タクログ

シンプル都心ライフ

シンプルライフに憧れるけれど、都心の生活も満喫したい。そんな欲張りな20代男のシンプル都心ライフ中心のブログです。

サラリーマンだけど、4ヶ月連続30記事以上、毎日ブログを更新できている理由とは?

f:id:steveperry1373:20180813080452j:image

サラリーマンをしながらブログを書く人の最大の問題点は、時間がないと言うことです

 

サラリーマンの宿命は、平日は朝から晩まで、ときには残業して深夜まで、さらには休日出勤なども含めて仕事漬けになってしまうことです

 

たくみも、そこまでの激務と言うのは経験していませんが、最大で月に50時間程度の残業を経験したことがあります

 

昨年は、平均すると月に30時間程度の残業していました

 

平日の夜、ときには休日も含めて忙しいサラリーマンが、どのようにしてブログを更新するかについて常に考えてきました

 

そして、ここ4ヶ月、毎日30記事以上を継続してブログを書くことができています

 

もっと言えば、過去4ヶ月を平均してみると、合計で229記事書いています(この記事を含めると230記事です)

 

つまり、1ヵ月平均57.5記事書いています。 1日2記事書くペースです

 

というわけで、サラリーマンだけど、4ヶ月連続で30記事、ほぼ1日に2記事ペースでブログを更新できたコツ、生活スタイルを紹介します

 

 

 

サラリーマンだけど、4ヶ月連続30記事以上、毎日ブログを更新できている理由とは?

スマートフォンの音声入力はフルで活用すべし!

こちらの記事は、スマートフォンの音声入力で書いています

 

www.takumoney.com

 

www.takumoney.com

 

www.takumoney.com

 

ブログを読むとお分かりの通り、文章の末尾に「。」がついていないですよね

 

音声入力の欠点としては、細かい文章の入力は向いていないと言うことです

 

もちろん、この「、」を入力する際には、音声入力で「てん」と言えば入力されます

 

同じく、「まる」といえば、 「。」が入力されます

 

ただ、「まる」の場合は「。」「丸」「0」「◯」など、他の変換にされてしまうことも多いです

 

なので、語尾は「。」をつけていないのです

 

ブログを更新していくときに大事なのは、文章を書くと言うことです

 

語尾に「。」をつけることではありません

 

スマートフォンの音声入力で、朝の出社前の時間や、帰宅後の空き時間などに、15分から20分程度で、一気に文章を入力します

 

その後で、MacBook Airなどのパソコンを使って、内部リンクをくっつけたり、細かな文章の修正をします

 

音声入力を使うことによって、文章の入力にかかる時間が大幅に短縮できます

 

たくみはタイピングが得意ですが、どんなにタイピングが得意でも音声入力の入力の速さには全く及びません

 

それはそうですよね。音声入力であれば、漢字の変換まで含めて、例えばタイピングと言う文字もカタカナで入力してくれますから

 

サラリーマンの方は時間がありません。ブログを継続するためには音声入力をフル活用しましょう

 

少しだけ、ブログの優先順位を上げてみる

昨年の4月にブログを始めたときは、当初はブログの優先順位はとても高かったです

 

それは、本業だけでなくブログを副業として収益化したいと言う強い目標があったからです

 

しかし、モチベーションはいつも始めが最も高く、時間が経つにつれてモチベーションが下がってきます

 

特にブログの場合は、結果が出るまで数年単位かかることがザラです

 

どうしてもブログの優先順位が下がってしまうと、無理にブログを書かなくても良いかと言う気持ちになってきます

 

そこで、少しだけブログの優先順位を上げてみましょう

 

例えば、真面目なサラリーマンの方であれば、テレビやネットサーフィンをする時間よりも、読書をしたり、ジムに通ったり、意識高い行動をされる方が多いと思います

 

このような場合、例えば読書であれば、まずは本を読んで情報をインプットしてから、書評書いたりとアウトプットします

 

しかし、もし読書に時間がかかってしまった場合、ブログを書く時間を取ることができません

 

なので、まずブログ記事を書いてから、時間があれば読書をすると言うふうに、アウトプットを優先順位の上位に持ってくるようにしましょう

 

アウトプットの内容は、その時、思った事で良いです

 

例えば、読書であれば「なぜその本を今の時期に読もうと思ったのか」ということについては、アウトプットすることができるはずです

 

  • 仕事でミスをして悩んでいるのか
  • 年収を上げたくて、キャリアアップのために読んでいるのか
  • たまたま誰かに勧められたから読んでいるのか

 

ブログで書評を書く際にも、正直な話、本の内容よりも、なんでその本を読もうと思ったのかという動機の方が大事だったりします

 

失礼を承知で言えば、本の内容と言うのは、特にビジネス本であれば、ほとんどの本で同じ事しか言っていません

 

大切な事は、ほぼ本質的、深層心理的なことなので、表現の仕方が違うだけで、結局ほぼ、どのビジネスも同じことを言っているのです

 

だとすると、書評を書く際のコツとしては、「なぜあなたが、今この時期にその本を読もうと思ったのか。何を解決したかったのか」ということの方が大切です

 

書評に限らず、購入して良かった商品をお勧めする際にも、「なぜあなたが今の時期にその相手も必要だと思ったのか」と言う動機について、詳しく書いていくと、オリジナリティーが出る記事になります

 

話が少し脱線しましたが、生活の中でブログを書くと言う優先順位を上げることが大切です

 

どうしても、幼少期からのインプットが大切と言う刷り込みが日本人にはあるため、ブログを書くにしても、ブログを書くための情報を集めようとしてしまいます

 

しかし、ブログを書くための情報と言うのは、ブログを書いてから初めてわかってくるものです

 

