シンプル都心ライフ

シンプルライフに憧れるけれど、都心の生活も満喫したい。そんな欲張りな20代男のシンプル都心ライフ中心のブログです。

芸術の秋は「国立近代美術館」と「工芸館」でインゲヤードローマン展を楽しむ!近くの「千鳥ヶ淵公園」でまったりもいいよ!

f:id:steveperry1373:20181108122713j:image

芸術に興味はないけど、美術館や博物館の雰囲気が好きなタクミです

 

芸術の秋ですね。美術館や博物館もさまざまなイベントが開催されています

 

さて、今回は東京メトロ東西線「竹橋」にある「国立近代美術館」と、その近くの「千鳥ヶ淵(ちどりがぶち)」に行ってきました

 

都心の中心部にありながら、自然の雰囲気も味わえる最高の場所だったのでご紹介します

 

 

 

 

 

芸術の秋は「国立近代美術館」と「工芸館」でインゲヤードローマン展を楽しむ!近くの「千鳥ヶ淵」でまったりもいいよ!

「国立近代美術館工芸館」の「インゲヤードローマン展」がシンプルでいい!

 f:id:steveperry1373:20181108122713j:image

さて、もともとは千鳥ヶ淵公園が目的だったのですが、近くに国立近代美術館を発見しました

 

休日でしたが、客足も少なく「人気ないのかな」と思いつつも、入館してみます

 

筆者以外はほとんど外国籍の方ばかりでした。皇居の側はグローバルですね

 

大人1200円で国立近代美術館と工芸館の両方に入ることができますよ

 

また、学生は割引になるようで500円で入館できるようです 

 

インゲヤードローマンとは?シンプルすぎる作品に惹かれる!

さて、今回はインゲヤードローマンというスウェーデンの作品展をやっていました

 

作品はガラス細工がメインなのですが、非常にシンプルなデザインばかり!

 

これはシンプルライフを実践する人にはたまらない展示会でしょう

 

実際に作品も売られていますが、シンプルだけど値段が高いのがネックですね

 

フォークなども数万円してしまいます

 

インゲヤードローマンさんの作品は、かなり上質、かつ機能性も兼ね備えた作品です

 

そしてホワイトとブラックの作品が多いですね

 

日本のガラス細工の専門店とコラボしたガラス製品もなかなか美しかったです

 

残念ながら中は写真が撮れないので(一部は撮影可能でしたが、写真を撮れませんでした)ぜひ、国立近代美術館の近くに立ち寄ったら、作品をみてくださいね!

 

期間は2018年12月9日までです

 

国立近代美術館の近くにきたら「千鳥ヶ淵」もオススメ!

f:id:steveperry1373:20181108122727j:image

さて、国立近代美術館に立ち寄ったら、千鳥ヶ淵公園も行ってみましょう

 

都心のど真ん中にあるのに、みてください。この景色です

 

まるで時の流れが止まったような景色を堪能できます

 

都心のど真ん中にあるのに、土曜日でしたが人はまばらでした

 

新宿御苑や代々木公園など、都心部の公園は休日は大混雑しますが、「千鳥ヶ渕」は穴場の公園です

 

レジャーシートを購入して、お弁当を食べながらまったりしてきました

 

低コスパながら、自然を最大限に満喫できる上に、都心のど真ん中でアクセスもいいので、オススメの観光スポットです

 

 

 

国立近代美術館、千鳥が淵公園へのアクセスは?

国立近代美術館へのアクセスは、東京メトロ東西線の「竹橋駅」から徒歩3分程度です 

 

 

一方の千鳥ヶ淵公園は、半蔵門線の「半蔵門」駅から徒歩3分程度です 

 

国立近代美術館も千鳥ヶ淵公園も、徒歩で移動できる距離にありますので、せっかく立ち寄った際には、両方とも満喫することをオススメします

 

まとめ。芸術の秋は「国立近代美術館」で芸術鑑賞しつつ、「千鳥ヶ淵公園」でまったりするのがオススメ!

都心部のど真ん中、千代田区にありながら、自然たっぷりの千鳥ヶ淵公園と、歴史のある国立近代美術館をご紹介しました

 

休日にも関わらず、人も少ないので穴場スポットとして非常にオススメです

 

ちょっとした気分転換、芸術の秋ということで国立近代美術館と千鳥ヶ淵公園でまったりしてみてはいかがでしょうか!