シンプル都心ライフ

シンプルライフに憧れるけれど、都心の生活も満喫したい。そんな欲張りな20代男のシンプル都心ライフ中心のブログです。

ブログを書くメリットは、「どんな経験でもネタにできる」ということ。そして「誰かの役に立つかも」という期待をもてること

f:id:steveperry1373:20180729231849j:image

ブログを副業としてスタートする人は、タクミをふくめて大勢いると思います

 

タクミの知り合いにも、本業の正社員として仕事をこなしながら、ブログや商品を紹介するアフィリエイトをやって見た人が多いです

 

とは言っても、ブログやアフィリエイトで収益を出すのは、想像以上に難しいこと

 

むしろ、ブログを書くことの本当のメリットは、収益化よりも、「どんな経験でもネタにできる」ということ、そして、「ブログの記事が誰かの役に立つかも」と思えることではないかと思った話です

 

 

 

ブログを書くメリットは、「どんな経験でもネタにできる」ということ。そして「誰かの役に立つかも」という期待をもてること

ブログを書くと、自分の不幸を客観的に見ることができる

ブログは、自分の失敗やら不運をおもしろおかしくネタにできるメリットがあります

 

たとえば仕事で失敗してしまった時

 

普通であれば、一日以上は落ち込み、会社の同僚や親友、パートナーに慰めてもらったり、お酒を飲んで忘れようとしたりします

 

しかし、ブログをやっていると「失敗した経験」すら、ネタとして文章にすることができます

 

もちろん、仕事以外のプライベートでも同様です

 

  • 仕事で大きな失敗をしてわかった5つのこと
  • 海外旅行の準備不足で、割高になってしまう前に注意する5つのこと
  • 大好きだった人にフラれてしまった時にできる5つの解決法

※なんとなく5つという数字を入れると、ブログのタイトルっぽいですよね笑

 

ブログをやっていなければ、どんなミスも自分にのしかかってきます

 

しかし、ブログをやっていれば、たとえ失敗体験だとしても、客観的に何がダメだったのか分析することができます

 

そして、文章にアウトプットすることで、頭の中に残ってしまった失敗した出来事を、すっきりと吐き出すことができます

 

ブログを書くことの本当のメリットは、実体験で失敗した経験であっても、どんな話題でもネタにできるということです

 

 

自分の失敗のネタは、読者の方への警告になる

世の中には数十万冊以上の本がありますよね

 

図書館にいけば、たった100年程度の寿命では読みきれないほどの本が置いてあります

 

なぜ本の作者は、いつの時代も、わざわざ文章を書物に記すのでしょうか

 

それは、「本を出して一儲けしたいから」という理由と「自分と同じような失敗を繰り返して欲しくないから」という2つの理由があるからだと思います

 

小さな子供がいる両親が、「将来は勉強して大企業や公務員になりなさい」というのも、社会人を経験した両親が、大企業や公務員になった人を見て、もしくはそのような周囲の人の生活を見て、思いやりから子供に伝えているわけです

 

子供としては、両親がなんで口うるさく「勉強しろ」「安定した仕事につけ」と言っているのか、理解できません。それは子供自身は社会がどのようなものか、イメージすることができないからです

 

タクミも中学、高校時代は、両親が勉強しろと言っている意味が全くわかりませんでした

 

たまたま、タクミは芸能人、有名人になりたいという願望があり、たまたま高学歴芸能人が特集されていた時期があったので、学歴があれば芸能界でも役立つかなあと、勉強を勝手に始めたのが受験勉強のきっかけです

 

自分が大切にしている人には、できれば理想的な生活を送ってほしいもの

 

どの時代にも大量の本が出版される背景には、多くの人が「俺のようにならないように、俺の有益な情報を読んでくれ」という気持ちが隠れているのではと思います

 

ブログも同じです。成功体験を書くことももちろんありますが、むしろ人生の中で失敗した経験を書いた方が、読者の方にとってはおもしろいと思いますし、参考になると思います

