シンプル都心ライフ

シンプルライフに憧れるけれど、都心の生活も満喫したい。そんな欲張りな20代男のシンプル都心ライフ中心のブログです。

落ちこんだときがチャンス!失敗してもできるだけ早く立ち直る方法

f:id:steveperry1373:20180620225815j:plain

タクミです。

 

モチベーションは本当に何をするにしても大切ですよね

 

ぶっちゃけた話、健康で前向きな性格だったら、人生楽しくて仕方なくなります

 

しかし心理学を勉強して、常にポジティブにいる努力をしていても、落ち込むこともあります

 

そんな落ち込んだときにも、できるだけ早く立ち直る方法を考えてみました

 

 

 

 

 

落ちこんだときがチャンス!失敗してもできるだけ早く立ち直る方法

落ち込むということは、難易度が高いゲームを攻略するようなもの

落ち込む原因の1つは「何かにチャレンジして失敗した」こと

 

目標を立てて、努力しても、結果が出なければ「失敗」です

 

しかし、普通ならモチベーションが下がる「失敗」ですが、逆に考えれば「今まで以上に難しい挑戦をした」とも考えられます

 

簡単なこと、できることしか挑戦しなければ「失敗」することはないですからね

 

タクミはある目標をなかなか達成できず、とても落ち込みました

 

しかし難易度が高い挑戦をしていると思えば、次もモチベーションを高く挑戦できます

 

難易度の高いゲームを攻略しようとしているのですから、結果が出るまで挑戦したいところです

 

 

 

落ち込んでも、失敗しても「死ぬ」わけじゃない

落ち着いて考えてみると、「自分で目標を立てて失敗」したなんて大したことじゃありません

 

目標を達成できなかったことは、周囲には「あいつ失敗したよ」と恥ずかしい目で見られるかもしれませんが、すぐに忘れられます

 

「恥をかく」程度の失敗であれば、全く問題ないです

 

先日、サッカーの試合が非常に盛り上がりました

 

しかし、サッカーを「娯楽」と考えているモニターの前の視聴者がいる一方で、致命的なプレーの失敗が「生死にかかわる」プロ選手もいます

 

実際に、とあるプロ選手が、プレーの致命的なミスが原因で試合に負けた時、帰国後に若くして亡くなられています

 

自分の生死をかけて目標に挑戦する人と比較すれば、生活に全く影響もないのに、勝手に自分で立てた目標に失敗したくらいで落ち込んでいられません

 

落ち込んだときに、自分が恵まれていることに気づく

人生がかかっている目標であれば、失敗したら落ち込むのは当然のことです

 

実際に、タクミは18歳で大学受験を失敗したときに、2週間ほど強烈なショックを受けてしまいました

 

そして大学院の受験も、「全く手応えがなく」帰りの新幹線で精神的に追い込まれた状態になっていました

 

しかし、仮に失敗したとしても、生きていける生活費は十分に稼げますし、好きなものを食べる自由や、家でゴロゴロしたり音楽や映画を見たり、ブログを書くことができます

 

給与が減額されるわけでもありません

 

結局なにひとつ変わらず、元の人生があるだけです

 

落ち込んだ状態でいると、普段はあたりまえのように生活している現状が、非常に恵まれているんだと気づくキッカケになります

 

ご飯食えて、好きなことできて、ぐっすり寝られるので十分すぎるくらい幸せなことですからね

 

まとめ。失敗から立ち直るには考え方が重要!

正直な話、生活に支障はなくとも、目標を立ててそれなりに努力して失敗したら「非常に悔しい」ですし落ち込みます

 

しかし、過去の自分と比較すれば、確かに成長はしているはずですし、何も目標なくダラダラといるよりは、失敗しても目標に向かって挑戦したほうが楽しいです

 

今回の失敗でめげずに、もっと難しい挑戦にどんどんとりくんでいきたいところです

 

何か難しいチャレンジに挑戦されている方は、ぜひ失敗してもあきらめずに頑張ってください!

 

それでも元気がでないときは、「本」を読んで参考にして見ましょう。

www.takumoney.com