シンプル都心ライフ

シンプルライフに憧れるけれど、都心の生活も満喫したい。そんな欲張りな20代男のシンプル都心ライフ中心のブログです。

成功のコツは「0から1をつくる」のではなく「参考資料」を組み合わせてオリジナルを作ること

f:id:steveperry1373:20180823125633j:image

仕事で難易度が高い作業を任されており、少々グロッキーなたくみです

 

仕事というのは、「単純作業」と「クリエイター作業」があると思っていますが、今は「クリエイター作業」を担当してます

 

しかし、たくみを含めてほとんどの人は「0から1を作る」アイディアは浮かんでこないのではと思います

 

いくら時間を使っても、新しいアイディアやらデザインは生まれてきません

 

そこでふとたちどまって考えて見ると、そもそも物事には「0から1をつくる」作業なんてほとんどないのでは、と気づきました

 

 

 

成功のコツは「0から1をつくる」のではなく「参考資料」を組み合わせてオリジナルを作ること

世の中には、すでに多くのアイディアが溢れかえっている

たとえば音楽って、すでに世の中に多くの楽曲で溢れかえってます

 

音楽理論で言えば、リズムもコード進行も有限で限りがあるので、オリジナルの曲を作曲するには、歌詞とメロディで差別化する必要があります

 

しかし、ときどき盗作問題にとりあげられるように、メロディにしろ歌詞にしろ、売れるための曲はどうしてもかぶりがちで

 

なぜなら、売れる曲には当然法則があり、オリジナルの新曲というのは、売れる法則をベースにして、ちょっぴりいじっただけの曲が多いからです

 

そうでない限り、まったく0の状態から、世のなかの人に受け入れられるようなポップでコード進行も秀逸で、人を惹きつける歌詞なんて書くことはできないのです

 

0から1の作業をしようとすると、想像以上に難しい

とはいえ、クオリティを気にしないのであれば、オリジナリティのある曲は簡単に作ることができます

 

全く詩的ではないセリフをラップ調にしてみたり、「なにこれ変だね」と思われるメロディやコードをあえて入れてみたり

 

要は基本的なベースラインから逸れた曲を作るだけなら、簡単に作ることができるのです

 

歌詞に至っては、もう意味がわからないような用語を並べて、メロディに乗せてそれっぽく曲を作ればオリジナリティは完成します

 

問題なのは、オリジナリティのある曲が、世の中一般的に受け入れられるかということです

 

タクミの仕事でも、クリエイティブな思考が資料作成に必須である難しさ以上に、資料を提出するお客様の特性が掴みにくいという二重の壁があります

 

0から1の作業をする際には、無理にクリエイティブに考えようとすると、結果的に全く作業が進まなくなってしまいます

 

「0から1の作業」はほとんどない。すでにあるものを組み合わせて、オリジナリティのある作品を作る

先ほどは作曲をたとえに使いましたが、オリジナリティのある曲は、実は過去に使われていたメロディやコード進行を持ってきて、現代風にアレンジしただけのものが多いです

 

それだけ、0から1を作る作業というのは、本当に難しいわけです。そして、すでに世の中に出ているものをうまく組み合わせることができれば、実はクリエイティブな作品を作ることができるのです

 

仕事で資料を作らないといけないとなっても、世の中には自分よりも能力が高い人がなんどもなんどもレビューを受けて品質を高めた作品で、かつコピーや引用が許可されているものが多数存在します

 

そのような、すでにあるものから、今回最も効果のありそうな図や表現を選ぶにはクリエイティブな能力が必要ですが、0から図形を作成したり、表現を考えるよりは圧倒的に効果的です

 

どうも、作業に詰まってしまった時は、「0から自分でアイディアを考えないといけない」と思考が固まってしまいましたが、すでにあるものをうまく活用することで、難易度の高い資料作成であっても、効率的に作成できるようになるのではと思います

 

まとめ。0から1にする作業はほとんどない。既存のものを組み合わせて、オリジナリティのある作品を作るのが効率的

仕事で作業が思うように進まない時は「アイディア」がないか「文章が浮かばない」か「集中力」が途切れた時です

 

クリエイティブな仕事で作業が止まってしまう場合、前者の2つの要素が欠けている場合がほとんど

 

しかし、世の中には、一般公開されて再利用が可能な資料が溢れています。まずはそのような資料を探すことから、もう一度スタートしてみようと思いました

 

クリエイティブな作業で0から1を作る必要はありません

 

すでにあるものをいかに組み合わせてオリジナリティのある作品を作るかに集中しましょう