シンプル都心ライフ

シンプル都心ライフは東京を中心とした都心型ライフスタイルの情報を提供しています。その他、20代の働き方、副業、海外、ホテルなどの情報を展開しています。

投資に時間をとれない社会人なので「ウェルスナビ」に「10万円」入れて自動売買を初めてみた!

f:id:steveperry1373:20190203172058j:image

「ウェルスナビ」という投資方法をご存知でしょうか

 

普通の株式投資やFXでは、自分のお金を自分でどの企業に投資するか決める必要があります

 

しかし「ウェルスナビ」はAI(人工知能)を元にした、過去のデータをベースとしてロボットが自動でお金を運用してくれるサービスです

 

実は筆者、学生時代から株式投資をしておりましたが、トータル80万円の損失を経験し、現在は持ち株(自分の勤めている会社の株)のみ保持しております

 

そんな筆者が、過去に株式投資で失敗したのは「ろくに勉強せず、リスクの大きいボロ株(倒産の危機にあるような株価100円以下の銘柄のこと)」ばかりを購入していたからです

 

「株式投資を勉強する時間は、社会人だと十分にとれない」

「手元のお金を銀行に預けていても、全く増えない」

「証券会社で運用してもらう投資信託よりも、AIで自動売買してもらったほうがいいかも」

 

こんな方は「ウェルスナビ」で自動売買を初めてみるのもいいかもしれません

 

まずは筆者自身が「ウェルスナビ」に「10万円」入金して、「ウェルスナビ」の簡単な説明をまとめてみました

 

 

 

 

投資に時間をとれない社会人なので「ウェルスナビ」に「10万円」入れて自動売買を初めてみた!

「ウェルスナビ」を始めた理由は「友人が3人やっていた」から

今回、筆者は10万円を「ウェルスナビ」に入金して、自動売買してもらうことにしました

 

さて、なぜ筆者が「ウェルスナビ」のサービスを試してみたかといいますと、会社の同期が「ウェルスナビなら投資の勉強もいらないからオススメだよ」と教えてくれたからです

 

もともと名前だけは知っていた「ウェルスナビ」。過去の株式投資の失敗が頭によぎりますが「生活資金以外に10万円くらいならお試しでやってみよう。AIの勉強にもなるかも」という軽い気持ちで初めてみました

 

「ウェルスナビ」の仕組みはどうなっているのか?

ウェルスナビのホームページには、以下の説明が書かれております

ノーベル賞受賞者が提唱する理論に基づいた金融アルゴリズムで、お客様一人ひとりに合ったポートフォリオ(資産の組み合わせ)を自動で組み、リスクを抑えながらリターンの最大化を目指します。

 

さらに調べていくと、こちらに「ウェルスナビ」が公開している「ポートフォリオ理論」の数式が書かれております

 

https://www.wealthnavi.com/image/WealthNavi_WhitePaper.pdf

 

とはいえ、シンプルすぎる数式しか掲載されておらず、この資料からわかったことは「ウェルスナビ」は「ブラックリッターマン・モデル」という数式をベースとしているとの情報でした

 

「ブラックリッターマン・モデル」は、「ゴールドマンサックス」に所属していた2名の方が考案したモデルだそうです。1990年に発表されたものですので、約20年前のモデルとなります

 

しかし、20年経った現在でも、投資の世界では利用されているようで、「ウェルスナビ」のロボットによる運用は、期待がもてるといえるのではと思います

 

 

自動売買サービス「ウェルスナビ」の始め方は?

「ウェルスナビ」を始めるには「口座開設」をする必要があります

 

こちらはホームページから「メールアドレス」を入力することで、メール宛に必要事項の入力用フォームが届きます

 

そのあとは、数日間「審査」があり、「審査」に通ると、ログインIDとパスワードが記載された書類が郵送されます

 

ホームページから、ログインIDとパスワードで「ログイン」すると、「ウェルスナビ」を使えるようになります

 

「ウェルスナビ」では「リスクの許容度」に対して「無料診断」ができる

さて、ここからは「ウェルスナビ」実践編です

 

「ウェルスナビ」では、「無料診断」によって「あなたの投資運用タイプ」を解析してくれます

 

ますは「運用プラン診断」のボタンをクリックします

f:id:steveperry1373:20190203172058j:image

 

次に「年齢」「年収」「金融資産額」を入力します。
f:id:steveperry1373:20190203171925j:image

 

続いて「資産運用」の目的を選択します
f:id:steveperry1373:20190203172054j:image

 

最後に「運用リスク」を取れるかどうかを入力します

f:id:steveperry1373:20190203171934j:image

すると運用プランの診断結果が表示されます

 

筆者の場合は、「20代」「年収」「運用リスクをとる」などの入力結果から「リスク許容度は5/5」となりました
f:id:steveperry1373:20190203171930j:image

こちらは、「30年間」運用した場合、70%の確率で「100万円」が「266万円」になるという計算です

 

現在は「10万円」の入金のみですので「10万円」が「26万円」になるということでしょうか

 

こちらはあくまで「ブラックリッターマン・モデル」で計算される「リターンの期待値」でしかなく、損失が発生する場合も考えないといけません

 

しかし、具体的な数値を計算してくれる「ウェルスナビ」では、自分の資産運用を任せてもいいかなと思えてきました

 

というわけで「10万円」を入金しました。「ウェルスナビ」では、キャンペーンで10万円の入金で「500円」もらえるようなので、0.5%お得になります

f:id:steveperry1373:20190203172120j:image

「ウェルスナビ」の自動売買でのメリットは「ほったらかし」で投資ができること、「人間の心理」が入らないこと

投資信託で運用のプロに預けても、現在は「ロボットによる運用」がメインだったりします

 

それなのに、個人が自分の判断で株式投資やFXをするのは、完全に「バクチ」の世界です

 

「ウェルスナビ」では、自動売買により「ほったらかしでお金を投資できる」こと、そして「人間の心理による損失」が発生しないことがメリットです

 

逆にデメリットでいえば、「統計」や「過去データ」を元にした分析がメインですので、予想できない「大暴落」にはめっぽう弱いことになります

 

「ウェルスナビ」での運用は、あくまで「株式投資」を自動化しているだけです

 

「ウェルスナビ」が、いくら優れた数式モデルを利用していても、あくまで「理論上」の数値です

 

当然ですが、「損失」がでるリスクもありますので、「生活資金」とは別のお金でスタートしてくださいね

 

まとめ。「ウェルスナビ」は理論をベースとしたロボットによる自動売買サービス。ただし利用は自己責任で

今回は「ウェルスナビ」をご紹介しました

 

とにかく興味本位での投資スタートとなります

 

今後は、「ウェルスナビ」での10万円の運用結果を、ブログで公開していく予定です

 

ご興味がある方は、元本割れ(10万円入金したのに、10万円以下の価値になってしまうこと)のリスクをしっかりと許容した上で、「ウェルスナビ」に挑戦してみてくださいね!


▼自動でお金を増やせる「ウェルスナビ」はこちら! 10万円から始められます

ウェルスナビ