副業で稼いだお金で支払うって、なんだかすごく満足感が強いんです

 

というわけで、今回はお金の額に関わらず、本業で稼いだお金と副業で稼いだお金の落ちらでどれだけ満足度が異なるのか、記事にしてみました

 

 

 

 

 

本業で稼いだお金を使うのと、副業で稼いだお金を使うのでは満足度は異なるのか

本業でも副業でも「お金」に色はない

実際問題、本業で稼いだお金でも副業で稼いだお金でも、「お金」時代に色は付いていません

 

ですので、本来は本業で稼いだお金というのも、使うときにはとても感謝して使う必要があります

 

例えば、新入社員の時期に、初めての初任給をもらった時の衝撃、そして親をレストランに招待して初めてご飯を奢った経験は、筆者の人生の中で最も素晴らしいものでした

 

それなのに、時間が経つごとに本業で稼ぐお金を軽視するようになってしまいます

 

「こんなに働いているのに、給与が全然安いよ」と文句をいう人もいるでしょう

 

本業でも副業でも、自分が稼いだお金は大事に使うべきです

 

副業で稼いだお金は「へそくり」?

本業でも副業でも、稼いだお金を使うのに大きな違いはないことを説明しました

 

それでも副業で稼いだお金を使うというのは、「へそくり」を使うようなイメージがあります

 

「副業で稼いだお金は、水物(みずもの)」と考える人もいるでしょう

 

本業で稼げるお金は毎月決まっていますし、将来的にも予測できてしまいます

 

しかし副業は月によって収入が異なるので、安定しない分「もともとは稼げなかったお金」という風に捉えることもできます

 

つまり「へそくり」のようにお金を使えるということです

 

これは精神的にとても役立ちます

 

例えば、へそくりであれば、いつも以上に大切な人や友人に贈り物をするときに、金額を上乗せしてもいいかな、て気持ちになります

 

これが本業で稼いだお金であれば、毎月決まった金額から多くを払わないといけないので、どうしても葛藤が生じるのです

 

副業で稼げるお金は「へそくり」に近いものだからこそ、投資に使ってもいいですし、消費や浪費に使っても問題ないのです

 

本業のお金を浪費すると、あとあと「無駄遣いしたなあ」と後悔するかもしれませんが、副業であれば「このお金の使い方もいい勉強になった」と前向きに捉えることができます

 

本業のお金と、副業のお金は、色はないにしても、実際には違う捉え方をできるようです

 

 

 

副業で稼いだお金で好きなことをしてみると満足度が最高潮になる

せっかく副業で稼いだお金は、貯金するのではなく、使ってみましょう

 

特に、あなたが最も好きなことに副業で稼いだお金を使うのがベストです

 

筆者の場合は、ホテルのラウンジで紅茶を飲んだり、スパで体を休めたり、ちょっと高級な食材をスーパーで買うのが好きです

 

副業で稼いだお金があることで「好きなものを好きなように買える」メリットがありますし、満足度が最高潮になります

 

副業で稼いだお金は、あなたの好きなことに使うようにしましょう

 

まとめ。本業で稼いだお金と副業で稼いだお金は本質は同じ。でも副業のお金は「自由」に使ってみよう!

お金を使うときに、生活費や返済のことを考えると、満足度が下がります

 

一方で、欲しいものや買いたいものについて考えると、満足度が上がります

 

本業の収入から好きなものにお金を使うのは、生活費と返済のことを考えてしまうので、そこまで満足度は高くなりません

 

一方で、副業で稼いだお金であれば、生活費や返済とは離れたところで「自由」に使えるので、本当に満足度が向上します

 

副業で稼いだお金を使うということは、金額以上に満足度に直結するので、ぜひ副業をされている方は、副業の時間を増やして、自分が好きに使えるお金を増やしていきましょう!