まずはアウトプットが大切ということを意識して、今頭の中で考えているちょっとしたネタについて、文章に起こしてみると言うことをやってみましょう

 

その後で、情報が必要だと思ったら、読書だったり他の人のブログを読むであったり、情報収集のほうに力を入れれば良いと思います

 

ブログを書くときの、思い込みを捨ててみる

ブログの更新頻度が伸びない時期は、タクミは大きな勘違いをしていました

 

それは、1日1記事、1ヵ月で30記事ブログを書くと言うのは、とても難しい、と言うことです

 

ブログの更新頻度などを調べると、「毎日1記事書きましょう」と言う、ごくごく当たり前の情報を目にすることがあります

 

そのような情報見ていると、1日1記事すら更新できない日には、大きくテンションが下がってしまいます

 

しかし、普通に生活していて、毎日最低でも30分から1時間程度、ブログに時間を使うと言うのは、はじめのうちはかなり非常識なことです

 

 1日1記事を更新すると言うのは、あくまでも理想的な話であって、たとえば1週間で7記事を目安にすると言うのが良いのではと思います

 

平日は全く時間がない人もいると思いますし、休日の土日どちらかで一気に記事を書いてしまって、毎週平日に更新していくというスタイルも、もちろんありです

 

 1週間でも良いですし、1ヵ月単位で見てもいいです

 

 1日1記事と言うふうに、1日単位で区切ってしまうと目標達成できない可能性が一気に上がってしまいます

 

たくみの場合は、過去4ヶ月は1ヶ月に57記事以上書いている計算になります。余裕で一日1記事以上のブログを書いてます。ほぼ一日2記事ペースです

 

ただし、毎日2記事以上、ブログ記事を書こうとしているわけではありません

 

ブログを書ける時間を見つけては、とにかくブログを書こうと言う意識だけしています

 

このように目標の立て方についても、工夫を1つ入れることによって、モチベーションを下げずにブログを更新することができるようになります

 

ブログを開始したはじめのうちは、1日1記事と無理矢理、目標決めなくても、1週間に2〜3記事位は絶対に更新を続けると言う目標で良いと思います

 

ブログの場合は、目に見えた成長が実感できるまで、少なくとも半年から数年はかかると思っておいた方が良いです

 

スタートダッシュで、一気にブログを更新しても、実際に自分の記事がGoogleやYahoo!から検索できるようになるまでには、時間のラグがあるんです

 

だとすれば、マイペースに数年単位でブログを更新すると言う前提で、ブログを更新したほうが精神的に良いのではと思います

 

ブログを更新するには、物理的な時間は絶対に必要

過去4ヶ月で、毎月50記事以上を更新してきた、たくみです。しかし、実際にはブログを書くと言う物理的な時間がなければ、ここまでブログを更新できませんでした

 

過去4ヶ月の、平均的な月の残業時間は5時間です

 

昨年度は、毎月30時間程度の残業があったことを考えると、6分の1まで残業時間が少なくなっています

 

当然ですが、平日であっても自分の時間が増えたと言う事は、ブログを書くことにとても役立ちます

 

また勤務時間が減ると言うことで、精神的、肉体的なストレスや疲れが減ると言うことも、ブログを書くことに役立ちます

 

やはり本業があまりにも忙しくて、時間的にも、精神的にも、肉体的にも疲労している状態では、毎日1記事、1ヵ月で30記事以上を更新し続けると言うのは非常に酷な話だと思います

 

ブログを書くためには、最低でも本業で疲れはてない位の、物理的な時間が必要です

 

あまりにも残業が多かったり、精神的なストレスが多い場合には、せっかくの土日の作業時間も、寝て過ごしたり、派手にお金を使って時間を過ごしてしまったりしがちです

 

サラリーマンで、ブログを更新していく条件というのは必ずあります

 

サラリーマンの方の100%の人が、ブログを毎日更新できると言う事は全くありません

 

もし、あなたがサラリーマンをしながらブログが更新できないと悩んでいるのであれば、まずは本業で肉体的、精神的にストレスがかかっている状態でないか、確認してみて下さい

 

まとめ。サラリーマンをしながらブログを更新するコツは、音声入力を駆使しながら、すきま時間にできる限りブログを更新し、本業で残業が少ないこと

 

みもふたもない話になりますが、やはり激務な仕事をしていながら、さらに副業するというのは非常に酷な話です

 

正直な話、ブログであれば、空き時間を使って文章を更新することは可能ですので、激務な方であってもかなり相性の良い副業だと思います

 

さらに、最近はスマートフォンの音声入力のレベルが飛躍的に向上しています

 

この記事も、すでに4000文字以上書いていますが、時間にして約20分程度でここまでかけています

 

文章の編集時間を含めても、30分から40分程度で、このボリュームの記事を書くことができています

 

さらに、この記事は、平日月曜日の、仕事の出社前に書いています

 

1記事書くために、1時間半、2時間かかってしまうと考えてしまえば、隙間時間を有効活用しようと思ったり、出社前にブログ1記事書こうと言う風には思いません

 

ブログは、あくまですきま時間を積み重ねて、記事を書いていくものです

 

そして、慣れてくれば、1記事、30分程度、長くても1時間もかからずにブログを更新できるようになってきます

 

ブログの更新慣れてくれば1日1記事を更新する位のレベルは、簡単に達成することができるようになります

 

サラリーマンの方、OLの方にとって、隙間時間を有効活用する方法は、ブログを更新するのが最も良いと思います

 

もし、あなたがサラリーマンやOLをしながら、ブログ更新する時間が取れないと言うのであれば、是非、今回の記事を参考にしてください

 

すきま時間を組み合わせながら、ブログを書くことを考えてみてくださいね

 

時間管理にオススメの本です 

www.takumoney.com

 

www.takumoney.com