シンプル都心ライフ

シンプル都心ライフは東京を中心とした都心型ライフスタイルの情報を提供しています。その他、20代の働き方、副業、海外、ホテルなどの情報を展開しています。

人生初の「ふるさと納税」の返礼品が届いた!「ふるさと納税」のやり方や、気をつけるポイントとは?

f:id:steveperry1373:20190126132836j:image

昨年2018年12月にギリギリで「ふるさと納税」に挑戦してから1ヶ月、初めて「ふるさと納税」の返礼品が届きました!

www.takumoney.com

 

今回の「ふるさと納税」は「5つ」の自治体に納税しました。その中でも最も早く返礼品をいただけたのが「岐阜県養老町」の「飛騨牛カルビ焼肉600g」でした

 

納税額は「15000円」と少し高めです。しかし筆者は「飛騨牛」がどうしても食べたかったので、大変うれしい返礼品となりました

 

飛騨牛は、子供のころに食べたことがあります。父親が旅行好きで「岐阜」に5回以上遊びにつれていってくれたんですよね。そのときに「飛騨牛」がすごい美味しかった記憶があって、今回はふるさと納税で頼んでみたのです

 

ということで、今回はふるさと納税の返礼品の飛騨牛を食べてみた感想、そしてふるさと納税のやり方や気をつけるポイントをまとめてみました

 

 

人生初の「ふるさと納税」の返礼品が届いた!「ふるさと納税」のやり方や、気をつけるポイントとは?

岐阜県養老町の飛騨牛カルビ600gは、「ふるさと納税」で実質「2000円」で手に入った

f:id:steveperry1373:20190126132831j:image

はい、こちらが岐阜県養老町から返礼品として送られてきた「飛騨牛カルビ600g」です。高級感のある箱から、すでに期待値が上がってきます

 

そして、こちらが箱の中身です。けっこう脂身もありそうですが、パッとみて「うまそう」な飛騨牛とご対面することができました。パッケージもうまそうですし、なんだかボリュームがあるように錯覚しますね笑

f:id:steveperry1373:20190126132836j:image

 

こちら、「600g」のカルビが入っております。ちなみにカルビというのは肋骨(アバラボネ)付近のお肉だそうです。初めて知りました

 

「15000円」のふるさと納税で、30%の価値だとすると「5000円」です。なので「100グラムあたり830円」の高級牛肉になります

 

普段、筆者がスーパーで購入している国産牛肉の値段は、「100グラム200円〜300円」程度ですから、通常の3〜4倍の価値があります!これは食べるのがもったいないですね笑

 

そして、ふるさと納税が嬉しいのが「自己負担は2000円」であるということです

 

筆者は合計5つの自治体に「55000円」の納税をしたので、「2000円」を引いた「53000円」は、確定申告で戻ってくるのです

 

本当にお得で嬉しい「ふるさと納税」ですね。筆者は社会人三年目にして初のチャレンジでしたが、もっと早くから「ふるさと納税」しておけばよかったと反省しております

 

 

ふるさと納税の返礼品の飛騨牛600gを食べてみた!

f:id:steveperry1373:20190126132827j:image

それではせっかくの返礼品を味わっていきましょう!

 

「飛騨牛カルビ600g」にはしっかり「牛脂(ラード)」がついておりました。こちらをフライパンに溶かします

 

f:id:steveperry1373:20190126132823j:image

そして飛騨牛を投入します!脂身が多い場所もありますが、赤味が綺麗ですよね。ただし残念なことに「塩こしょう」がなかったので「醤油」を入れたら「コゲ」ました笑

 

いくら肉の質が良くても、やはり腕のいい料理人は必須ですね笑

 

とはいえ、なんとか形になったので、ご飯と一緒にいただきました。焦げた醤油を除けば、飛騨牛は噛むたびに肉の脂身が口にひろがり、これが旨味として感動に変わります。たいへん美味しくいただきました

f:id:steveperry1373:20190126132818j:image

 

「ふるさと納税」のやり方や「気をつけるポイント」とは?

さて、「ふるさと納税」のおかげで「実質2000円」で飛騨牛を堪能することができ、大変満足しておりますが、「ふるさと納税」のやり方や「気をつけるポイント」をいくつかご紹介します

 

まずは、「ふるさと納税」のやり方ですが、こちらは「ふるさとチョイス」「さとふる」などの「ふるさと納税専用サイト」から、好きな商品を選んでクレジットカードで決済するだけで、簡単にできます

www.furusato-tax.jp


www.satofull.jp

 

event.rakuten.co.jp

クレジットカードでのふるさと納税が完了したら、納税した証拠をもとにして「確定申告」するだけです

 

確定申告の方法は2パターンあります

 

1つ目は「ワンストップ制度」を利用するものです。上記のサイトから「ふるさと納税」を完了すると、各自治体から郵送で書類が届きます

 

こちらを2019年の1月10日までに、各自治体に返送するだけで、確定申告が完了し、実質2000円でふるさと納税の返礼品をいただけます

 

2つ目は「税務署」で「確定申告」をするものです。各自治体からの納税証明の書類や本人確認、会社の源泉徴収票などを用意して申請する方法です

 

筆者は1の「ワンストップ制度」の期日までに申請が間に合わず、2の「税務署」での「確定申告」をする必要があります

 

確定申告の期日は、2019年の場合は2月17日〜3月15日の間となります。この期間に申告が間に合わなくとも、最長5年以内に確定申告をすれば、ふるさと納税総額から「2000円」を引いた金額がキャッシュバックされます

 

さて、ふるさと納税で気をつけるポイントは「ふるさと納税できる金額は、年収によって異なる」ということです。ふるさと納税のサイトで、あなたの年収を入力すれば、おおよその目安がわかります

 

【単身者の年収におけるふるさと納税の目安上限額】

年収300万円:28000円

年収400万円:43000円

年収500万円:61000円

年収600万円:77000円

年収700万円:109000円

年収800万円:131000円

年収900万円:153000円

年収1000万円:177000円

 

筆者は、「77000円」程度の納税が可能でした。しかし初めての「ふるさと納税」ということで、ビビって「55000円」までにしておきました笑

 

こちらの上限を超えた金額の場合は、確定申告をしても「損」になってしまいます

 

例えば年収400万円の人が「5万円」を納税すると、「7000円分オーバー」となりますので、はみ出た分は「寄付」という形になります

 

下記の目安を超えないように、ふるさと納税を楽しみましょう

 

まとめ。ふるさと納税の返礼品が届いて超うれしい!お得な制度をうまく使いましょう

ふるさと納税は、筆者の周囲の方もやりはじめていたので、「2018年こそは挑戦しよう」と思っておりました

 

そして、実際に「ふるさと納税」をやってみた結果、「こんなにシンプルで簡単だったのか!」と驚いてしまいました

 

ふるさと納税は、決してグレーなものではなく、国が地域活性のために推奨している制度となります

 

自己負担は2000円のみですので、せっかくの「ふるさと納税」の制度をうまく使って、お得に返礼品をもらっちゃいましょう!

 

ふるさと納税はこちらからどうぞ! 

www.takumoney.com