中学生の友達と有楽町で飲んで思い出話をしたり、転職の話題になった日【2019年1月19日】

年に1回しか会えない中学時代の友人達と、有楽町で飲んできました

 

華金の有楽町、新橋あたりは、どの店も満員で非常ににぎわっていて良いですね

 

仕事の終わる時間はみな別々なので、予約はなしで適当に目に入ったお店で飲むことにしました

 

たまには「食べログ」評価をみないで、お店にフラッと入るのもいいですね

 

今回はスペイン料理の「ロボス日比谷店」にお邪魔してきました。店内はほとんど「合コン」している人たちで賑わっており、男4人では少しおしゃれすぎなお店でした笑

 

LoBoS 日比谷店

食べログ LoBoS 日比谷店

 

 

 

中学生の友達と有楽町で飲んで思い出話をしたり、転職の話題になった日【2019年1月19日】

業種によってまったく「当たり前」ではない「土日」の過ごし方を知る

中学時代の友人は、公務員をしている人が多いので、飲みの席でももっぱら仕事の話題になりがちです

 

特に覚えているのが、とある友人が土日の過ごし方を話しているときに「オンコールがあるから大変だ」と言っていたことです

 

オンコールとは「休日でも、緊急時には仕事場に行ける距離にいないといけない」ということです

 

なので、土日休日があっても、「仕事場まで1時間で通える場所にいないといけない」ルールがあるようです。なので土日休みでも旅行や遠出ができないというのが大変という話でした

 

筆者は普通にサラリーマンをしていて、土日休みは好きなようにブログを書いたり、温泉に行ったり、遊んでいますけど、自由に土日が過ごせるというだけで恵まれているのだと実感しました

 

転職の話題は20台後半では花が咲く話

そして、話題は「転職」になります

 

公務員のように安定した職種であっても、20代後半になると「別業種の仕事をしてみたい」という気持ちが出てくるのです

 

もちろん、実際に転職することはないと思いますが、20代後半は「このまま新卒入社で入った企業や仕事をし続けて良いのだろうか」と振り返る時期ですからね

 

筆者もこちらのサイトで、市場価値を計算してみたりして「転職するとどうなるだろう」と考えることが増えました

 

ただ予想よりも「推定年収が増えなかった」ので、今の企業でしっかりと修行をしようと思っています笑

 

「ミイダス」で「適正年収」や「職業適性」を無料診断してみるならこちら!

>>>ミイダス

 

こちらも参考に!

www.takumoney.com

 

 

20代後半のライフスタイルは「結婚」も視野に入れはじめる

20代後半になると「結婚」する人も増えはじめます

 

友人達もそろそろ結婚モードに入っているようで、筆者は「もうそんな時期なんだな」と他人行儀で話をしていました

 

今の時代は、ライフスタイルは多種多様ですので、「結婚」するかしないかも選ぶことができるようになっています

 

それでも同級生が「結婚」する人が増えていくと、少しあせる気持ちになることも正直なところです

 

筆者は、結婚の予定は全くありませんが、20代後半になると、一度ライフスタイルを考えなおす時期になるのは、間違いないですね

 

 

まとめ。中学生の友達との飲みの場は貴重な時間。ライフスタイルについて考えるきっかけになった

20代半ばまでは、皆それぞれ好きなことをやる時間がたくさんありました

 

しかし20代後半になると、人生の一つのターニングポイントになるのは間違いありません

 

「仕事」「転職」「結婚」など、ライフスタイルが大きく変わるのが20代後半です

 

こちらのブログでは、20代の独身都心ライフを中心に記事を書いておりますが、時代の流れと共に、「20代」でも「独身」でもなくなるかもしれません

 

環境はどんどん変わっていくわけですから、残された時間で、自分が本当にやってみたかったことをガンガン達成できるように、一日1日を大切に生きたいと考えました

 

皆日本全国で仕事をしていて年に1度しか会えませんが、貴重な時間だったなという思いに浸りました

 

ちなみに2軒目は「つるとんたん」にいって締めました。5回以上行っている「コスパ良し」「雰囲気良し」「アクセス良し」の名店です

www.takumoney.com