シンプル都心ライフ

シンプルライフに憧れるけれど、都心の生活も満喫したい。そんな欲張りな20代男のシンプル都心ライフ中心のブログです。

効率ばかり重視して「感性を揺さぶる」経験が少なくなっていると反省した話

f:id:steveperry1373:20180617092240j:image

タクミです。

 

さいきん、サラリーマン生活を続けるなかで「無駄な時間を使いたくない」という気持ちが強くなっちゃいました

 

サラリーマンになると、自由時間が限られてくるから、どうしても時間を効率的に使いたくなってしまうんです

 

  • 食べ物はいつも同じものだけ
  • 読む本も評価の高いビジネス書だけ
  • 映画もヒューマン系ばかり

 

つまり、インプットする情報がいつも同じになってしまい、思考回路も前と変わらなくなってしまいます

 

今回は、こりかたまった頭をほぐすためにやってみようと思っていることを、まとめてみました

 

 

 

 

 

経験値を増やすためには、効率ばかり重視しないで「自分が好きなこと」以外のことも経験する

効率化ばかり考えていると、イライラしがちになる

サラリーマンとして仕事をしていると「常に効率化」ばかり考えてしまいます

 

サラリーマンの仕事は0から1を作るようなクリエイティブな仕事は少なく、モチベーションを高めるためには、決められた作業を効率化するしかないからです

 

  • 仕事の決断が早くなる
  • メールを書くためのタイピングが早くなる
  • 英語を使うので、ビジネス英語の能力が上がる
  •  ITの知識がつく

 

キャリアの面では、本当にもうしぶんない環境で働けています

 

しかし、最近はキャリア以外のことは無駄と考えがちになります

 

  • 映画をみるのも時間の無駄
  • 役立たない小説などの本を読むのも時間の無駄
  • 誰かの相談に乗るのも時間の無駄

 

そして、最近は無駄だなあと思うことにイライラするようになってきました

 

そして、「これはまずいなあ」とだんだん自覚してきました

 

作業を効率化する理由は、仕事をサクッと終わらせることで人生の目的じゃない

本屋に行っても、ビジネス本で売れているのは、効率化の話ばかりです

 

  • ゼロ秒思考
  • 伝わるメールの書き方
  • 三ヶ月で英語をマスター
  • 10日で高校の〇〇を勉強しなおす

 

すべて効率化の話です

 

いかにも、すぐに仕事に役立ちそうなノウハウ本が売れています

 

しかし、人生の目的は仕事の効率化だけではないはず

 

  • 映画を見て感動する
  • 音楽を聴いて感性をゆさぶる
  • 美術館に行って、過去の作品に触れる
  • 誰かと、たくさんの時間を使ってたわいもない話をする
  • ふらっと一人旅をして、たそがれる

 

作業の効率化というのは、仕事をサクッと終わらせて余暇の時間をたくさんとれるためのツールでしかないです

 

そしてせっかく時間ができた余暇を、またビジネス本を読んで効率化ばかり勉強しても仕方がない気がしてきました

 

もっと、多くの時間を感性を揺さぶるようなことをする

 

もっと、多くの時間を人と交流することで感性を揺さぶる

 

効率化ばかりに集中して、自分の感性を揺さぶる経験をする時間を使ってなかったなあと反省しました 

 

 

まとめ。仕事ばかりしていると、頭が固まってしまう。感性を揺さぶる経験にたくさん時間を使うべし

もともと、学生時代は、月に100本の映画を見たり、音楽を作曲したり、ピアノを弾いたり、自由な時間を満喫していました

 

社会人になると、毎日の生活がワンパターンになりがち。

 

もっと過去のように自分の時間を感性を磨いたり、人と会うことに積極的に使っていきたいと思いました。