シンプル都心ライフ

シンプル都心ライフは東京を中心とした都心型ライフスタイルの情報を提供しています。その他、20代の働き方、副業、海外、ホテルなどの情報を展開しています。

2018年のふるさと納税を急げ!年収ごとの納税額目安と一人暮らしオススメの返礼品のご紹介!

f:id:steveperry1373:20181228091137j:image

ふるさと納税という言葉を知っている人は多いけど、実際に何をしているかわかりにくいですよね

 

ふるさと納税を一言でいえば、「2000円を支払って確定申告をすると、1〜2万円ほどの価値がある商品がもらえちゃう」という信じられないくらいお得な制度です

 

普通は、ハイリスクハイリターンの株式投資やFX、ローリスクローリターンのポイントサイトやアルバイトなど、「お金を稼ぐためにはリスクの高さが影響する」ことがほとんどです

 

それなのに2000円の支出で、1〜2万円相当の商品がもらえるなんて、なんか怪しくない?と思う人も多いでしょう

 

しかし「ふるさと納税」は全く怪しいものではなく、むしろ国が推奨している制度ですので、やった方が圧倒的にお得です

 

というわけで実際にふるさと納税をやってみた筆者が、実際に一人暮らしの方向けのオススメの返礼品をまとめてみました

 

 

 

 

2018年のふるさと納税を急げ!年収ごとの納税額目安と一人暮らしオススメの返礼品のご紹介!

ふるさと納税を1行で伝えるなら、「住んでる場所ではなくて、地域に納税する」ことで「お礼の品がもらえる」こと

納税の義務って昔からありますが、サラリーマンの方は普段は会社が納税を勝手にやってくれるので、あまり意識しなくても生きていけちゃいますよね

 

税金には所得税、住民税、社会保険料などいろいろありますが、基本的にあなたが住んでいる場所に対して納税しています。納税は国民の義務となっているので、納税しないと脱税として捕まってしまいますね

 

さて、ふるさと納税は本来はあなたが住んでいる場所に収めるべき税金を、地域活性を目的として地方に収めることで、「お金を納税してくれてありがとう!」ということで、地方の名産品をもらえるというシステムです

 

納税したことを証明さえできれば、あなたが住んでいる地域でも「あなたは地方に納税をしているので、その額だけ税金を引くのをやめてあげますよ」ということになり、結果的に「普通にあなたが住んでいる地域に納税する」のと「地方にふるさと納税する」のでは、トータルの納税額が変わらないのです

 

納税額が変わらないのに、ふるさと納税では税金を支払った見返りに、地域特産のお肉や魚介類をはじめ、地域の特産品をあなたの家まで送ってくれるという素晴らしい制度です

 

ただし、手数料として2000円だけは負担する必要があります。しかし特産品は1〜2万円分くらいが返礼されるので、ざっと5〜10倍もお得というわけです

 

なぜ、ふるさと納税では2000円の負担で、5〜10倍の価値がある商品がもらえるのか?

ふるさと納税では、あなたの年収に応じて、納税目安額が変わってきます

 

こちらのサイトから、年収を入れるだけでおおよその納税目安がわかるようになります

www.furusato-tax.jp

 

本サイトは単身者向けの記事を書いているので、単身者の方をターゲットにして説明します

 

【単身者の年収におけるふるさと納税の目安上限額】

年収300万円:28000円

年収400万円:43000円

年収500万円:61000円

年収600万円:77000円

年収700万円:109000円

年収800万円:131000円

年収900万円:153000円

年収1000万円:177000円

 

こちらを目安にして、毎年上限額付近まで納税すると、全額が翌年に控除されるようになります

 

こちらの上限額を超えてしまうと、控除額よりも納税額が上回ってしまうので、その分は自己負担になりますから注意しましょう

 

 

ふるさと納税でもらえる商品は、納税額の3割が目安

ふるさと納税をすると、地域のお肉や魚、米などの特産品を返礼品としてもらうことができます

 

返礼品の価値としては納税額の約3割が目安となっているようです

 

つまり1万円を〇〇市に納税した場合、3000円相当のお肉や特産品を返礼してもらえるということです

 

なので、納税額が大きければ大きいほど、返礼品の価値は大きくなります

 

年収300万円の方は、28000円まで納税できるので、2000円の自己負担で8000〜9000円の商品をもらうことができますが、

 

年収1000万円の方は、同じく2000円の自己負担で177000円フルで納税した場合、40000円〜50000円相当の商品を毎年もらえることになります

 

納税できる金額が増えれば増えるほど、つまり年収が増えれば増えるほど、ふるさと納税はお得になります

 

しかし平均的な年収300〜500万円の方であっても、毎年10000円〜20000円相当の特産品がもらえるのがふるさと納税のメリットです

 

ふるさと納税でオススメのサイト一覧をご紹介!

ふるさと納税のサイトはいくつかありますが、ほぼ9割型は下記のサイトから申し込みができます

 

www.furusato-tax.jp


www.satofull.jp

 

event.rakuten.co.jp

 どれを選んでも問題はないので、筆者は「さとふる」からふるさと納税をすることにしました

 

ふるさと納税するなら一人暮らしオススメの返礼品は??

自炊をする方なら間違いなくオススメなのが「肉」「米」です

 

ホタテやいくらなどの海鮮類は、家族の方にはオススメですが、一人暮らしなら肉と米があれば、簡単に料理ができちゃいます

 

というわけで筆者は下記のふるさと納税を申し込みました。トータル55000円までにしました。これが自己負担額2000円というのは驚きです

 

【肉系】

[福岡県上毛町]
特盛り九州産豚切落し(4kg)

10000円

 

[大阪府泉佐野市]
黒毛和牛小間切れ切落し2.2kgB339

10000円

 

[岐阜県養老町]
【飛騨牛】カルビ焼肉600g

15000円

 

【米】

[山形県新庄市]
平成30年産 山形県産 はえぬき 精米 15kg(5kg×3袋)

10000円

 

【チョコレート】

[北海道当別町]
ROYCE’人気品詰め合わせ

10000円

 

ほぼ肉!ですね笑

 

チョコレートはロイスが大好きなので納税してみました

 

他にもたくさんの商品を選ぶことができますので、まずはサイトを確認してみてくださいね

 

www.satofull.jp

 

 

まとめ。ふるさと納税は絶対にお得!2000円でお得な特産品をゲットしよう! 

ふるさと納税は、どなたでも申し込みが可能です

 

多少、納税後の手続きは面倒ではありますが、最近ではワンストップ制度という一箇所からの申請が可能になり、以前と比較して便利になりました

 

まずはふるさと納税しなくても、どんなものがもらえるのかサイトを見てみることからスタートすることをオススメします

 

ぜひ2000円の支出で、お得に地域の特産品をゲットしちゃいましょう!

 

「ふるさと納税」で特産品をもらうには「年収」を増やすと、より高価な特産品をもらうことができます

 

あなたの本当の市場価値を測ることで、いまの会社の「年収」が十分なのか無料判定してみましょう

 

「ミイダス」で「適正年収」や「職業適性」を「無料診断」してみるならこちら!

>>>ミイダス