 

人生の幸福度は「年収」以外に「誰かの助けになれるか」が重要

世界最高峰の頭脳が集まるような、ハーバード大学をはじめとした研究機関では、数十年という長期間にわたって、人間が幸福に感じるための条件を研究して、すでに結果が出ています

 

その結果は、「愛する人とともに、豊かな時間を過ごすこと」

 

わざわざ数十年間もかけて、そして何千人、何万人という実在の人間をサンプルにして、世界最高峰の頭脳を用いて、研究してきた結果はとってもシンプルそのものだったそうです

 

もちろん、こちらだけでなく、幸福度の研究結果は多数あり、有名なのは年収7,5万ドル(832万円)までは、年収が増えるにしたがって幸福度も比例して増えるというものです

※2018年7月時点

 

結局、誰もが薄々知っている結果となりました

 

平均よりも多少お金に余裕があって、愛する人がいるという状況が最も幸福なわけです

 

愛する人がいるというのは、とても重要です

 

どんなにお金を稼ぐことができても、好きな人や大切な人がいなければ、お金を使う機会がありません

 

せっかくお金を頑張って稼いで、高級な服やらホテルやらを予約できるようになったのに、誘いたいという人がいなければ一人で寂しく人生を過ごすことになります

 

タクミは、ちょっとした贅沢な趣味で、都内の5つ星ホテルに一人で泊まって見たり、一人で海外旅行をしたりしてますが、やっぱり好きな人がいるほうが断然たのしいとおもいます

 

話が脱線しましたが、幸福度を上げるには、誰か他の人を大切にしたり、誰かに役立つ情報を提供して、その人が成功したり、気持ちが楽になったりすることの方が重要です

 

ブログを書く理由が、アクセス数を集めて収益を得ることだけでは、正直なところ400記事もブログを更新できていないと思います

 

タクミが経験したちょっとした情報が、読者の誰かにとって、少しでも役立つようなことがあると嬉しいから、ブログを書いています

 

もしあなたが、手持ちで1000円を持っていて、スターバックスでコーヒーを買うなら、500円のコーヒーを一日2杯飲むよりも、1杯分の500円は大切な人に奢った方が幸福度は高まるそうです

 

ブログも、たった一文か、1記事かはわかりませんが、たった一人の読者の方にとって肩の荷がなくなったり、ちょっとしたリフレッシュになったりすることが最も嬉しいです

 

ブログを書くメリットは、読者のたった一人の方にとって、自分の書いた文章がやくにたつかも、と思えることにあると思います

 

まとめ。ブログのメリットは、スキルアップや収益化だけじゃない!

もし月収20万円をもらえる仕事を紹介されても、一日8時間、水の入ったバケツをA地点からB地点に往復させるだけの仕事だったら、辛すぎると思いませんか

 

月収20万円は大金ですが、お金をもらえることよりも、誰かの役に立っていると思えない仕事であれば大変なストレスを感じるはずです

 

ブログが楽しいのは、もしかしたら自分が過去に書いた記事の、たった一部の文章が、読者の誰かに役立つことがあるかもしれない、と思えることです

 

実際に、過去400記事のアクセスを分析してみると、「仕事 考えすぎ」などで検索してくださる方が多いようです

 

インターネットで悩みを検索するということは、本当に悩んでいて、何か答えを求めている状態だと思います

 

タクミが毎日のように、考えたこと、経験したことをブログに書くことで、たった一人の読者の人の役に立つなら、ブログを書くということは最高の生き甲斐になります

 

また、ブログであれば、タクミが本業やプライベートな時間を過ごしている時でも、読者の誰かの目にとまるようになります

 

実際に、1記事も更新できない日であっても、500〜800回はブログの記事が読者の目に留まっているようです

 

ブログを書くメリットは、文章力アップによるスキルアップや、広告や商品販売促進による収益化だけではない、ということを伝えられれば嬉しいです

 

www.takumoney.com