シンプル都心ライフ

シンプルライフに憧れるけれど、都心の生活も満喫したい。そんな欲張りな20代男のシンプル都心ライフ中心のブログです。

学生時代に「一見ムダなことをやってじっくり考える」のが重要だと思う話

f:id:steveperry1373:20180622121311j:image

社会人になると、奴隷のように働いてばかりで休みもない

 

学生時代のサラリーマン生活のイメージは、まさに奴隷のようなものでした

 

そして、社会人なりたてのころは、2ヶ月の休みが年に数回もある大学生活を懐かしんだりしました

 

ただ、社会人3年目になると、学生時代にしたかったことは、ほとんどのことができるようになります

 

学生時代は、やりたいことでいっぱいでしたが、学生時代にやりたかったことは社会人になっても十分にできます

 

しかし、学生時代にしかできないこともあるのでは。そんな話です。

 

 

 

学生時代に「一見ムダなことをやってじっくり考える」のが重要だと思う話

学生時代にやりたかったことは「90%」お金があれば解決する

学生時代、人生のやりたいことを毎年書き出しては更新していました

 

すぐにでもできそうな目標から、パートナーが必要な目標まで様々です

 

それでも感覚的に90%は達成できています

 

学生時代にしたかったことは、お金が必要なことがほとんど

 

社会人になって独り立ちしてから十分にできます 

 

学生時代にすることは「英語の勉強」と「理系に進むこと」

 

16歳のころは、「もう若くないから、焦らないといけない」と思ってました

 

俳優のオーディションを受けたり、歌の練習をしたり、ビジネス書を読みまくったり

 

しかし、16歳でしておくことは「英語の勉強」と「理系に進学する」ことくらいで十分でした

 

英語ができれば、大学院や就職で有利です

 

理系であれば大学院の進学がしやすくなりますし、論理的に考える力が身につきます

 

好きなことをするにしても、人生の進路の可能性を広げていくことが大切です

 

もともと筆者が大学受験や大学院受験で難関大学に合格したかったのは、「芸能活動で有利になりそうだから」でした

 

高学歴芸能人であれば、仕事の幅が増えるかも、と思ったからです

 

実際には、芸能であれ社会人であれ、仕事の幅を増やすことが大切です

 

学生時代は、可能性は無限大に感じますが、やるべきことは「将来の可能性を広げること」でした

 

学生時代にしかできないことは「スポーツ」

社会人になれば、学生時代にやりたかったことは90%できます

 

しかし社会人で難しいのはスポーツを思いっきり楽しむこと

 

スポーツは10代の若い時期のほうが圧倒的に楽しめます

 

筆者は野球部や柔道部に入っていました

 

どちらもセンスはなかったので活躍できませんでしたが、とにかく走りこんだり、トレーニングしたり、縦関係を学ぶにはスポーツは良かったと思います

 

スポーツは、健康のために大人になっても続けるほうがいいですが、いきなり社会人になって身体が動かないとモチベーションが下がります

 

できればスポーツは学生時代に始めるのがいいと思います

 

学生時代にしかできないことは「考える」こと

また、学生時代にしかできないことは、「じっくりと考えること」です

 

学生時代は時間があります。そして、未経験のことがたくさんあります

 

  • 読書
  • 恋愛
  • アルバイト
  • 受験
  • スポーツ
  • 趣味

 

学生時代の特権は「社会人になるまで時間があること」です

 

時間がある分、色々なことをして「じっくりと考える」ことが重要だと思います

 

決して時間を効率的に使おうと考えなくてもいいと思いますし、むしろ「一見ムダそうなこと」に着手すべきです

 

  • まるまる一週間家でゴロゴロしてみる
  • 映画、ドラマ、本、漫画を見まくる
  • ちょっと変わったバイトをしてみる
  • 様々な考えをもつ人と関わる

 

特に、様々な考えをもった人と関わるのは学生時代にはとても重要だと思います

 

社会人になると、時間を効率よく使いたくなるので、自分と価値観の合う人としか、時間を使いたくなくなります

 

筆者は、学生時代、起業家やセミナー主催者、芸能関係、外国の人など、自分の人生で触れ合わないような人と触れあうようにしました

 

色々な人に会うと「この考えや行動はすごい」と思う一方で「この考えや行動はちょっと自分には合わない」とも思うはずです

 

様々な人に会ったことで「自分はどんな価値観をもっていて、どのように生きていきたいのか」よく考えるようになりました

 

学生時代は時間があります

 

ぜひ、色々な人と出会うことで価値観を広げてもらえばと思います

 

社会人になってもできるのですが。。

いかんせん腰が重くなりがちです

 

まとめ。学生時代にしたいことは社会人になっても、だいたいできる。でも学生時代は「じっくり考える」時間がある

 

人生なんて効率的に生きる必要はないと思います

 

筆者も大学を留年してますし、目標がバラバラです

 

要領もよくない人間だと思うので、他人よりも何かを取得するのに時間がかかります

 

でも、時間がかかったっていいと思います

 

むしろ一見ムダかなあと思うことを学生時代にガンガンやっておいたことで、遠まわりしながらも楽しく社会人を送れている気がします

 

学生時代にやりたいとおもったことは、社会人になればだいたいできますが、唯一学生時代にしかできないことは、「いろいろやりたいことをやって、じっくり考える」ことだと思います